Osmosis レビュー: インターチェーン流動性ラボ?

Osmosis レビューは、トレーダーや流動性プロバイダーに高速、安全、そしてユーザーフレンドリーな DEX を提供すると同時に、Cosmos エコシステムの成長と発展にも貢献することを目的としています。
Osmosis レビュー: インターチェーン流動性ラボ?

浸透とは何ですか?

Osmosis は、Cosmos ブロックチェーン上に構築された分散型取引所 (DEX) です。これは、ユーザーに許可不要で非保管の取引体験を提供するように設計されており、Cosmos エコシステム内の任意のトークンだけでなく、ブリッジを介して他のブロックチェーンのトークンも取引できるようになります。

Osmosis は、トークン スワップに自動マーケット メーカー (AMM) モデルを使用します。これは、取引される 2 つのトークンの比率を計算する数式に基づいて取引が実行されることを意味します。これにより、従来のオーダーブックの必要性がなくなり、ユーザーはいつでもカウンターパーティを必要とせずに任意のトークンペアを取引できるようになります。

Osmosis プラットフォームは Osmosis トークン (OSMO) を利用しています。OSMO はガバナンスに使用され、ネットワーク上の料金や報酬の交換媒体として使用されます。プラットフォームに流動性を提供するユーザーには、取引手数料とプラットフォーム上で発生する取引手数料の一部が報酬として支払われます。

特徴

986画像

Osmosis の主な機能の一部を次に示します。

  1. 自動マーケット メーカー (AMM) モデル: Osmosis はトークン スワップに AMM モデルを使用します。これは、取引される 2 つのトークンの比率を計算する数式に基づいて取引が実行されることを意味します。これにより、従来のオーダーブックの必要性がなくなり、ユーザーはいつでもカウンターパーティを必要とせずに任意のトークンペアを取引できるようになります。
  2. クロスチェーン取引: Osmosis は、ブリッジを介した他のブロックチェーンからのトークンの取引をサポートします。これは、ユーザーが資産を別のチェーンに移動することなく、Osmosis プラットフォーム上のさまざまなブロックチェーンからトークンを取引できることを意味します。
  3. 流動性の提供と利回りファーミング: ユーザーは、Osmosis プラットフォーム上のプールに流動性を提供し、そのプールによって生成される取引手数料の一部と、OSMO やその他のトークンの形で報酬を得ることができます。これにより、ユーザーがプラットフォームの流動性に貢献するよう奨励され、取引に十分な流動性が常に確保されるようになります。
  4. パーミッションレスかつ非保管: Osmosis はパーミッションレスかつ非保管のプラットフォームです。つまり、ユーザーは自分の資産を完全に制御でき、中央機関を信頼する必要なくプラットフォーム上で直接取引できます。
  5. ガバナンス: Osmosis はユーザーによって管理されており、OSMO トークンを使用してプラットフォームへの提案や変更に投票できます。これにより、プラットフォームがコミュニティ主導型となり、ユーザーのニーズと要望が反映されることが保証されます。

Osmosis は、クロスチェーン取引、流動性の提供、イールド ファーミングを可能にする、高速、安全、そしてユーザー フレンドリーな DEX を提供します。そのパーミッションレスで非保管的な性質と、コミュニティ主導のガバナンス モデルを組み合わせることで、分散化と資産の管理を重視するユーザーに人気の選択肢となっています。

トレーディングサービス     

Osmosis レビュー: インターチェーン流動性ラボ?

