国境を越えた取引

国境を越えた取引を理解する

国境を越えた取引とは、現地通貨と取引相手を使用して国際市場に参加する行為を指します。このタイプの取引は投資家にユニークな機会を提供し、世界的な流動性を活用し、スリッページを最小限に抑え、国内市場と国際市場の価格差を利用して利益を生み出すことができます。

金融市場と貿易金融は国境を越えた取引を可能にし、投資家が現地通貨を使用して国際市場全体で、また多くの場合は地元の取引相手と取引できるようにします。このアプローチは、価格の差異や裁定取引の機会を利用するなど、独自の取引を求める投資家にいくつかの利点をもたらします。

過去には、さまざまな国のトレーダーが他国で利用可能な市場に参加する際に制限に直面していました。たとえば、米国に拠点を置く仮想通貨取引所のアカウントをお持ちの場合は、BTC/USD でのみ取引できます。しかし、国境を越えた取引プラットフォームの出現により、他国の市場やBTC/JPY、BTC/EURなどの現地通貨の流動性へのアクセスが容易になりました。

国境を越えた取引により、トレーダーは認可された国全体で利用できる主要なスポット取引ペアにアクセスできます。取引所が国際規制基準を遵守し、現地の KYC およびマネーロンダリング防止法に準拠している限り、これらの国際市場では、1 つの現地取引口座を使用するだけで、外国の取引相手に対して現地通貨を使用して取引できます。これにより、複数のサインアッププロセスや多数の取引所での登録の必要性がなくなり、不必要な手間や遅延、地元の管轄区域に居住していない場合の申請拒否のリスクが回避されます。

国境を越えた取引の仕組みを理解する

国境を越えた取引には、仮想通貨交換プロバイダーが各国の金融規制を遵守しながら複数の国で運営するためのライセンスを取得する簡単なプロセスが含まれます。

国境を越えた取引を可能にすることで、仮想通貨取引所は真にグローバルな取引プラットフォームを構築し、さまざまな国の登録ユーザーが単一市場の拡張性、深さ、流動性の恩恵を受けることができるようになります。トレーダーは取引所にサインアップして、認可されたすべての国の流動性プールとスポット取引ペアにアクセスできます。

国境を越えた取引では、母国のプライバシー ポリシーや金融規制を遵守しながら、法定通貨を世界的な取引市場に投資し、仮想通貨の買値と売値の最小限のスプレッドから利益を得ることができます。

国境を越えた取引の利点

国際市場へのアクセスに加えて、国境を越えた取引には次のようないくつかのユニークな利点があります。

  • 膨大な流動性: 流動性は、仮想通貨をどれだけ簡単に変換または交換できるかを測定するため、取引において非常に重要です。国境を越えた取引により、より大きな市場へのアクセスが可能になり、母国通貨で複数のペアを表示および分析できるようになり、収益を最大化する機会がさらに広がります。
  • 価格格差/裁定取引: デジタル資産の価格は、特に複数の通貨が関係する場合、取引所ごとに異なる可能性があります。これらの違いを利用するには、複数の取引所に口座を開設することができます。ただし、国境を越えた取引を提供する集中型取引所では、単一のダッシュボードから複数の市場へのアクセスが許可され、1 つのアカウントを通じて裁定取引戦略を実装できます。 「キムチプレミアム」はその代表例です。
  • さまざまな取引相手: 世界中に多数の仮想通貨市場があり、アジアは小売取引活動に大きく貢献しています。各管轄区域では異なる取引行動が見られます。国境を越えた取引により、投資家はこれらのさまざまなパターンや行動に関する知識を活用して、利益を生み出すための新しい戦略を模索することができます。

著者:

ジョエル・エドガートンは、現在 bitFlyer Holdings, Inc. の取締役会の一員であり、bitFlyer USA, Inc. の COO 兼グローバル事業企画室長を務めており、著名なグローバル組織全体で 20 年以上にわたり指導的役割を果たしてきました。サウスカロライナ大学で金融と日本語を専門とし、国際経営管理修士 (MBA) の学位を取得しています。ジョエルは暗号通貨にも強い関心を持っており、ブロックチェーン技術を使用して世界的な優位性を拡大するために bitFlyer チームを率いています。

