ハードペグ

ハードペグを理解する

ハードペッグは、通貨を別の通貨に対して特定のレートで固定する為替レート政策を表すために使用される用語です。たとえば、中国人民元は 8.28 ドルあたり XNUMX の固定レートで米ドルに固定されていました。

通貨が別の通貨または通貨バスケットに固定されている場合、その通貨の価値はそれらの通貨と同じ割合で変動することを意味します。ハードペッグでは、ペッグされた通貨に関して制限された移動が可能になり、バンドとして知られる定義された範囲が作成されます。

多くの場合、通貨は当初、特定の為替レートに固定されますが、時間が経つと、市場の状況に基づいて自由に変動することが許可される場合があります。これは通常、政府が経済的または政治的理由によりペッグの維持を望まなくなった場合、またはペッグを支持することが持続できなくなった場合に発生します。

米ドルに固定された暗号通貨であるテザーは、法定通貨に固定された暗号通貨の一例として機能します。当初は RealCoin として発売され、後に Tether と改名されましたが、同社はトークンの各単位が Tether Limited が予備として保有する 1 米ドルによって裏付けられていると主張しています。しかし、この主張には議論の余地がある。

ハードペグの利点の 1 つは、そのシンプルさと透明性です。暗号通貨の供給は固定されており既知であるため、トランザクションの匿名性を損なうことなく実装が容易になります。

ただし、ハードペッグの欠点は、通貨が商品ではなく実際の通貨として広く使用されている場合、ペッグを維持するのが難しいことです。多数の人が通貨を購入すると、発行されたすべてのテザーを裏付けるのに十分なドルが確保されなくなる可能性があります。同様に、多くの人がドルで保有株を売却すれば、ペッグを維持することも困難になるだろう。

通貨ペッギングは、各国が自国の通貨の価値を他の国の通貨の価値に固定する一般的な手法です。これは、東アジアなどの貿易が盛んな地域で特によく見られます。また、欧州連合のような国家グループが自国通貨を相互にペッグすることに同意した場合にも、世界レベルで発生する可能性があります。

通貨を別の国の通貨にペッグすると、次のような利点があります。

1. 安定性:通貨価値を固定することにより、国は通貨供給量の変動に関する不確実性を排除し、安定性をもたらします。これは発展途上国にとって特に有益です。

2. 他の固定金利国との楽な貿易: ある国が自国の通貨を他国との相対的に固定すると、より良い貿易条件を交渉するために自国の通貨を切り下げる必要がなくなりました。固定通貨レートにより、相手国との有利な貿易条件がすでに確保されています。

3. 設備投資や融資のリスクの低減: 為替レートが安定すると、金利の変動に伴うリスクが排除され、その国や地域で資金を投融資しようとする企業にとってマネーサプライがより予測しやすくなります。

ハードペグ

ハードペグを理解する

ハードペッグは、通貨を別の通貨に対して特定のレートで固定する為替レート政策を表すために使用される用語です。たとえば、中国人民元は 8.28 ドルあたり XNUMX の固定レートで米ドルに固定されていました。

通貨が別の通貨または通貨バスケットに固定されている場合、その通貨の価値はそれらの通貨と同じ割合で変動することを意味します。ハードペッグでは、ペッグされた通貨に関して制限された移動が可能になり、バンドとして知られる定義された範囲が作成されます。

多くの場合、通貨は当初、特定の為替レートに固定されますが、時間が経つと、市場の状況に基づいて自由に変動することが許可される場合があります。これは通常、政府が経済的または政治的理由によりペッグの維持を望まなくなった場合、またはペッグを支持することが持続できなくなった場合に発生します。

米ドルに固定された暗号通貨であるテザーは、法定通貨に固定された暗号通貨の一例として機能します。当初は RealCoin として発売され、後に Tether と改名されましたが、同社はトークンの各単位が Tether Limited が予備として保有する 1 米ドルによって裏付けられていると主張しています。しかし、この主張には議論の余地がある。

ハードペグの利点の 1 つは、そのシンプルさと透明性です。暗号通貨の供給は固定されており既知であるため、トランザクションの匿名性を損なうことなく実装が容易になります。

ただし、ハードペッグの欠点は、通貨が商品ではなく実際の通貨として広く使用されている場合、ペッグを維持するのが難しいことです。多数の人が通貨を購入すると、発行されたすべてのテザーを裏付けるのに十分なドルが確保されなくなる可能性があります。同様に、多くの人がドルで保有株を売却すれば、ペッグを維持することも困難になるだろう。

通貨ペッギングは、各国が自国の通貨の価値を他の国の通貨の価値に固定する一般的な手法です。これは、東アジアなどの貿易が盛んな地域で特によく見られます。また、欧州連合のような国家グループが自国通貨を相互にペッグすることに同意した場合にも、世界レベルで発生する可能性があります。

通貨を別の国の通貨にペッグすると、次のような利点があります。

1. 安定性:通貨価値を固定することにより、国は通貨供給量の変動に関する不確実性を排除し、安定性をもたらします。これは発展途上国にとって特に有益です。

2. 他の固定金利国との楽な貿易: ある国が自国の通貨を他国との相対的に固定すると、より良い貿易条件を交渉するために自国の通貨を切り下げる必要がなくなりました。固定通貨レートにより、相手国との有利な貿易条件がすでに確保されています。

3. 設備投資や融資のリスクの低減: 為替レートが安定すると、金利の変動に伴うリスクが排除され、その国や地域で資金を投融資しようとする企業にとってマネーサプライがより予測しやすくなります。

46 回訪問、今日 1 回訪問

コメントを残す