暗号通貨のクロスチェーンブリッジトップ5

Web3 エコシステムは、数百もの異なるブロックチェーンとレイヤー 2 ソリューションにわたる分散型アプリケーションの急増を特徴とする、クロスチェーン ブリッジ環境へと急速に進化しています。
Web3 エコシステムは、数百もの異なるブロックチェーンとレイヤー 2 ソリューションにわたる分散型アプリケーションの急増を特徴とする、クロスチェーン ブリッジ環境へと急速に進化しています。

これらのプラットフォームはそれぞれ、セキュリティと信頼の問題に対処するための独自のアプローチで動作します。 この傾向は、ブロックチェーンのスケーラビリティに対する永続的な課題によって推進され、継続すると予想されており、新しいブロックチェーン、レイヤー 2 およびレイヤー 3 ソリューション、アプリケーション固有のブロックチェーンなどの自己完結型ネットワークの導入によってさらに増幅されます。 これらのカスタマイズされたネットワークは、分散アプリケーションの個別または小規模なクラスターの特定の技術的および経済的前提条件に対応します。

ただし、固有の制限が依然として残ります。ブロックチェーンには本質的に相互にシームレスに通信する機能がありません。 その結果、ブロックチェーンの相互運用性は、マルチチェーン エコシステムの可能性を最大限に活用するために不可欠なものとして浮上しています。 ブロックチェーンの相互運用性の中心にはクロスチェーン メッセージング プロトコルの基盤があり、これによりスマート コントラクトは他のブロックチェーンとの間でデータの取得と送信を行うことができます。

経済活動のかなりの部分が孤立したネットワーク内に区分されたままであるため、堅牢なクロスチェーン相互運用性ソリューションの必要性がますます明らかになってきています。 これらのソリューションは、相互接続されたブロックチェーン ネットワーク上でのデータとトークンの両方の安全かつシームレスな移動を促進する上で極めて重要な役割を果たします。

さらに、クロスチェーンの相互運用性の重要なコンポーネントは、ソース ブロックチェーンから宛先ブロックチェーンへのトークンの転送を容易にするインフラストラクチャであるクロスチェーン ブリッジです。

クロスチェーンブリッジはどのように機能するのでしょうか?

Web3 エコシステムは、数百もの異なるブロックチェーンとレイヤー 2 ソリューションにわたる分散型アプリケーションの急増を特徴とする、クロスチェーン ブリッジ環境へと急速に進化しています。

クロスチェーンブリッジの目覚ましい革新のおかげで、ブロックチェーンの世界は相互接続の新時代に入りつつあります。 これらの分散型アプリケーションは、あるブロックチェーンから別のブロックチェーンへの資産のシームレスな転送を可能にすることで中心的な役割を果たしています。 そうすることで、トークンの有用性が大幅に向上し、異なるブロックチェーン間のクロスチェーン流動性の接続が強化されます。 一般的なクロスチェーン ブリッジの仕組みには、スマート コントラクトを通じてソース チェーン上のトークンをロックまたは書き込み、その後、宛先チェーン上の別のスマート コントラクトを通じてトークンのロックを解除またはミントすることが含まれます。

トークン ブリッジは、多くの場合、特定のクロスチェーン メッセージング プロトコルによって支えられており、異なるブロックチェーン間でのトークンの移動という、単一の正確な目的のために設計されています。 本質的に、クロスチェーン ブリッジは、クロスチェーン メッセージング プロトコルの狭い範囲に焦点を当てたアプリケーションを表し、多くの場合、XNUMX つのブロックチェーン間のアプリケーション固有のリンクとして機能します。 ただし、これらのブリッジの多用途性は基本を超えており、単なるトークン転送を超えた、より広範なクロスチェーン機能を可能にします。

クロスチェーン ブリッジはさまざまなアプリケーションの基礎として機能し、それぞれがブロックチェーン テクノロジーの有用性を増幅します。

  1. クロスチェーン分散型取引所 (DEX): クロスチェーンブリッジを採用することで、DEX は異なるブロックチェーン間での資産の交換を容易にし、ユーザーが利用できる流動性と取引のオプションを大幅に拡大できます。
  2. クロスチェーンマネーマーケット: これらのブリッジは、クロスチェーンの貸し借りプラットフォームの作成を可能にし、ユーザーに資産の可能性を最大化する手段を提供します。
  3. 一般化されたクロスチェーン機能: 場合によっては、クロスチェーン ブリッジは、より拡張的で一般化されたクロスチェーン機能を提供する上で極めて重要な役割を果たします。 これには、複数のブロックチェーンにまたがる幅広いアプリケーションを容易にする機能が含まれます。

暗号通貨の状況が成熟し、相互運用性への需要が高まるにつれ、クロスチェーン ブリッジがブロックチェーン テクノロジーの可能性を最大限に発揮するための重要なソリューションとして浮上しています。 ブロックチェーン間での資産の流動的な転送を可能にすることで、分散型金融 (DeFi) と Web3 エコシステムの成長を促進します。 さらに、クロスチェーンブリッジは、ユーザーに柔軟性を高め、投資を多様化する機会を提供します。

クロスチェーンブリッジの種類

Web3 エコシステムは、数百もの異なるブロックチェーンとレイヤー 2 ソリューションにわたる分散型アプリケーションの急増を特徴とする、クロスチェーン ブリッジ環境へと急速に進化しています。

クロスチェーン ブリッジは、進化するマルチチェーン エコシステムのバックボーンであり、異なるブロックチェーン間をトークンとデータが行き来するための導管として機能します。 これらのブリッジは XNUMX つの主要なメカニズムによって動かされており、それぞれに独自の特性があります。

1. ロックとミントのメカニズム: このアプローチでは、ユーザーはソース チェーン上のスマート コントラクト内のトークンをロックし、これらのロックされたトークンのラップされたバージョンが宛先チェーン上で IOU と同様に鋳造されます。 このプロセスを逆にするには、宛先チェーン上のラップされたトークンが焼き付けられ、ソース チェーン上の元のコインのロックが解除されます。 このメカニズムにより、柔軟な双方向のトークン転送が可能になります。

2. バーンとミントのメカニズム: ユーザーは、ソース チェーンでトークンを書き込むことによってこのメカニズムを開始し、その後ネイティブ トークンとして宛先チェーンで再発行 (ミント) されます。 トークンが宛先チェーンに対して一貫してネイティブであることが保証されるため、プロセスが簡素化されます。

3.ロックとロック解除のメカニズム: ここで、ユーザーはソースチェーン上のトークンをロックし、その後宛先チェーン上の流動性プールから同じネイティブトークンのロックを解除します。 このタイプのクロスチェーンブリッジは、収益分配などの経済的インセンティブを通じて両端に流動性を引き付けることがよくあります。

さらに、クロスチェーン ブリッジは、その機能を拡張して、任意のデータ メッセージングを含めることができます。 これには、トークンだけでなく、あらゆる形式のデータがブロックチェーン間で転送されることが伴います。 これらのプログラム可能なトークン ブリッジは、トークン ブリッジングと任意のメッセージングを結合し、トークンが宛先に到着すると宛先チェーン上でスマート コントラクト呼び出しを実行します。

