国債(Tボンド)

国債を理解する

T ボンドとも呼ばれる財務省債は、連邦政府の支出のための資金を生み出す目的で米国財務省が発行する金融商品です。国債に投資することで、個人はあらかじめ決められた期間政府にお金を貸します。その見返りとして、債券が満期に達するか額面価格で政府が買い戻すまで、年に 2 回利息が支払われます。

満期日が短い財務省証券 (T-Bill) とは異なり、財務省債券の満期期間は 10 年から 30 年の範囲で長くなります。国債はその安定性により、金融不安の際に安全な避難先とみなされることがよくあります。これらは、債券資産を含めることを目的とした投資ポートフォリオへの貴重な追加となります。

国債の売買

国債は株式のように証券取引所で取引されません。代わりに、二次市場で直接売買されます。これは、取引所で特定の取引時間が定められている株式とは異なり、投資家がいつでも国債を売買できることを意味します。

国債を購入するために、個人は財務省が主催するオンラインオークションに参加できます。投資家は満期まで債券を保有して6カ月ごとに利息を受け取るか、満期前に売却するかを選択できる。満期前に国債を売却する場合は、流通市場のブローカーを利用することをお勧めします。ただし、満期前に売却した場合、当初の投資額を下回る可能性があります。

国債のメリット

国債は信頼できる投資先として高く評価されています。一貫した金利を提供し、政府の支援を受けています。政府が債務の全額支払いを保証するわけではないが、連邦政府が債務を履行しないことは珍しい。

国債は店頭 (OTC) で取引されており、連邦準備銀行、証券取引委員会 (SEC) や商品先物取引委員会 (CFTC) などの規制機関に登録されている証券会社、または認可された投資信託会社またはディーラー。国債への投資は、満期まで 6 か月ごとに利息が支払われるため、信頼できる収入源となります。さらに、国債はいつでも流通市場で販売できるため、高い流動性を提供します。

国債のデメリット

国債は安全な投資であると考えられていますが、いくつかの欠点もあります。これらには、低金利や満期前に売却した場合の価格が下がる可能性が含まれます。国債からの利払いは、インフレや他の形態の投資収入に追いつかない可能性があります。

他の投資と同様、十分な情報に基づいた意思決定を行う前に、国債に関連するリスクと欠点を理解することが重要です。

国債(Tボンド)

国債を理解する

T ボンドとも呼ばれる財務省債は、連邦政府の支出のための資金を生み出す目的で米国財務省が発行する金融商品です。国債に投資することで、個人はあらかじめ決められた期間政府にお金を貸します。その見返りとして、債券が満期に達するか額面価格で政府が買い戻すまで、年に 2 回利息が支払われます。

満期日が短い財務省証券 (T-Bill) とは異なり、財務省債券の満期期間は 10 年から 30 年の範囲で長くなります。国債はその安定性により、金融不安の際に安全な避難先とみなされることがよくあります。これらは、債券資産を含めることを目的とした投資ポートフォリオへの貴重な追加となります。

国債の売買

国債は株式のように証券取引所で取引されません。代わりに、二次市場で直接売買されます。これは、取引所で特定の取引時間が定められている株式とは異なり、投資家がいつでも国債を売買できることを意味します。

国債を購入するために、個人は財務省が主催するオンラインオークションに参加できます。投資家は満期まで債券を保有して6カ月ごとに利息を受け取るか、満期前に売却するかを選択できる。満期前に国債を売却する場合は、流通市場のブローカーを利用することをお勧めします。ただし、満期前に売却した場合、当初の投資額を下回る可能性があります。

国債のメリット

国債は信頼できる投資先として高く評価されています。一貫した金利を提供し、政府の支援を受けています。政府が債務の全額支払いを保証するわけではないが、連邦政府が債務を履行しないことは珍しい。

国債は店頭 (OTC) で取引されており、連邦準備銀行、証券取引委員会 (SEC) や商品先物取引委員会 (CFTC) などの規制機関に登録されている証券会社、または認可された投資信託会社またはディーラー。国債への投資は、満期まで 6 か月ごとに利息が支払われるため、信頼できる収入源となります。さらに、国債はいつでも流通市場で販売できるため、高い流動性を提供します。

国債のデメリット

国債は安全な投資であると考えられていますが、いくつかの欠点もあります。これらには、低金利や満期前に売却した場合の価格が下がる可能性が含まれます。国債からの利払いは、インフレや他の形態の投資収入に追いつかない可能性があります。

他の投資と同様、十分な情報に基づいた意思決定を行う前に、国債に関連するリスクと欠点を理解することが重要です。

52 回訪問、今日 1 回訪問

コメントを残す