Osmosis が提供する取引サービスの一部を以下に示します。

  1. トークンスワップ: Osmosis を使用すると、ユーザーは自動マーケット メーカー (AMM) モデルを使用して、いつでも任意のトークン ペアを取引できます。ユーザーは、取引相手を必要とせずに、あるトークンを別のトークンと簡単に交換できます。これにより、従来のオーダーブックの必要性がなくなり、ユーザーは迅速かつ効率的に取引できるようになります。
  2. 指値注文: Osmosis は指値注文もサポートしており、ユーザーはトークンを売買する特定の価格を設定できます。市場が指定した価格に達すると、指値注文が自動的に実行されます。
  3. ストップロス注文: Osmosis はストップロス注文もサポートしており、ユーザーは市場が特定のしきい値を下回った場合にトークンを販売する特定の価格を設定できます。これは、不安定な市場でリスクを管理し、損失を最小限に抑えるための便利なツールです。
  4. マージン取引: Osmosis を使用すると、ユーザーはマージンで取引できます。これは、資金を借りて取引ポジションを増やすことができることを意味します。これにより、ユーザーは利益を増やすことができる可能性がありますが、リスクも増加します。
  5. 流動性の提供: Osmosis は、プールによって生成される取引手数料の一部と、OSMO やその他のトークンの形で報酬を提供することで、ユーザーがプラットフォーム上のプールに流動性を提供するよう奨励します。ユーザーは、流動性プールのシェアを表す流動性プロバイダー (LP) トークンをステーキングすることで報酬を獲得できます。

Osmosis は、さまざまな取引スタイルや戦略に対応する幅広い取引サービスを提供しています。自動化されたマーケットメーカー モデルにより、迅速かつ効率的な取引が可能になる一方、指値注文、ストップロス注文、および証拠金取引のサポートにより、ユーザーはより高度な取引オプションを提供します。その流動性提供サービスは、ユーザーがプラットフォームの流動性に貢献することを奨励し、取引に十分な流動性が常に確保されるようにします。

費用

Osmosis は、プラットフォーム上で行われるさまざまなアクションに対して料金を請求します。ユーザーが注意すべき主な料金は次のとおりです。

  1. 取引手数料: Osmosis は、プラットフォーム上で行われるすべての取引に対して 0.30% の取引手数料を請求します。この手数料は、流動性プロバイダーと OSMO 財務省の間で分割されます。
  2. 出金手数料: Osmosis は、すべてのトークンの出金に対して 0.01% の出金手数料を請求します。この料金は、ブロックチェーン上の取引手数料のコストをカバーするように設計されています。
  3. ネットワーク料金: ユーザーはブロックチェーン上で取引を行う際にもネットワーク料金を支払う必要があります。これらの料金は、ブロックチェーン上の現在の混雑状況に応じて異なり、使用されているブロックチェーンのネイティブ トークンで支払われます。
  4. ガス料金: ガス料金は、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを実行するときに支払われます。これらの料金は、スマート コントラクトの複雑さとブロックチェーン上の現在の混雑状況によって異なります。
  5. ブリッジ料金: ユーザーが Osmosis のブリッジを使用して異なるブロックチェーン間でトークンを転送したい場合は、ブリッジ料金を支払う必要がある場合があります。この料金は使用する橋によって異なります。

オズモシスは流動性プロバイダーやステーカーにも報酬を提供しており、手数料の一部を相殺できることは注目に値します。ユーザーは、プラットフォーム上のプールに流動性を提供したり、LP トークンをステーキングしたり、ガバナンスに参加したりすることで、OSMO やその他のトークンの形で報酬を獲得できます。全体として、Osmosis の手数料は他の分散型取引所と競争力があり、ユーザーがそのエコシステムに参加するインセンティブを提供しながら、プラットフォームの維持コストをカバーするように設計されています。

制限と流動性   

Osmosis には、プラットフォーム上で取引または流動性として提供できるトークンの量に特別な制限はありません。ただし、流動性プロバイダーは、取引をスムーズに実行できるように、選択したプールに十分な流動性を提供する必要があることに留意する必要があります。プールの流動性が低い場合、取引の実行に時間がかかったり、スリッページが大きくなったりする可能性があり、不利な取引結果につながる可能性があります。

プラットフォーム上での流動性の提供を促進するために、Osmosis は流動性プロバイダーに OSMO やその他のトークンの形で報酬を提供します。これらの報酬は、プールの流動性のシェアに基づいて流動性プロバイダーに比例的に分配されます。

流動性が異なるプール間で公平に分配されるようにするために、Osmosis は結合曲線モデルを使用します。これは、プールのトークンの価格がプール内の流動性の量に基づいて調整されることを意味します。このモデルにより、より流動性の高いプールの価格が高くなり、流動性プロバイダーがこれらのプールに流動性を追加する動機になります。

Osmosis は、分散型取引と流動性供給のための公平で効率的なプラットフォームを提供するように設計されています。取引や流動性の提供に特別な制限はありませんが、ユーザーはスムーズな取引を確保するために十分な流動性を提供する必要性に留意する必要があり、参加するプールを選択する際には流動性の提供によって得られる報酬を考慮する必要があります。