プログラム可能なトークン ブリッジにより、強化されたクロスチェーン機能が導入されます。 これらにより、ブリッジング操作と同じトランザクション内で、宛先チェーン上のスマート コントラクトへのトークンのスワップ、貸し出し、ステーキング、またはデポジットなどのアクションが可能になります。 この効率性により、マルチチェーン環境における多数の洗練されたユースケースへの扉が開かれます。

検討に値するクロスチェーンブリッジのもう XNUMX つの側面は、信頼最小化領域におけるクロスチェーンブリッジの位置です。 信頼の最小化の程度は、計算コスト、柔軟性、および一般化可能性のレベルに対応します。 この範囲のさらに上位に位置するソリューションは、より強力な信頼最小化保証を特徴としていますが、その代償として柔軟性と汎用性が低下します。 これらのトレードオフは、最大限の信頼を最小化する保証を要求するユースケースに対応するために意図的に行われ、ブリッジの信頼性とセキュリティを強化します。

Web3 にクロスチェーン ブリッジが必要な理由

Web3 エコシステムはイノベーションで栄えており、さまざまなブロックチェーンとレイヤー 2 ソリューションにまたがる分散型アプリケーション (DApps) が溢れています。 しかし、根本的な課題は依然として存在します。これらのブロックチェーンはネイティブに相互に通信しないということです。 各チェーンは自己完結型のドメイン内で動作し、プロトコル設計、通貨、プログラミング言語、ガバナンス構造、文化、その他さまざまな側面を管理する独自のルールを遵守します。 この個性により、チェーン間に重大な通信障壁が生じ、相互作用および合体する能力が制限されます。 本質的に、ブロックチェーン間通信の現状は、多くの場合、経済間の接続が最小限で独立して運営されている孤立した経済に似ています。

クロスチェーンブリッジの差し迫った必要性は、簡単な例えで最もよく説明できます。 これらのブロックチェーンがそれぞれ異なる強みとリソースを備えた別々の大陸であると想像してください。 A 大陸は豊富な天然資源を誇り、B 大陸は農業に適した肥沃な土地を有し、C 大陸は急成長する製造業と熟練した職人で繁栄しています。

これらの大陸が効率的につながり、それぞれの強みを共有できる世界では、豊かなグローバルコミュニティが出現します。 しかし、海運、橋、トンネル、その他のインフラを通じてそれぞれの経済を橋渡しする手段がなければ、これらの地域は孤立したままです。 大陸 A は食料へのアクセスが不足し、大陸 B は食料生産を最適化できず、大陸 C は依然として最高級製品を製造できません。 その結果、最適とは言えない状況が生じます。

しかし、代替案を考えてみましょう。これらの経済が相互接続され、各地域が独自の能力に特化しながら、貿易を通じて世界全体の富とイノベーションの恩恵を享受できる世界です。 これはまさに、ブロックチェーンの相互運用性、クロスチェーン ブリッジの構築、Web3 エコシステム内での相互接続された経済の構築というビジョンです。

ブロックチェーンの相互運用性の課題は、技術的な複雑さを超えて広がります。 これらには、データ、価値、資産が多様なブロックチェーン ネットワークを流動的に通過できる世界の実現が含まれます。 このビジョンには、安全で効率的かつスケーラブルなクロスチェーン メッセージング プロトコルとブリッジの開発が不可欠です。

クロスチェーンの複雑な領域をユーザーに案内するために、探索する価値のあるトップ 5 の暗号ブリッジのリストを厳選しました。 当社の選択基準には、ブリッジのセキュリティ、ネットワークの互換性、流動性、料金のダイナミクス、全体的なユーザー中心のエクスペリエンスなどの要素が含まれます。

1. レイヤーゼロ ($ZRO)

Web3 エコシステムは、数百もの異なるブロックチェーンとレイヤー 2 ソリューションにわたる分散型アプリケーションの急増を特徴とする、クロスチェーン ブリッジ環境へと急速に進化しています。

レイヤーゼロ は、ユーザーと dApp の両方にとって最も重要なセキュリティ標準を維持しながら、多様なブロックチェーンにわたる分散型アプリケーション (dApp) の開発を合理化し、複雑さを解明し、シームレスな情報交換を促進するように設計されています。

LayerZero の主な機能の概要:

1.デックスクロスチェーン: LayerZero を使用すると、dApp は複数のブロックチェーン間で分散型交換 (Dex) を効率的に実行できるようになります。 この機能により、さまざまなブロックチェーン ネットワーク間で資産を自由かつ安全に取引できるため、ユーザーと開発者に多くの機会が開かれます。

2. 流動性のロックを解除します。 LayerZero はクロスチェーン トランザクションを可能にするだけではありません。 それにより、分散化されたランドスケープ全体で流動性が解放されます。 ユーザーとdAppは、さまざまなブロックチェーンの流動性プールにシームレスにアクセスして利用でき、より広範なDeFiエコシステムの効率と流動性を強化します。

3. マルチチェーンの貸し借り: LayerZero の傑出した機能の XNUMX つは、マルチチェーンの貸し借りのサポートです。 これは、ユーザーがさまざまなブロックチェーンにわたる幅広い貸し借りサービスにアクセスできることを意味し、DeFi 運営を制限することが多かった従来の境界を排除します。

4. 各資産のデリバティブ: LayerZero により、dApp は事実上あらゆるアセットのデリバティブを作成できるようになります。 この柔軟性は従来の制限を超え、暗号通貨から現実世界の商品に至るまで、幅広い資産のデリバティブをトークン化して取引できるようになります。

5. トランザクションの最適化: LayerZero のアーキテクチャは、トランザクションを最適化し、遅延を最小限に抑え、ブロックチェーン間のデータ転送の効率を高めるように設計されています。 これにより、ユーザーはクロスチェーン機能のメリットを享受しながら、スムーズかつ迅速なインタラクションを体験できるようになります。

6. 状態を判断します。 ブロックチェーン技術の多面的な世界では、さまざまな資産やネットワークの状態を判断することが最も重要です。 LayerZero は、複数のブロックチェーンにわたる資産とアプリケーションの状態を効率的に監視および管理するためのツールを dApps に提供し、それによって堅牢なセキュリティとシームレスな運用を保証します。

LayerZero の導入は、分散型アプリケーションの開発における大きな進歩を示し、障壁を打ち破り、異なるブロックチェーン間の相互作用を合理化します。 Dex Crosschain からトランザクションの最適化に至るまでのこのプロトコルの機能は、より接続された汎用性の高い分散エコシステムを作成するための包括的なツールキットをユーザーと開発者に提供します。 LayerZero は、ブロックチェーンのネットワーク全体で情報と価値の効率的な交換を可能にすることで、DeFi の新時代を到来させ、未開発の可能性を解き放ち、ブロックチェーン環境の成長を促進します。

2. コンポーザブル ファイナンス ($LAYR)

Web3 エコシステムは、数百もの異なるブロックチェーンとレイヤー 2 ソリューションにわたる分散型アプリケーションの急増を特徴とする、クロスチェーン ブリッジ環境へと急速に進化しています。