Twitter でジョエルとつながりましょう。

国境を越えた取引

国境を越えた取引を理解する

国境を越えた取引とは、現地通貨と取引相手を使用して国際市場に参加する行為を指します。このタイプの取引は投資家にユニークな機会を提供し、世界的な流動性を活用し、スリッページを最小限に抑え、国内市場と国際市場の価格差を利用して利益を生み出すことができます。

金融市場と貿易金融は国境を越えた取引を可能にし、投資家が現地通貨を使用して国際市場全体で、また多くの場合は地元の取引相手と取引できるようにします。このアプローチは、価格の差異や裁定取引の機会を利用するなど、独自の取引を求める投資家にいくつかの利点をもたらします。

過去には、さまざまな国のトレーダーが他国で利用可能な市場に参加する際に制限に直面していました。たとえば、米国に拠点を置く仮想通貨取引所のアカウントをお持ちの場合は、BTC/USD でのみ取引できます。しかし、国境を越えた取引プラットフォームの出現により、他国の市場やBTC/JPY、BTC/EURなどの現地通貨の流動性へのアクセスが容易になりました。

国境を越えた取引により、トレーダーは認可された国全体で利用できる主要なスポット取引ペアにアクセスできます。取引所が国際規制基準を遵守し、現地の KYC およびマネーロンダリング防止法に準拠している限り、これらの国際市場では、1 つの現地取引口座を使用するだけで、外国の取引相手に対して現地通貨を使用して取引できます。これにより、複数のサインアッププロセスや多数の取引所での登録の必要性がなくなり、不必要な手間や遅延、地元の管轄区域に居住していない場合の申請拒否のリスクが回避されます。

国境を越えた取引の仕組みを理解する

国境を越えた取引には、仮想通貨交換プロバイダーが各国の金融規制を遵守しながら複数の国で運営するためのライセンスを取得する簡単なプロセスが含まれます。

国境を越えた取引を可能にすることで、仮想通貨取引所は真にグローバルな取引プラットフォームを構築し、さまざまな国の登録ユーザーが単一市場の拡張性、深さ、流動性の恩恵を受けることができるようになります。トレーダーは取引所にサインアップして、認可されたすべての国の流動性プールとスポット取引ペアにアクセスできます。

国境を越えた取引では、母国のプライバシー ポリシーや金融規制を遵守しながら、法定通貨を世界的な取引市場に投資し、仮想通貨の買値と売値の最小限のスプレッドから利益を得ることができます。

国境を越えた取引の利点

国際市場へのアクセスに加えて、国境を越えた取引には次のようないくつかのユニークな利点があります。

  • 膨大な流動性: 流動性は、仮想通貨をどれだけ簡単に変換または交換できるかを測定するため、取引において非常に重要です。国境を越えた取引により、より大きな市場へのアクセスが可能になり、母国通貨で複数のペアを表示および分析できるようになり、収益を最大化する機会がさらに広がります。
  • 価格格差/裁定取引: デジタル資産の価格は、特に複数の通貨が関係する場合、取引所ごとに異なる可能性があります。これらの違いを利用するには、複数の取引所に口座を開設することができます。ただし、国境を越えた取引を提供する集中型取引所では、単一のダッシュボードから複数の市場へのアクセスが許可され、1 つのアカウントを通じて裁定取引戦略を実装できます。 「キムチプレミアム」はその代表例です。
  • さまざまな取引相手: 世界中に多数の仮想通貨市場があり、アジアは小売取引活動に大きく貢献しています。各管轄区域では異なる取引行動が見られます。国境を越えた取引により、投資家はこれらのさまざまなパターンや行動に関する知識を活用して、利益を生み出すための新しい戦略を模索することができます。

著者:

ジョエル・エドガートンは、現在 bitFlyer Holdings, Inc. の取締役会の一員であり、bitFlyer USA, Inc. の COO 兼グローバル事業企画室長を務めており、著名なグローバル組織全体で 20 年以上にわたり指導的役割を果たしてきました。サウスカロライナ大学で金融と日本語を専門とし、国際経営管理修士 (MBA) の学位を取得しています。ジョエルは暗号通貨にも強い関心を持っており、ブロックチェーン技術を使用して世界的な優位性を拡大するために bitFlyer チームを率いています。

Twitter でジョエルとつながりましょう。

54 回訪問、今日 1 回訪問

コメントを残す