Tokenomics

浸透

Osmosis プラットフォームには、プラットフォームのエコシステムで中心的な役割を果たす独自のネイティブ トークン OSMO があります。 OSMO は、ガバナンス、流動性の提供、およびプラットフォーム内の交換手段として使用されます。

OSMO の総供給量は 1 億トークンで、このトークンは 2021 年 XNUMX 月に Osmosis プラットフォーム上の Initial DEX Offering (IDO) を通じて発売されました。OSMO トークンは次のように配布されます。

  • 総供給量の 10% が Osmosis チームとアドバイザーに割り当てられました
  • 20% は将来の開発とエコシステムの成長のために Osmosis の財務省に割り当てられました
  • 70% は IDO および継続的な流動性提供報酬を通じてコミュニティに割り当てられました

OSMO 保有者は、提案への投票やプラットフォーム開発の方向性の決定など、プラットフォーム上のガバナンスの決定に参加できます。 OSMO保有者は、プラットフォームのさまざまなプールに流動性を提供することで報酬を獲得することもできます。これらの報酬は、追加の OSMO トークンおよびプールに関連付けられたその他のトークンの形で配布されます。

OSMO に加えて、Osmosis プラットフォーム上のさまざまなプールに関連付けられた他のトークンもあります。これらのトークンはプール内の基礎資産を表し、プラットフォーム上で流動性として取引および提供できます。これらのトークンの価値は、Osmosis が使用する結合曲線モデルによって決定され、プール内の流動性の量に基づいて価格が調整されます。

ロードマップ

OSMO には、プラットフォームの開発計画と目標を概説する包括的なロードマップがあります。 Osmosis ロードマップにおける主要なマイルストーンと取り組みの一部を以下に示します。

Q2 2021:

  • Osmosisプラットフォームの発売
  • Cosmos Hub および他の Cosmos ベースのネットワークとの統合
  • Osmosis ガバナンス モジュールの実装
  • Osmosisコミュニティプールの立ち上げ

Q3 2021:

  • Osmosis AMM の発売
  • イーサリアムやポルカドットなどの他のブロックチェーン ネットワークとの統合
  • Osmosisプラットフォーム上で追加の流動性プールを開始

Q4 2021:

  • 貸し借りなどの追加の DeFi 機能の実装
  • Osmosis DEX アグリゲーターの開発
  • Osmosisモバイルアプリのリリース

2022年以降:

  • 追加機能の導入や他のネットワークとの統合を含む、OSMO プラットフォームの継続的な開発と拡張
  • Osmosis コミュニティとエコシステムの拡大
  • パートナーシップの開発と他のDeFiプロジェクトおよびプラットフォームへのアウトリーチ

Osmosis のロードマップは、コミュニティ主導で複数のブロックチェーン ネットワークからユーザーがアクセスできる、堅牢で包括的な DeFi プラットフォームを作成することに重点を置いています。このロードマップでは、パートナーシップの構築とエコシステムの拡大に重点を置き、継続的な開発と拡張に対するプラットフォームの取り組みを強調しています。

コアチーム

OSMO のコア チームは、プラットフォームの開発と成長に取り組んでいる経験豊富なブロックチェーンと DeFi の専門家のグループです。 Osmosis コア チームの主要メンバーの一部を以下に示します。

  1. Sunny Aggarwal: Sunny は Osmosis の創設者であり、Cosmos Network の中心的な開発者です。彼はブロックチェーン開発に豊富な経験があり、いくつかの人気のあるブロックチェーン プロジェクトの開発に貢献してきました。
  2. Billy Rennekamp: Billy は Cosmos Network のコア開発者であり、Osmosis の製品責任者も務めています。彼はソフトウェア エンジニアリングと製品管理の経験があり、いくつかの成功したブロックチェーン プロジェクトに取り組んできました。
  3. Zaki Manian: Zaki は Cosmos Network の中核開発者であり、Osmosis の技術顧問を務めています。彼はブロックチェーン開発に豊富な経験があり、いくつかの人気のあるブロックチェーン プロジェクトの開発に貢献してきました。
  4. Federico Kunze: Federico は Cosmos Network のコア開発者であり、Osmosis の主任開発者も務めています。彼はソフトウェア エンジニアリングとブロックチェーン開発の経験があり、いくつかの人気のあるブロックチェーン プロジェクトの開発に貢献してきました。
  5. Anna Rose: Anna は Osmosis のコミュニティ マネージャーを務めており、プラットフォームのコミュニティの構築と関与を担当しています。彼女はコミュニティ管理の経験があり、いくつかのブロックチェーン プロジェクトに取り組み、成功を収めてきました。