コンポーザブルファイナンス は、レイヤー 1 (L1) ネットワークとレイヤー 2 (L2) ネットワークを接続するブリッジとして機能する基礎レイヤーとして機能します。しかし、それだけではありません。Composable Finance はブロックチェーン間通信 (IBC) 機能を他のエコシステムに拡張するだけでなく、信頼を最小限に抑えた相互運用性の限界を押し広げています。この革新的なプラットフォームは、ユーザーのクロスチェーン エクスペリエンスを抽象化し、ユーザーの意図をチェーンに依存せずにシームレスに実行できるようにします。

1. コンポーザブル クロスチェーン仮想マシン (コンポーザブル XCVM): Composable Finance の機能の中心となるのは、信頼を最小限に抑えたクロスチェーン実行を容易にする驚異の技術である Composable XCVM です。 これにより、ユーザーは、レイヤー 1 に存在するかレイヤー 2 に存在するかに関係なく、さまざまなブロックチェーンと対話できるようになります。この画期的なテクノロジーにより、ブロックチェーンの起源に関係なく、ユーザーの意図がシームレスに実行されることが保証されます。 ユーザーがブロックチェーンを体験し、操作する方法を変革し、従来クロスチェーントランザクションに関連付けられていた複雑さを排除します。

2. ルーティング層: ルーティング レイヤーは、Composable Finance のインフラストラクチャに不可欠なコンポーネントであり、さまざまなブロックチェーン間でのデータと資産のシームレスなフローを促進する役割を果たします。 ルーティングプロセスを最適化し、クロスチェーントランザクションが効率的かつ迅速に実行されるようにします。 この機能は、クロスチェーン実行の複雑さを抽象化するプラットフォームの機能の基礎を築くため、Composable Finance アーキテクチャで最も重要です。

3. モザイク: モザイクは、コンポーザブル ファイナンスに固有の概念であり、プラットフォーム内の相互運用性とコンポーザブル要素の独自の相互作用を表します。 Mosaic は、ユーザーのクロスチェーン エクスペリエンスを簡素化するだけでなく、多様なブロックチェーン リソースとサービスの効率的な組み合わせを可能にすることでクロスチェーン エクスペリエンスを豊かにします。 この機能の融合により、ユーザーはブロックチェーン テクノロジーの可能性を最大限に活用し、サイロを打破し、より相互接続された汎用性の高いエコシステムを育成できるようになります。

4.パラチェーン: パラチェーンは Composable Finance の重要な機能であり、幅広いブロックチェーンへのアクセスを可能にするゲートウェイとして機能します。 パラチェーンは、プラットフォームの範囲を効果的に拡大し、プラットフォームをさまざまなエコシステムやネットワークに接続します。 この機能の拡張により、ユーザーと開発者は可能性の世界を開き、さまざまなブロックチェーンで利用できる広範なサービスとリソースを探索して恩恵を受けることができます。

Composable Finance は信頼を最小限に抑えた相互運用性を絶え間なく追求しており、より接続された包括的なブロックチェーン エコシステムへの道を切り開いています。 このプラットフォームはクロスチェーントランザクションの複雑さを抽象化し、シームレスな実行を促進するため、ユーザーと開発者にはブロックチェーンテクノロジーの可能性を最大限に活用する機会が与えられます。

3. バイコノミー ($BICO)

Web3 エコシステムは、数百もの異なるブロックチェーンとレイヤー 2 ソリューションにわたる分散型アプリケーションの急増を特徴とする、クロスチェーン ブリッジ環境へと急速に進化しています。

バイコノミー は、Web 3.0 エクスペリエンスを簡素化して民主化するマルチチェーン トランザクション インフラストラクチャを提供する、変革力として浮上しています。 Biconomy の直感的なプラグ アンド プレイ API により、暗号通貨の知識や専門知識に関係なく、誰でも簡単に分散型アプリケーション (dApp) にアクセスできるようになります。 Biconomy は、ブロックチェーンの多くの課題に対するソリューションとして機能し、ガスレストランザクション、インスタントクロスチェーン転送、柔軟なガス料金支払いオプションなどの機能を導入し、ユーザーが分散型世界に簡単に参加できるようにします。

  1. モジュール式スマート アカウント: Biconomy のモジュール式スマート アカウントは、ゲームチェンジャーです。 ユーザーが調整可能なパラメーターを備えたスマート コントラクトを作成できるようにすることで、シームレスでガス効率の高いトランザクションを促進します。 この機能により、開発者とユーザーの両方に可能性の世界が開かれ、独自のニーズに合わせてトランザクションを簡単にカスタマイズできるようになります。
  2. ペイマスターサービス: Biconomy の Paymasters サービスは、ガス料金に対する新しいアプローチを導入しています。 ユーザーはガス料金の支払い責任を第三者に委任することができ、取引プロセスを合理化し、よりスムーズなユーザー エクスペリエンスを確保できます。 これにより、dApp を使用する際のガスコストの処理に伴う煩雑さが大幅に軽減されます。
  3. バンドラーサービス: Bundler サービスは、Biconomy が提供するもう XNUMX つの先駆的な機能です。 複数のトランザクションを XNUMX つのパッケージにバンドルすることでガス消費を最適化します。 これにより、ガス料金全体が下がるだけでなく、取引プロセスの効率も向上します。 これはユーザーと開発者の両方にとって有利であり、よりコスト効率の高いエクスペリエンスを顧客に提供できます。
  4. ガスレス SDK (EOA): Biconomy は、ガスレス SDK を提供することで、分散アプリケーションと対話するプロセスを簡素化します。 これにより、ユーザーはガスの支払いを管理することなく dApps を利用できるようになり、エクスペリエンスがよりユーザーフレンドリーになり、より幅広い視聴者にとって魅力的なものになります。

Biconomy の革新的なアプローチは、Web 3.0 テクノロジーの導入を時には妨げてきた現実世界の障壁に対処します。 Biconomy は、アクセシビリティ、摩擦の軽減、費用対効果に重点を置いたユーザー中心のインフラストラクチャを提供することで、Web 3.0 エコシステムの発展において重要な役割を果たしています。 これにより、分散型アプリケーションにおけるより包括的でシームレスな未来への扉が開かれ、暗号通貨の背景に関係なく、誰もが Web 3.0 のエキサイティングな世界に参加できるようになります。

4. Celer ネットワーク ($CELR)

Web3 エコシステムは、数百もの異なるブロックチェーンとレイヤー 2 ソリューションにわたる分散型アプリケーションの急増を特徴とする、クロスチェーン ブリッジ環境へと急速に進化しています。

Celer は、複数のチェーンにわたるトークン、DeFi、GameFi、NFT、ガバナンスなどにワンクリックでアクセスできるユーザー エクスペリエンスを可能にするブロックチェーン相互運用性プロトコルです。

Celer は、ユーザー エクスペリエンスを合理化するブロックチェーンの相互運用性プロトコルとして機能し、チェーン全体にわたる多様な機能へのワンクリック アクセスを提供します。 これは、開発者が効率的な流動性の利用、一貫したアプリケーション ロジック、共有状態を活用して、チェーン間のネイティブ dApps を簡単に構築できる世界です。 一方、Celer対応dAppのユーザーは、単一トランザクションのユーザーエクスペリエンスのシンプルさの中で、単一チェーンから簡単にアクセスできる、多様なマルチブロックチェーンエコシステムを満喫することになります。

Celer の主な機能

  1. ステート ガーディアン ネットワーク (SGN): Celer のインフラストラクチャの中核には、State Guardian Network (SGN) があります。 このコンポーネントは、クロスチェーントランザクションのセキュリティと信頼性を確保する上で極めて重要な役割を果たします。 SGN は、複数のチェーンにわたる重要な状態の保護者として機能することで、マルチチェーン操作を成功させるために不可欠な堅牢な保護と信頼を提供します。
  2. レイヤー2.金融: CelerのLayer2.financeコンポーネントは、マルチチェーンエコシステムの財務面を合理化するように設計されています。 チェーン全体の財務ワークフローを最適化し、ユーザーがさまざまな資産を管理および取引するためのシームレスかつ効率的な方法を提供します。 この革新的なアプローチにより、ユーザー エクスペリエンスが大幅に向上します。
  3. CelerX: CelerX は、没入型のゲームおよびエンターテイメント体験へのゲートウェイとして機能します。 Celerのブロックチェーンの相互運用性を活用して、ユーザーが複数のチェーンにわたって幅広いGameFiやNFTにアクセスできる統合ゲームエコシステムを構築します。 これはゲームおよびエンターテインメント業界にとってエキサイティングな開発であり、ユーザーと開発者の両方にとってシームレスでインタラクティブな空間を作り出します。
  4. シーブリッジ: Celer の Cbridge は、多様なチェーン間のスムーズかつ安全な通信を促進するブリッジとして機能します。 このブリッジは、データと資産がマルチチェーン環境全体で楽かつ安全に流れることを保証する上で極めて重要な役割を果たし、Celerのブロックチェーン相互運用性ビジョンの成功にとって重要なコンポーネントとなっています。

Celerのブロックチェーン相互運用性プロトコルは、分散型テクノロジーの状況を変える準備ができています。 これにより、開発者はシームレスなマルチチェーン環境内で構築および革新できるようになり、統一された使いやすいエクスペリエンスをユーザーに提供できます。 Celer は進化し、その範囲を拡大し続けるにつれて、より統合され接続されたブロックチェーン エコシステムを促進し、多様なチェーンの可能性を簡単かつ効率的に活用できるようになると期待されています。

を越えて は、インテントを活用した相互運用性ソリューションです。 Across は、最も安価で最速のブリッジ オプションを提供できることが多いため、サポートするルートを独占する傾向があるため、Intents はブリッジング分野で優れたソリューションであることが証明されています。 UMA の楽観的なオラクルによって保護されている Across は、インテントベースのインフラストラクチャと、ユーザーのセキュリティを優先して正規または本物のアセットをクロスチェーンで排他的に転送することで、競合他社とは一線を画しています。現在、アクロスは、競争力のある料金と速度、そしてユーザーの安全に関する長年の実績により、毎日の橋の輸送量で業界をリードしています。

216画像

アクロスの利点: 最高速度、最低料金

2021 年の設立時、アクロスは資本効率を高めるためのブリッジ フレームワークの最適化に専念し、最も資本効率の高いブリッジが最終的に勝利するという理論を立てました。多くのブリッジがクロスチェーン ソリューションにメッセージングやロック アンド ミントの設計を採用していますが、Across はサードパーティのフィラー ネットワークを利用してブリッジ転送を実行するインテント モデルを初めて開拓しました。これらのサードパーティのリレーラーまたはフィラーは、自身の資金を使用して宛先チェーン上でブリッジ ユーザーの資金を送信し、チェーンの公式ブリッジを介してユーザーの元の資金で返済されるのを待ちます。この設計により、クロスチェーン メッセージを送信するよりもはるかに安価な料金で、転送先チェーン上のユーザーに代表的な合成アセットを送信するロック アンド ミント ブリッジよりもはるかに安全に、転送を非常に迅速に行うことができます。 

Across Protocol の主な機能

  1. Across Bridge: Across は、サポートされているルート上で、ブリッジ アグリゲーターの 2% 以上の確率で上位 90 位の結果に引用されています。そのユニークな設計により、生産されている中で最も安価で最速のブリッジとなり、滑りがゼロのモデルを誇ります。
  1. Across+: Across はブリッジで有名ですが、プロトコルはブリッジングを最終的には廃止する必要があることを理解しています。つまり、バックグラウンドに抽象化する必要があるということです。 Across+ は、プロトコルのチェーン抽象化ツールで、プロトコルがブリッジ + アクションを dapp にバンドルできるようにし、資本クロスチェーンをプラットフォームにプルできるようにします。この製品は、方程式からブリッジングのハードルを取り除くことで、L2 ネイティブ プロトコルのユーザーと資本のオンボーディングを支援するために構築されました。
  1. 決済全体: 何百ものロールアップの出現によりエコシステムが切断され続けるにつれて、流動性がより細分化され、クロスチェーンの相互運用性がより重要になります。 Across Settlement は、モジュール式のインテントベースのインフラストラクチャを使用して、最適な実行のクロスチェーン決済を提供できます。メッセージはバンドルで検証され、実行はサードパーティの一連のフィラーによって楽観的に行われます。これらの要素により、より高速でコスト効率の高いクロスチェーン転送が実現され、信頼の前提が排除され、Web100 グレードの UX が提供されます。

最近では、Across は Uniswap Labs と提携して、クロスチェーン インテントの標準案である ERC-7683 を発表しました。この標準は、インテントベースのプロトコルが統一された順序システムを使用し、ユニバーサルフィラーネットワークを使用してインテントを実行できるようにすることを提案しています。この統合が広く採用されれば、エンド ユーザーはブリッジ コストの削減と UX の向上を享受できることになります。マルチチェーンエコノミーが進化し続ける中、インテントベースの決済が相互運用性を解決する鍵となり、Across はその実行の中核となります。

まとめ

クロスチェーン エコシステムが進化し続ける中、多様なブロックチェーン ネットワーク間のスムーズな資産転送を確保する上で極めて重要な役割を果たすため、コスト効率が高く信頼できるブリッジを選択することの重要性は、どれだけ強調してもしすぎることはありません。 当社の詳細な分析は、いくつか例を挙げると、Across Protocol、Stargate Finance、Orbiter Finance など、信頼でき、監査済みの、ユーザー中心のプラットフォームを選択する重要性を浮き彫りにしています。

これらのプラットフォームは、安全で経済的なブリッジングを保証するだけでなく、より統合された効率的なブロックチェーン インフラストラクチャの構築にも貢献します。 レイヤ 1、レイヤ 2 の領域をナビゲートしている場合でも、EVM 環境と非 EVM 環境の両方のブリッジ ソリューションを検討している場合でも、当社が厳選したブリッジの選択は、クロスチェーンの移行において十分な情報に基づいた意思決定を行うための堅牢な出発点として機能します。

免責事項: このウェブサイトの情報は一般的な市場解説として提供されており、投資アドバイスを構成するものではありません。 投資する前に、ご自身で調査を行うことをお勧めします。