Osmosis コア チームは、プラットフォームの開発と成長に多様なスキルと経験をもたらします。彼らは、複数のブロックチェーン ネットワークからユーザーがアクセスできる、コミュニティ主導の DeFi プラットフォームの構築に取り組んでいます。

セキュリティ

OSMO にとってセキュリティは最優先事項であり、プラットフォームはユーザーの資金とデータの安全を確保するためにいくつかの対策を講じています。 Osmosis の主要なセキュリティ機能の一部を以下に示します。

  1. コード監査: OSMO 契約は、CertiK や SlowMist などの評判の高い企業による複数のコード監査を受けています。これらの監査は、プラットフォーム内の潜在的なセキュリティ脆弱性を特定して対処するのに役立ちます。
  2. スマート コントラクト設計: OSMO はモジュール式スマート コントラクト設計を使用しているため、コードの保守性が向上し、脆弱性のリスクが軽減されます。スマート コントラクトはアップグレード可能にも設計されており、プラットフォームの機能を中断することなくセキュリティ アップグレードを実装できます。
  3. マルチシグネチャ ウォレット: OSMO は、完了するために複数の署名が必要なキー トランザクションにマルチシグネチャ ウォレットを使用します。これにより、ユーザーの資金にさらなるセキュリティ層が追加され、不正アクセスのリスクが軽減されます。
  4. 保険: OSMO は Nexus Mutual と提携し、セキュリティ違反やスマート コントラクトの失敗が発生した場合にユーザーに保険を提供しています。これにより、ユーザーの資金に対する追加の保護層が提供され、プラットフォームへの信頼が促進されます。
  5. バグ報奨金プログラム: OSMO は、セキュリティ研究者がプラットフォーム内の潜在的な脆弱性を特定して報告するよう奨励するバグ報奨金プログラムを導入しています。これは、セキュリティ問題が悪用される前に特定して対処するのに役立ちます。

OSMO は、ユーザーの資金とデータの安全を確保するためにいくつかの措置を講じています。このプラットフォームのセキュリティと透明性への取り組みは、プラットフォームが実装しているさまざまなセキュリティ機能とパートナーシップから明らかです。

まとめ

OSMO は、Cosmos エコシステム上に構築された分散型取引所で、流動性プール、自動マーケットメーカー、カスタマイズ可能な AMM パラメーターなど、いくつかの独自の機能をユーザーに提供します。このプラットフォームは、初心者と経験豊富なユーザーの両方が使いやすくアクセスできるように設計されています。

Osmosis は、相互運用性とスケーラビリティに重点を置き、ユーザーにシームレスで安全な取引体験を提供することを目指しています。このプラットフォームは、ユーザーの資金とデータの安全を確保するために、コード監査、マルチシグネチャウォレット、保険適用などのいくつかのセキュリティ対策を実装しています。

Osmosis チームは、経験豊富な開発者、数学者、ブロックチェーンの専門家で構成されており、分散型金融エコシステムのための堅牢で持続可能なプラットフォームの構築に専念しています。このプラットフォームには将来の開発に向けた明確なロードマップがあり、業界をリードする分散型取引所になることを目指しています。

Osmosis は、分散型金融環境を変革する可能性を秘めた革新的で有望なプロジェクトです。ブロックチェーン技術と分散型金融の採用が拡大し続ける中、Osmosis はこの分野で主要なプレーヤーになるのに有利な立場にあります。

免責事項: このウェブサイトの情報は一般的な市場解説として提供されており、投資アドバイスを構成するものではありません。 投資する前に、ご自身で調査を行うことをお勧めします。

ニュースを追跡するために私たちに参加してください: https://linktr.ee/coincu

アニー

コインク ニュース

Osmosis レビュー: インターチェーン流動性ラボ?