暗号通貨のクロスチェーンブリッジトップ5

Web3 エコシステムは、数百もの異なるブロックチェーンとレイヤー 2 ソリューションにわたる分散型アプリケーションの急増を特徴とする、クロスチェーン ブリッジ環境へと急速に進化しています。
Web3 エコシステムは、数百もの異なるブロックチェーンとレイヤー 2 ソリューションにわたる分散型アプリケーションの急増を特徴とする、クロスチェーン ブリッジ環境へと急速に進化しています。

これらのプラットフォームはそれぞれ、セキュリティと信頼の問題に対処するための独自のアプローチで動作します。 この傾向は、ブロックチェーンのスケーラビリティに対する永続的な課題によって推進され、継続すると予想されており、新しいブロックチェーン、レイヤー 2 およびレイヤー 3 ソリューション、アプリケーション固有のブロックチェーンなどの自己完結型ネットワークの導入によってさらに増幅されます。 これらのカスタマイズされたネットワークは、分散アプリケーションの個別または小規模なクラスターの特定の技術的および経済的前提条件に対応します。

ただし、固有の制限が依然として残ります。ブロックチェーンには本質的に相互にシームレスに通信する機能がありません。 その結果、ブロックチェーンの相互運用性は、マルチチェーン エコシステムの可能性を最大限に活用するために不可欠なものとして浮上しています。 ブロックチェーンの相互運用性の中心にはクロスチェーン メッセージング プロトコルの基盤があり、これによりスマート コントラクトは他のブロックチェーンとの間でデータの取得と送信を行うことができます。

経済活動のかなりの部分が孤立したネットワーク内に区分されたままであるため、堅牢なクロスチェーン相互運用性ソリューションの必要性がますます明らかになってきています。 これらのソリューションは、相互接続されたブロックチェーン ネットワーク上でのデータとトークンの両方の安全かつシームレスな移動を促進する上で極めて重要な役割を果たします。

さらに、クロスチェーンの相互運用性の重要なコンポーネントは、ソース ブロックチェーンから宛先ブロックチェーンへのトークンの転送を容易にするインフラストラクチャであるクロスチェーン ブリッジです。

クロスチェーンブリッジはどのように機能するのでしょうか?

Web3 エコシステムは、数百もの異なるブロックチェーンとレイヤー 2 ソリューションにわたる分散型アプリケーションの急増を特徴とする、クロスチェーン ブリッジ環境へと急速に進化しています。

クロスチェーンブリッジの目覚ましい革新のおかげで、ブロックチェーンの世界は相互接続の新時代に入りつつあります。 これらの分散型アプリケーションは、あるブロックチェーンから別のブロックチェーンへの資産のシームレスな転送を可能にすることで中心的な役割を果たしています。 そうすることで、トークンの有用性が大幅に向上し、異なるブロックチェーン間のクロスチェーン流動性の接続が強化されます。 一般的なクロスチェーン ブリッジの仕組みには、スマート コントラクトを通じてソース チェーン上のトークンをロックまたは書き込み、その後、宛先チェーン上の別のスマート コントラクトを通じてトークンのロックを解除またはミントすることが含まれます。

トークン ブリッジは、多くの場合、特定のクロスチェーン メッセージング プロトコルによって支えられており、異なるブロックチェーン間でのトークンの移動という、単一の正確な目的のために設計されています。 本質的に、クロスチェーン ブリッジは、クロスチェーン メッセージング プロトコルの狭い範囲に焦点を当てたアプリケーションを表し、多くの場合、XNUMX つのブロックチェーン間のアプリケーション固有のリンクとして機能します。 ただし、これらのブリッジの多用途性は基本を超えており、単なるトークン転送を超えた、より広範なクロスチェーン機能を可能にします。

クロスチェーン ブリッジはさまざまなアプリケーションの基礎として機能し、それぞれがブロックチェーン テクノロジーの有用性を増幅します。

  1. クロスチェーン分散型取引所 (DEX): クロスチェーンブリッジを採用することで、DEX は異なるブロックチェーン間での資産の交換を容易にし、ユーザーが利用できる流動性と取引のオプションを大幅に拡大できます。
  2. クロスチェーンマネーマーケット: これらのブリッジは、クロスチェーンの貸し借りプラットフォームの作成を可能にし、ユーザーに資産の可能性を最大化する手段を提供します。
  3. 一般化されたクロスチェーン機能: 場合によっては、クロスチェーン ブリッジは、より拡張的で一般化されたクロスチェーン機能を提供する上で極めて重要な役割を果たします。 これには、複数のブロックチェーンにまたがる幅広いアプリケーションを容易にする機能が含まれます。

暗号通貨の状況が成熟し、相互運用性への需要が高まるにつれ、クロスチェーン ブリッジがブロックチェーン テクノロジーの可能性を最大限に発揮するための重要なソリューションとして浮上しています。 ブロックチェーン間での資産の流動的な転送を可能にすることで、分散型金融 (DeFi) と Web3 エコシステムの成長を促進します。 さらに、クロスチェーンブリッジは、ユーザーに柔軟性を高め、投資を多様化する機会を提供します。

クロスチェーンブリッジの種類

Web3 エコシステムは、数百もの異なるブロックチェーンとレイヤー 2 ソリューションにわたる分散型アプリケーションの急増を特徴とする、クロスチェーン ブリッジ環境へと急速に進化しています。

クロスチェーン ブリッジは、進化するマルチチェーン エコシステムのバックボーンであり、異なるブロックチェーン間をトークンとデータが行き来するための導管として機能します。 これらのブリッジは XNUMX つの主要なメカニズムによって動かされており、それぞれに独自の特性があります。

1. ロックとミントのメカニズム: このアプローチでは、ユーザーはソース チェーン上のスマート コントラクト内のトークンをロックし、これらのロックされたトークンのラップされたバージョンが宛先チェーン上で IOU と同様に鋳造されます。 このプロセスを逆にするには、宛先チェーン上のラップされたトークンが焼き付けられ、ソース チェーン上の元のコインのロックが解除されます。 このメカニズムにより、柔軟な双方向のトークン転送が可能になります。

2. バーンとミントのメカニズム: ユーザーは、ソース チェーンでトークンを書き込むことによってこのメカニズムを開始し、その後ネイティブ トークンとして宛先チェーンで再発行 (ミント) されます。 トークンが宛先チェーンに対して一貫してネイティブであることが保証されるため、プロセスが簡素化されます。

3.ロックとロック解除のメカニズム: ここで、ユーザーはソースチェーン上のトークンをロックし、その後宛先チェーン上の流動性プールから同じネイティブトークンのロックを解除します。 このタイプのクロスチェーンブリッジは、収益分配などの経済的インセンティブを通じて両端に流動性を引き付けることがよくあります。

さらに、クロスチェーン ブリッジは、その機能を拡張して、任意のデータ メッセージングを含めることができます。 これには、トークンだけでなく、あらゆる形式のデータがブロックチェーン間で転送されることが伴います。 これらのプログラム可能なトークン ブリッジは、トークン ブリッジングと任意のメッセージングを結合し、トークンが宛先に到着すると宛先チェーン上でスマート コントラクト呼び出しを実行します。

プログラム可能なトークン ブリッジにより、強化されたクロスチェーン機能が導入されます。 これらにより、ブリッジング操作と同じトランザクション内で、宛先チェーン上のスマート コントラクトへのトークンのスワップ、貸し出し、ステーキング、またはデポジットなどのアクションが可能になります。 この効率性により、マルチチェーン環境における多数の洗練されたユースケースへの扉が開かれます。

検討に値するクロスチェーンブリッジのもう XNUMX つの側面は、信頼最小化領域におけるクロスチェーンブリッジの位置です。 信頼の最小化の程度は、計算コスト、柔軟性、および一般化可能性のレベルに対応します。 この範囲のさらに上位に位置するソリューションは、より強力な信頼最小化保証を特徴としていますが、その代償として柔軟性と汎用性が低下します。 これらのトレードオフは、最大限の信頼を最小化する保証を要求するユースケースに対応するために意図的に行われ、ブリッジの信頼性とセキュリティを強化します。

Web3 にクロスチェーン ブリッジが必要な理由

Web3 エコシステムはイノベーションで栄えており、さまざまなブロックチェーンとレイヤー 2 ソリューションにまたがる分散型アプリケーション (DApps) が溢れています。 しかし、根本的な課題は依然として存在します。これらのブロックチェーンはネイティブに相互に通信しないということです。 各チェーンは自己完結型のドメイン内で動作し、プロトコル設計、通貨、プログラミング言語、ガバナンス構造、文化、その他さまざまな側面を管理する独自のルールを遵守します。 この個性により、チェーン間に重大な通信障壁が生じ、相互作用および合体する能力が制限されます。 本質的に、ブロックチェーン間通信の現状は、多くの場合、経済間の接続が最小限で独立して運営されている孤立した経済に似ています。

クロスチェーンブリッジの差し迫った必要性は、簡単な例えで最もよく説明できます。 これらのブロックチェーンがそれぞれ異なる強みとリソースを備えた別々の大陸であると想像してください。 A 大陸は豊富な天然資源を誇り、B 大陸は農業に適した肥沃な土地を有し、C 大陸は急成長する製造業と熟練した職人で繁栄しています。

これらの大陸が効率的につながり、それぞれの強みを共有できる世界では、豊かなグローバルコミュニティが出現します。 しかし、海運、橋、トンネル、その他のインフラを通じてそれぞれの経済を橋渡しする手段がなければ、これらの地域は孤立したままです。 大陸 A は食料へのアクセスが不足し、大陸 B は食料生産を最適化できず、大陸 C は依然として最高級製品を製造できません。 その結果、最適とは言えない状況が生じます。

しかし、代替案を考えてみましょう。これらの経済が相互接続され、各地域が独自の能力に特化しながら、貿易を通じて世界全体の富とイノベーションの恩恵を享受できる世界です。 これはまさに、ブロックチェーンの相互運用性、クロスチェーン ブリッジの構築、Web3 エコシステム内での相互接続された経済の構築というビジョンです。

ブロックチェーンの相互運用性の課題は、技術的な複雑さを超えて広がります。 これらには、データ、価値、資産が多様なブロックチェーン ネットワークを流動的に通過できる世界の実現が含まれます。 このビジョンには、安全で効率的かつスケーラブルなクロスチェーン メッセージング プロトコルとブリッジの開発が不可欠です。

クロスチェーンの複雑な領域をユーザーに案内するために、探索する価値のあるトップ 5 の暗号ブリッジのリストを厳選しました。 当社の選択基準には、ブリッジのセキュリティ、ネットワークの互換性、流動性、料金のダイナミクス、全体的なユーザー中心のエクスペリエンスなどの要素が含まれます。

1. レイヤーゼロ ($ZRO)

Web3 エコシステムは、数百もの異なるブロックチェーンとレイヤー 2 ソリューションにわたる分散型アプリケーションの急増を特徴とする、クロスチェーン ブリッジ環境へと急速に進化しています。

レイヤーゼロ は、ユーザーと dApp の両方にとって最も重要なセキュリティ標準を維持しながら、多様なブロックチェーンにわたる分散型アプリケーション (dApp) の開発を合理化し、複雑さを解明し、シームレスな情報交換を促進するように設計されています。

LayerZero の主な機能の概要:

1.デックスクロスチェーン: LayerZero を使用すると、dApp は複数のブロックチェーン間で分散型交換 (Dex) を効率的に実行できるようになります。 この機能により、さまざまなブロックチェーン ネットワーク間で資産を自由かつ安全に取引できるため、ユーザーと開発者に多くの機会が開かれます。

2. 流動性のロックを解除します。 LayerZero はクロスチェーン トランザクションを可能にするだけではありません。 それにより、分散化されたランドスケープ全体で流動性が解放されます。 ユーザーとdAppは、さまざまなブロックチェーンの流動性プールにシームレスにアクセスして利用でき、より広範なDeFiエコシステムの効率と流動性を強化します。

3. マルチチェーンの貸し借り: LayerZero の傑出した機能の XNUMX つは、マルチチェーンの貸し借りのサポートです。 これは、ユーザーがさまざまなブロックチェーンにわたる幅広い貸し借りサービスにアクセスできることを意味し、DeFi 運営を制限することが多かった従来の境界を排除します。

4. 各資産のデリバティブ: LayerZero により、dApp は事実上あらゆるアセットのデリバティブを作成できるようになります。 この柔軟性は従来の制限を超え、暗号通貨から現実世界の商品に至るまで、幅広い資産のデリバティブをトークン化して取引できるようになります。

5. トランザクションの最適化: LayerZero のアーキテクチャは、トランザクションを最適化し、遅延を最小限に抑え、ブロックチェーン間のデータ転送の効率を高めるように設計されています。 これにより、ユーザーはクロスチェーン機能のメリットを享受しながら、スムーズかつ迅速なインタラクションを体験できるようになります。

6. 状態を判断します。 ブロックチェーン技術の多面的な世界では、さまざまな資産やネットワークの状態を判断することが最も重要です。 LayerZero は、複数のブロックチェーンにわたる資産とアプリケーションの状態を効率的に監視および管理するためのツールを dApps に提供し、それによって堅牢なセキュリティとシームレスな運用を保証します。

LayerZero の導入は、分散型アプリケーションの開発における大きな進歩を示し、障壁を打ち破り、異なるブロックチェーン間の相互作用を合理化します。 Dex Crosschain からトランザクションの最適化に至るまでのこのプロトコルの機能は、より接続された汎用性の高い分散エコシステムを作成するための包括的なツールキットをユーザーと開発者に提供します。 LayerZero は、ブロックチェーンのネットワーク全体で情報と価値の効率的な交換を可能にすることで、DeFi の新時代を到来させ、未開発の可能性を解き放ち、ブロックチェーン環境の成長を促進します。

2. コンポーザブル ファイナンス ($LAYR)

Web3 エコシステムは、数百もの異なるブロックチェーンとレイヤー 2 ソリューションにわたる分散型アプリケーションの急増を特徴とする、クロスチェーン ブリッジ環境へと急速に進化しています。