Osmosis レビューは、トレーダーや流動性プロバイダーに高速、安全、そしてユーザーフレンドリーな DEX を提供すると同時に、Cosmos エコシステムの成長と発展にも貢献することを目的としています。
Osmosis レビュー: インターチェーン流動性ラボ?

浸透とは何ですか?

Osmosis は、Cosmos ブロックチェーン上に構築された分散型取引所 (DEX) です。これは、ユーザーに許可不要で非保管の取引体験を提供するように設計されており、Cosmos エコシステム内の任意のトークンだけでなく、ブリッジを介して他のブロックチェーンのトークンも取引できるようになります。

Osmosis は、トークン スワップに自動マーケット メーカー (AMM) モデルを使用します。これは、取引される 2 つのトークンの比率を計算する数式に基づいて取引が実行されることを意味します。これにより、従来のオーダーブックの必要性がなくなり、ユーザーはいつでもカウンターパーティを必要とせずに任意のトークンペアを取引できるようになります。

Osmosis プラットフォームは Osmosis トークン (OSMO) を利用しています。OSMO はガバナンスに使用され、ネットワーク上の料金や報酬の交換媒体として使用されます。プラットフォームに流動性を提供するユーザーには、取引手数料とプラットフォーム上で発生する取引手数料の一部が報酬として支払われます。

特徴

986画像

Osmosis の主な機能の一部を次に示します。

  1. 自動マーケット メーカー (AMM) モデル: Osmosis はトークン スワップに AMM モデルを使用します。これは、取引される 2 つのトークンの比率を計算する数式に基づいて取引が実行されることを意味します。これにより、従来のオーダーブックの必要性がなくなり、ユーザーはいつでもカウンターパーティを必要とせずに任意のトークンペアを取引できるようになります。
  2. クロスチェーン取引: Osmosis は、ブリッジを介した他のブロックチェーンからのトークンの取引をサポートします。これは、ユーザーが資産を別のチェーンに移動することなく、Osmosis プラットフォーム上のさまざまなブロックチェーンからトークンを取引できることを意味します。
  3. 流動性の提供と利回りファーミング: ユーザーは、Osmosis プラットフォーム上のプールに流動性を提供し、そのプールによって生成される取引手数料の一部と、OSMO やその他のトークンの形で報酬を得ることができます。これにより、ユーザーがプラットフォームの流動性に貢献するよう奨励され、取引に十分な流動性が常に確保されるようになります。
  4. パーミッションレスかつ非保管: Osmosis はパーミッションレスかつ非保管のプラットフォームです。つまり、ユーザーは自分の資産を完全に制御でき、中央機関を信頼する必要なくプラットフォーム上で直接取引できます。
  5. ガバナンス: Osmosis はユーザーによって管理されており、OSMO トークンを使用してプラットフォームへの提案や変更に投票できます。これにより、プラットフォームがコミュニティ主導型となり、ユーザーのニーズと要望が反映されることが保証されます。

Osmosis は、クロスチェーン取引、流動性の提供、イールド ファーミングを可能にする、高速、安全、そしてユーザー フレンドリーな DEX を提供します。そのパーミッションレスで非保管的な性質と、コミュニティ主導のガバナンス モデルを組み合わせることで、分散化と資産の管理を重視するユーザーに人気の選択肢となっています。

トレーディングサービス     

Osmosis レビュー: インターチェーン流動性ラボ?

Osmosis が提供する取引サービスの一部を以下に示します。

  1. トークンスワップ: Osmosis を使用すると、ユーザーは自動マーケット メーカー (AMM) モデルを使用して、いつでも任意のトークン ペアを取引できます。ユーザーは、取引相手を必要とせずに、あるトークンを別のトークンと簡単に交換できます。これにより、従来のオーダーブックの必要性がなくなり、ユーザーは迅速かつ効率的に取引できるようになります。
  2. 指値注文: Osmosis は指値注文もサポートしており、ユーザーはトークンを売買する特定の価格を設定できます。市場が指定した価格に達すると、指値注文が自動的に実行されます。
  3. ストップロス注文: Osmosis はストップロス注文もサポートしており、ユーザーは市場が特定のしきい値を下回った場合にトークンを販売する特定の価格を設定できます。これは、不安定な市場でリスクを管理し、損失を最小限に抑えるための便利なツールです。
  4. マージン取引: Osmosis を使用すると、ユーザーはマージンで取引できます。これは、資金を借りて取引ポジションを増やすことができることを意味します。これにより、ユーザーは利益を増やすことができる可能性がありますが、リスクも増加します。
  5. 流動性の提供: Osmosis は、プールによって生成される取引手数料の一部と、OSMO やその他のトークンの形で報酬を提供することで、ユーザーがプラットフォーム上のプールに流動性を提供するよう奨励します。ユーザーは、流動性プールのシェアを表す流動性プロバイダー (LP) トークンをステーキングすることで報酬を獲得できます。