コンポーザブルファイナンス は、レイヤー 1 (L1) ネットワークとレイヤー 2 (L2) ネットワークを接続するブリッジとして機能する基礎レイヤーとして機能します。しかし、それだけではありません。Composable Finance はブロックチェーン間通信 (IBC) 機能を他のエコシステムに拡張するだけでなく、信頼を最小限に抑えた相互運用性の限界を押し広げています。この革新的なプラットフォームは、ユーザーのクロスチェーン エクスペリエンスを抽象化し、ユーザーの意図をチェーンに依存せずにシームレスに実行できるようにします。

1. コンポーザブル クロスチェーン仮想マシン (コンポーザブル XCVM): Composable Finance の機能の中心となるのは、信頼を最小限に抑えたクロスチェーン実行を容易にする驚異の技術である Composable XCVM です。 これにより、ユーザーは、レイヤー 1 に存在するかレイヤー 2 に存在するかに関係なく、さまざまなブロックチェーンと対話できるようになります。この画期的なテクノロジーにより、ブロックチェーンの起源に関係なく、ユーザーの意図がシームレスに実行されることが保証されます。 ユーザーがブロックチェーンを体験し、操作する方法を変革し、従来クロスチェーントランザクションに関連付けられていた複雑さを排除します。

2. ルーティング層: ルーティング レイヤーは、Composable Finance のインフラストラクチャに不可欠なコンポーネントであり、さまざまなブロックチェーン間でのデータと資産のシームレスなフローを促進する役割を果たします。 ルーティングプロセスを最適化し、クロスチェーントランザクションが効率的かつ迅速に実行されるようにします。 この機能は、クロスチェーン実行の複雑さを抽象化するプラットフォームの機能の基礎を築くため、Composable Finance アーキテクチャで最も重要です。

3. モザイク: モザイクは、コンポーザブル ファイナンスに固有の概念であり、プラットフォーム内の相互運用性とコンポーザブル要素の独自の相互作用を表します。 Mosaic は、ユーザーのクロスチェーン エクスペリエンスを簡素化するだけでなく、多様なブロックチェーン リソースとサービスの効率的な組み合わせを可能にすることでクロスチェーン エクスペリエンスを豊かにします。 この機能の融合により、ユーザーはブロックチェーン テクノロジーの可能性を最大限に活用し、サイロを打破し、より相互接続された汎用性の高いエコシステムを育成できるようになります。

4.パラチェーン: パラチェーンは Composable Finance の重要な機能であり、幅広いブロックチェーンへのアクセスを可能にするゲートウェイとして機能します。 パラチェーンは、プラットフォームの範囲を効果的に拡大し、プラットフォームをさまざまなエコシステムやネットワークに接続します。 この機能の拡張により、ユーザーと開発者は可能性の世界を開き、さまざまなブロックチェーンで利用できる広範なサービスとリソースを探索して恩恵を受けることができます。

Composable Finance は信頼を最小限に抑えた相互運用性を絶え間なく追求しており、より接続された包括的なブロックチェーン エコシステムへの道を切り開いています。 このプラットフォームはクロスチェーントランザクションの複雑さを抽象化し、シームレスな実行を促進するため、ユーザーと開発者にはブロックチェーンテクノロジーの可能性を最大限に活用する機会が与えられます。

3. バイコノミー ($BICO)

Web3 エコシステムは、数百もの異なるブロックチェーンとレイヤー 2 ソリューションにわたる分散型アプリケーションの急増を特徴とする、クロスチェーン ブリッジ環境へと急速に進化しています。

バイコノミー は、Web 3.0 エクスペリエンスを簡素化して民主化するマルチチェーン トランザクション インフラストラクチャを提供する、変革力として浮上しています。 Biconomy の直感的なプラグ アンド プレイ API により、暗号通貨の知識や専門知識に関係なく、誰でも簡単に分散型アプリケーション (dApp) にアクセスできるようになります。 Biconomy は、ブロックチェーンの多くの課題に対するソリューションとして機能し、ガスレストランザクション、インスタントクロスチェーン転送、柔軟なガス料金支払いオプションなどの機能を導入し、ユーザーが分散型世界に簡単に参加できるようにします。

  1. モジュール式スマート アカウント: Biconomy のモジュール式スマート アカウントは、ゲームチェンジャーです。 ユーザーが調整可能なパラメーターを備えたスマート コントラクトを作成できるようにすることで、シームレスでガス効率の高いトランザクションを促進します。 この機能により、開発者とユーザーの両方に可能性の世界が開かれ、独自のニーズに合わせてトランザクションを簡単にカスタマイズできるようになります。
  2. ペイマスターサービス: Biconomy の Paymasters サービスは、ガス料金に対する新しいアプローチを導入しています。 ユーザーはガス料金の支払い責任を第三者に委任することができ、取引プロセスを合理化し、よりスムーズなユーザー エクスペリエンスを確保できます。 これにより、dApp を使用する際のガスコストの処理に伴う煩雑さが大幅に軽減されます。
  3. バンドラーサービス: Bundler サービスは、Biconomy が提供するもう XNUMX つの先駆的な機能です。 複数のトランザクションを XNUMX つのパッケージにバンドルすることでガス消費を最適化します。 これにより、ガス料金全体が下がるだけでなく、取引プロセスの効率も向上します。 これはユーザーと開発者の両方にとって有利であり、よりコスト効率の高いエクスペリエンスを顧客に提供できます。
  4. ガスレス SDK (EOA): Biconomy は、ガスレス SDK を提供することで、分散アプリケーションと対話するプロセスを簡素化します。 これにより、ユーザーはガスの支払いを管理することなく dApps を利用できるようになり、エクスペリエンスがよりユーザーフレンドリーになり、より幅広い視聴者にとって魅力的なものになります。

Biconomy の革新的なアプローチは、Web 3.0 テクノロジーの導入を時には妨げてきた現実世界の障壁に対処します。 Biconomy は、アクセシビリティ、摩擦の軽減、費用対効果に重点を置いたユーザー中心のインフラストラクチャを提供することで、Web 3.0 エコシステムの発展において重要な役割を果たしています。 これにより、分散型アプリケーションにおけるより包括的でシームレスな未来への扉が開かれ、暗号通貨の背景に関係なく、誰もが Web 3.0 のエキサイティングな世界に参加できるようになります。

4. Celer ネットワーク ($CELR)

Web3 エコシステムは、数百もの異なるブロックチェーンとレイヤー 2 ソリューションにわたる分散型アプリケーションの急増を特徴とする、クロスチェーン ブリッジ環境へと急速に進化しています。

Celer は、複数のチェーンにわたるトークン、DeFi、GameFi、NFT、ガバナンスなどにワンクリックでアクセスできるユーザー エクスペリエンスを可能にするブロックチェーン相互運用性プロトコルです。

Celer は、ユーザー エクスペリエンスを合理化するブロックチェーンの相互運用性プロトコルとして機能し、チェーン全体にわたる多様な機能へのワンクリック アクセスを提供します。 これは、開発者が効率的な流動性の利用、一貫したアプリケーション ロジック、共有状態を活用して、チェーン間のネイティブ dApps を簡単に構築できる世界です。 一方、Celer対応dAppのユーザーは、単一トランザクションのユーザーエクスペリエンスのシンプルさの中で、単一チェーンから簡単にアクセスできる、多様なマルチブロックチェーンエコシステムを満喫することになります。

Celer の主な機能

  1. ステート ガーディアン ネットワーク (SGN): Celer のインフラストラクチャの中核には、State Guardian Network (SGN) があります。 このコンポーネントは、クロスチェーントランザクションのセキュリティと信頼性を確保する上で極めて重要な役割を果たします。 SGN は、複数のチェーンにわたる重要な状態の保護者として機能することで、マルチチェーン操作を成功させるために不可欠な堅牢な保護と信頼を提供します。
  2. レイヤー2.金融: CelerのLayer2.financeコンポーネントは、マルチチェーンエコシステムの財務面を合理化するように設計されています。 チェーン全体の財務ワークフローを最適化し、ユーザーがさまざまな資産を管理および取引するためのシームレスかつ効率的な方法を提供します。 この革新的なアプローチにより、ユーザー エクスペリエンスが大幅に向上します。
  3. CelerX: CelerX は、没入型のゲームおよびエンターテイメント体験へのゲートウェイとして機能します。 Celerのブロックチェーンの相互運用性を活用して、ユーザーが複数のチェーンにわたって幅広いGameFiやNFTにアクセスできる統合ゲームエコシステムを構築します。 これはゲームおよびエンターテインメント業界にとってエキサイティングな開発であり、ユーザーと開発者の両方にとってシームレスでインタラクティブな空間を作り出します。
  4. シーブリッジ: Celer の Cbridge は、多様なチェーン間のスムーズかつ安全な通信を促進するブリッジとして機能します。 このブリッジは、データと資産がマルチチェーン環境全体で楽かつ安全に流れることを保証する上で極めて重要な役割を果たし、Celerのブロックチェーン相互運用性ビジョンの成功にとって重要なコンポーネントとなっています。

Celerのブロックチェーン相互運用性プロトコルは、分散型テクノロジーの状況を変える準備ができています。 これにより、開発者はシームレスなマルチチェーン環境内で構築および革新できるようになり、統一された使いやすいエクスペリエンスをユーザーに提供できます。 Celer は進化し、その範囲を拡大し続けるにつれて、より統合され接続されたブロックチェーン エコシステムを促進し、多様なチェーンの可能性を簡単かつ効率的に活用できるようになると期待されています。

を越えて は、インテントを活用した相互運用性ソリューションです。 Across は、最も安価で最速のブリッジ オプションを提供できることが多いため、サポートするルートを独占する傾向があるため、Intents はブリッジング分野で優れたソリューションであることが証明されています。 UMA の楽観的なオラクルによって保護されている Across は、インテントベースのインフラストラクチャと、ユーザーのセキュリティを優先して正規または本物のアセットをクロスチェーンで排他的に転送することで、競合他社とは一線を画しています。現在、アクロスは、競争力のある料金と速度、そしてユーザーの安全に関する長年の実績により、毎日の橋の輸送量で業界をリードしています。

216画像

アクロスの利点: 最高速度、最低料金

2021 年の設立時、アクロスは資本効率を高めるためのブリッジ フレームワークの最適化に専念し、最も資本効率の高いブリッジが最終的に勝利するという理論を立てました。多くのブリッジがクロスチェーン ソリューションにメッセージングやロック アンド ミントの設計を採用していますが、Across はサードパーティのフィラー ネットワークを利用してブリッジ転送を実行するインテント モデルを初めて開拓しました。これらのサードパーティのリレーラーまたはフィラーは、自身の資金を使用して宛先チェーン上でブリッジ ユーザーの資金を送信し、チェーンの公式ブリッジを介してユーザーの元の資金で返済されるのを待ちます。この設計により、クロスチェーン メッセージを送信するよりもはるかに安価な料金で、転送先チェーン上のユーザーに代表的な合成アセットを送信するロック アンド ミント ブリッジよりもはるかに安全に、転送を非常に迅速に行うことができます。 

Across Protocol の主な機能

  1. Across Bridge: Across は、サポートされているルート上で、ブリッジ アグリゲーターの 2% 以上の確率で上位 90 位の結果に引用されています。そのユニークな設計により、生産されている中で最も安価で最速のブリッジとなり、滑りがゼロのモデルを誇ります。
  1. Across+: Across はブリッジで有名ですが、プロトコルはブリッジングを最終的には廃止する必要があることを理解しています。つまり、バックグラウンドに抽象化する必要があるということです。 Across+ は、プロトコルのチェーン抽象化ツールで、プロトコルがブリッジ + アクションを dapp にバンドルできるようにし、資本クロスチェーンをプラットフォームにプルできるようにします。この製品は、方程式からブリッジングのハードルを取り除くことで、L2 ネイティブ プロトコルのユーザーと資本のオンボーディングを支援するために構築されました。
  1. 決済全体: 何百ものロールアップの出現によりエコシステムが切断され続けるにつれて、流動性がより細分化され、クロスチェーンの相互運用性がより重要になります。 Across Settlement は、モジュール式のインテントベースのインフラストラクチャを使用して、最適な実行のクロスチェーン決済を提供できます。メッセージはバンドルで検証され、実行はサードパーティの一連のフィラーによって楽観的に行われます。これらの要素により、より高速でコスト効率の高いクロスチェーン転送が実現され、信頼の前提が排除され、Web100 グレードの UX が提供されます。

最近では、Across は Uniswap Labs と提携して、クロスチェーン インテントの標準案である ERC-7683 を発表しました。この標準は、インテントベースのプロトコルが統一された順序システムを使用し、ユニバーサルフィラーネットワークを使用してインテントを実行できるようにすることを提案しています。この統合が広く採用されれば、エンド ユーザーはブリッジ コストの削減と UX の向上を享受できることになります。マルチチェーンエコノミーが進化し続ける中、インテントベースの決済が相互運用性を解決する鍵となり、Across はその実行の中核となります。

まとめ

クロスチェーン エコシステムが進化し続ける中、多様なブロックチェーン ネットワーク間のスムーズな資産転送を確保する上で極めて重要な役割を果たすため、コスト効率が高く信頼できるブリッジを選択することの重要性は、どれだけ強調してもしすぎることはありません。 当社の詳細な分析は、いくつか例を挙げると、Across Protocol、Stargate Finance、Orbiter Finance など、信頼でき、監査済みの、ユーザー中心のプラットフォームを選択する重要性を浮き彫りにしています。

これらのプラットフォームは、安全で経済的なブリッジングを保証するだけでなく、より統合された効率的なブロックチェーン インフラストラクチャの構築にも貢献します。 レイヤ 1、レイヤ 2 の領域をナビゲートしている場合でも、EVM 環境と非 EVM 環境の両方のブリッジ ソリューションを検討している場合でも、当社が厳選したブリッジの選択は、クロスチェーンの移行において十分な情報に基づいた意思決定を行うための堅牢な出発点として機能します。

免責事項: このウェブサイトの情報は一般的な市場解説として提供されており、投資アドバイスを構成するものではありません。 投資する前に、ご自身で調査を行うことをお勧めします。

537 回訪問、今日 4 回訪問