Osmosis は、さまざまな取引スタイルや戦略に対応する幅広い取引サービスを提供しています。自動化されたマーケットメーカー モデルにより、迅速かつ効率的な取引が可能になる一方、指値注文、ストップロス注文、および証拠金取引のサポートにより、ユーザーはより高度な取引オプションを提供します。その流動性提供サービスは、ユーザーがプラットフォームの流動性に貢献することを奨励し、取引に十分な流動性が常に確保されるようにします。

費用

Osmosis は、プラットフォーム上で行われるさまざまなアクションに対して料金を請求します。ユーザーが注意すべき主な料金は次のとおりです。

  1. 取引手数料: Osmosis は、プラットフォーム上で行われるすべての取引に対して 0.30% の取引手数料を請求します。この手数料は、流動性プロバイダーと OSMO 財務省の間で分割されます。
  2. 出金手数料: Osmosis は、すべてのトークンの出金に対して 0.01% の出金手数料を請求します。この料金は、ブロックチェーン上の取引手数料のコストをカバーするように設計されています。
  3. ネットワーク料金: ユーザーはブロックチェーン上で取引を行う際にもネットワーク料金を支払う必要があります。これらの料金は、ブロックチェーン上の現在の混雑状況に応じて異なり、使用されているブロックチェーンのネイティブ トークンで支払われます。
  4. ガス料金: ガス料金は、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを実行するときに支払われます。これらの料金は、スマート コントラクトの複雑さとブロックチェーン上の現在の混雑状況によって異なります。
  5. ブリッジ料金: ユーザーが Osmosis のブリッジを使用して異なるブロックチェーン間でトークンを転送したい場合は、ブリッジ料金を支払う必要がある場合があります。この料金は使用する橋によって異なります。

オズモシスは流動性プロバイダーやステーカーにも報酬を提供しており、手数料の一部を相殺できることは注目に値します。ユーザーは、プラットフォーム上のプールに流動性を提供したり、LP トークンをステーキングしたり、ガバナンスに参加したりすることで、OSMO やその他のトークンの形で報酬を獲得できます。全体として、Osmosis の手数料は他の分散型取引所と競争力があり、ユーザーがそのエコシステムに参加するインセンティブを提供しながら、プラットフォームの維持コストをカバーするように設計されています。

制限と流動性   

Osmosis には、プラットフォーム上で取引または流動性として提供できるトークンの量に特別な制限はありません。ただし、流動性プロバイダーは、取引をスムーズに実行できるように、選択したプールに十分な流動性を提供する必要があることに留意する必要があります。プールの流動性が低い場合、取引の実行に時間がかかったり、スリッページが大きくなったりする可能性があり、不利な取引結果につながる可能性があります。

プラットフォーム上での流動性の提供を促進するために、Osmosis は流動性プロバイダーに OSMO やその他のトークンの形で報酬を提供します。これらの報酬は、プールの流動性のシェアに基づいて流動性プロバイダーに比例的に分配されます。

流動性が異なるプール間で公平に分配されるようにするために、Osmosis は結合曲線モデルを使用します。これは、プールのトークンの価格がプール内の流動性の量に基づいて調整されることを意味します。このモデルにより、より流動性の高いプールの価格が高くなり、流動性プロバイダーがこれらのプールに流動性を追加する動機になります。

Osmosis は、分散型取引と流動性供給のための公平で効率的なプラットフォームを提供するように設計されています。取引や流動性の提供に特別な制限はありませんが、ユーザーはスムーズな取引を確保するために十分な流動性を提供する必要性に留意する必要があり、参加するプールを選択する際には流動性の提供によって得られる報酬を考慮する必要があります。

Tokenomics

浸透

Osmosis プラットフォームには、プラットフォームのエコシステムで中心的な役割を果たす独自のネイティブ トークン OSMO があります。 OSMO は、ガバナンス、流動性の提供、およびプラットフォーム内の交換手段として使用されます。

OSMO の総供給量は 1 億トークンで、このトークンは 2021 年 XNUMX 月に Osmosis プラットフォーム上の Initial DEX Offering (IDO) を通じて発売されました。OSMO トークンは次のように配布されます。

  • 総供給量の 10% が Osmosis チームとアドバイザーに割り当てられました
  • 20% は将来の開発とエコシステムの成長のために Osmosis の財務省に割り当てられました
  • 70% は IDO および継続的な流動性提供報酬を通じてコミュニティに割り当てられました

OSMO 保有者は、提案への投票やプラットフォーム開発の方向性の決定など、プラットフォーム上のガバナンスの決定に参加できます。 OSMO保有者は、プラットフォームのさまざまなプールに流動性を提供することで報酬を獲得することもできます。これらの報酬は、追加の OSMO トークンおよびプールに関連付けられたその他のトークンの形で配布されます。

OSMO に加えて、Osmosis プラットフォーム上のさまざまなプールに関連付けられた他のトークンもあります。これらのトークンはプール内の基礎資産を表し、プラットフォーム上で流動性として取引および提供できます。これらのトークンの価値は、Osmosis が使用する結合曲線モデルによって決定され、プール内の流動性の量に基づいて価格が調整されます。

ロードマップ

OSMO には、プラットフォームの開発計画と目標を概説する包括的なロードマップがあります。 Osmosis ロードマップにおける主要なマイルストーンと取り組みの一部を以下に示します。

Q2 2021:

  • Osmosisプラットフォームの発売
  • Cosmos Hub および他の Cosmos ベースのネットワークとの統合
  • Osmosis ガバナンス モジュールの実装
  • Osmosisコミュニティプールの立ち上げ

Q3 2021:

  • Osmosis AMM の発売
  • イーサリアムやポルカドットなどの他のブロックチェーン ネットワークとの統合
  • Osmosisプラットフォーム上で追加の流動性プールを開始

Q4 2021:

  • 貸し借りなどの追加の DeFi 機能の実装
  • Osmosis DEX アグリゲーターの開発
  • Osmosisモバイルアプリのリリース

2022年以降:

  • 追加機能の導入や他のネットワークとの統合を含む、OSMO プラットフォームの継続的な開発と拡張
  • Osmosis コミュニティとエコシステムの拡大
  • パートナーシップの開発と他のDeFiプロジェクトおよびプラットフォームへのアウトリーチ

Osmosis のロードマップは、コミュニティ主導で複数のブロックチェーン ネットワークからユーザーがアクセスできる、堅牢で包括的な DeFi プラットフォームを作成することに重点を置いています。このロードマップでは、パートナーシップの構築とエコシステムの拡大に重点を置き、継続的な開発と拡張に対するプラットフォームの取り組みを強調しています。

コアチーム

OSMO のコア チームは、プラットフォームの開発と成長に取り組んでいる経験豊富なブロックチェーンと DeFi の専門家のグループです。 Osmosis コア チームの主要メンバーの一部を以下に示します。

  1. Sunny Aggarwal: Sunny は Osmosis の創設者であり、Cosmos Network の中心的な開発者です。彼はブロックチェーン開発に豊富な経験があり、いくつかの人気のあるブロックチェーン プロジェクトの開発に貢献してきました。
  2. Billy Rennekamp: Billy は Cosmos Network のコア開発者であり、Osmosis の製品責任者も務めています。彼はソフトウェア エンジニアリングと製品管理の経験があり、いくつかの成功したブロックチェーン プロジェクトに取り組んできました。
  3. Zaki Manian: Zaki は Cosmos Network の中核開発者であり、Osmosis の技術顧問を務めています。彼はブロックチェーン開発に豊富な経験があり、いくつかの人気のあるブロックチェーン プロジェクトの開発に貢献してきました。
  4. Federico Kunze: Federico は Cosmos Network のコア開発者であり、Osmosis の主任開発者も務めています。彼はソフトウェア エンジニアリングとブロックチェーン開発の経験があり、いくつかの人気のあるブロックチェーン プロジェクトの開発に貢献してきました。
  5. Anna Rose: Anna は Osmosis のコミュニティ マネージャーを務めており、プラットフォームのコミュニティの構築と関与を担当しています。彼女はコミュニティ管理の経験があり、いくつかのブロックチェーン プロジェクトに取り組み、成功を収めてきました。

Osmosis コア チームは、プラットフォームの開発と成長に多様なスキルと経験をもたらします。彼らは、複数のブロックチェーン ネットワークからユーザーがアクセスできる、コミュニティ主導の DeFi プラットフォームの構築に取り組んでいます。

セキュリティ

OSMO にとってセキュリティは最優先事項であり、プラットフォームはユーザーの資金とデータの安全を確保するためにいくつかの対策を講じています。 Osmosis の主要なセキュリティ機能の一部を以下に示します。

  1. コード監査: OSMO 契約は、CertiK や SlowMist などの評判の高い企業による複数のコード監査を受けています。これらの監査は、プラットフォーム内の潜在的なセキュリティ脆弱性を特定して対処するのに役立ちます。
  2. スマート コントラクト設計: OSMO はモジュール式スマート コントラクト設計を使用しているため、コードの保守性が向上し、脆弱性のリスクが軽減されます。スマート コントラクトはアップグレード可能にも設計されており、プラットフォームの機能を中断することなくセキュリティ アップグレードを実装できます。
  3. マルチシグネチャ ウォレット: OSMO は、完了するために複数の署名が必要なキー トランザクションにマルチシグネチャ ウォレットを使用します。これにより、ユーザーの資金にさらなるセキュリティ層が追加され、不正アクセスのリスクが軽減されます。
  4. 保険: OSMO は Nexus Mutual と提携し、セキュリティ違反やスマート コントラクトの失敗が発生した場合にユーザーに保険を提供しています。これにより、ユーザーの資金に対する追加の保護層が提供され、プラットフォームへの信頼が促進されます。
  5. バグ報奨金プログラム: OSMO は、セキュリティ研究者がプラットフォーム内の潜在的な脆弱性を特定して報告するよう奨励するバグ報奨金プログラムを導入しています。これは、セキュリティ問題が悪用される前に特定して対処するのに役立ちます。

OSMO は、ユーザーの資金とデータの安全を確保するためにいくつかの措置を講じています。このプラットフォームのセキュリティと透明性への取り組みは、プラットフォームが実装しているさまざまなセキュリティ機能とパートナーシップから明らかです。

まとめ

OSMO は、Cosmos エコシステム上に構築された分散型取引所で、流動性プール、自動マーケットメーカー、カスタマイズ可能な AMM パラメーターなど、いくつかの独自の機能をユーザーに提供します。このプラットフォームは、初心者と経験豊富なユーザーの両方が使いやすくアクセスできるように設計されています。

Osmosis は、相互運用性とスケーラビリティに重点を置き、ユーザーにシームレスで安全な取引体験を提供することを目指しています。このプラットフォームは、ユーザーの資金とデータの安全を確保するために、コード監査、マルチシグネチャウォレット、保険適用などのいくつかのセキュリティ対策を実装しています。

Osmosis チームは、経験豊富な開発者、数学者、ブロックチェーンの専門家で構成されており、分散型金融エコシステムのための堅牢で持続可能なプラットフォームの構築に専念しています。このプラットフォームには将来の開発に向けた明確なロードマップがあり、業界をリードする分散型取引所になることを目指しています。

Osmosis は、分散型金融環境を変革する可能性を秘めた革新的で有望なプロジェクトです。ブロックチェーン技術と分散型金融の採用が拡大し続ける中、Osmosis はこの分野で主要なプレーヤーになるのに有利な立場にあります。

免責事項: このウェブサイトの情報は一般的な市場解説として提供されており、投資アドバイスを構成するものではありません。 投資する前に、ご自身で調査を行うことをお勧めします。

ニュースを追跡するために私たちに参加してください: https://linktr.ee/coincu

アニー

コインク ニュース

35 回訪問、今日 1 回訪問