米国選挙の概要: 激戦州、連立政権、そして 2024 年の見通し

米国選挙を知る 概要、激戦州の重要性、政党の連合、2024 年の選挙、その候補者、主要な争点、スケジュールに関する洞察。

この記事では、人口動態、歴史的変遷、激戦州、そして2024年に予想されるバイデン大統領とバイデン大統領の再戦のハイライトを強調しながら、米国大統領選挙の簡潔な概要を提供します。 ドナルド·トランプ.

さらに、米国大統領選挙のプロセス、潜在的な候補者、選挙の主要な争点の重要な側面についても取り上げます。

米国選挙の概要

国の民主化プロセスの要である米国大統領選挙には、人口動態の変化、政治的変化、文化規範の変化を特徴とする豊かな歴史があります。現代では、人口動態が常に主要政党のいずれかを支持しているため、ほとんどの州は競争力がない傾向にあります。

米国大統領選挙の歴史的概要

歴史的に、民主党と共和党は異なる連合を形成してきました。通常「青い州」を確保する民主党選挙連合は、大学に通っていたり都市部に住んでいる白人だけでなく、ユダヤ人や黒人の有権者の間でも最も良い成績を収めている。

連合は時間の経過とともに変化してきました。労働者階級の有権者はかつてはニューディール政策の時代から民主党連立政権の主力だったが、文化問題で民主党が左傾化するにつれ、多くは共和党に移住した。

逆に、多くの「赤い州」を支配する伝統的な共和党連合は、主に地方の白人有権者、福音派、高齢者、大学教育を受けていない有権者で構成されている。共和党は歴史的に1950年代以来、郊外の中流階級の有権者に対して好成績を収めてきた。

しかしながら、 このグループ ティーパーティーやメイク・アメリカ・グレート・アゲイン・キャンペーンなどの運動の台頭により、近年はそれらから遠ざかっている。

選挙における激戦州の重要性

米国大統領選挙における激戦州の重要性は、どれだけ強調してもしすぎることはありません。民主党と共和党の間で「揺れる」これらの競争州は、大統領の座を確実にするために極めて重要である。

1.民主党

民主党には 19 世紀初頭にまで遡る長い歴史があり、国の政治情勢の形成に貢献してきました。

米国選挙の概要: 激戦州、連立政権、そして 2024 年の見通し

同党は社会正義、医療改革、気候変動など幅広い問題を擁護している。著名な人物にはジョー・バイデン大統領とカマラ・ハリス副大統領が含まれる。

2. 共和党

GOP (Grand Old Party) として知られる共和党は、保守的で右寄りの政党を支持しています。 プラットフォーム、減税、自由市場資本主義、強力な国防、銃の権利、規制緩和、労働組合の制限を主張している。

米国選挙の概要: 激戦州、連立政権、そして 2024 年の見通し

著名な人物には、次のような歴代大統領が含まれます。 エイブラハム·リンカーン、ロナルド・レーガン、そして最近ではドナルド・トランプ。

現在の激戦州には、ウィスコンシン、ミシガン、ペンシルバニアなどのラストベルトにある州と、ネバダ、アリゾナ、ジョージアなどのサンベルトにある州が含まれます。ノースカロライナ州は、最近の選挙で僅差の結果となったことから、激戦州としても認識されている。

来たる 2024 年米国大統領選挙

来たる2024年のアメリカ 特に注目すべきは大統領選挙だ。これは1956年以来アメリカ史上初の大統領再戦となる。民主党所属の現職大統領ジョー・バイデンが再選を目指している。

彼の前任者である共和党員のドナルド・トランプ氏も、敗北した後、非連続の2期目の確保を目指して出馬している。 バイデン トランプ氏が勝てば、非連続任期を務める唯一の大統領としてグローバー・クリーブランド氏に加わることになる。

米国大統領選挙プロセスの重要な側面

大統領選挙と同時に行われる重要な選挙イベント

大統領選挙と並んで、選挙期間には、米国上院、下院、知事、州議会の役職の選挙を含む、他の一連の重要な選挙イベントが開催されます。

選挙運動では、中絶、移民、医療、教育、経済、外交政策、国境警備、LGBTの権利、気候変動、民主主義など、さまざまな重要な問題が大半を占めると予想されている。

大統領候補に対する憲法上の要件と制限

大統領の資格は米国憲法によって規定されています。同条​​は、大統領を務めるには、生まれながらの米国国民であり、少なくとも35歳以上であり、少なくとも14年間米国に居住していなければならないと規定している。

さらに、憲法修正第 22 条は、いかなる人物も大統領に 2 回以上選出されることを禁じています。

2024 年米国選挙の紹介

画像98 8
米国選挙の概要: 激戦州、連立政権、および 2024 年の見通し 5

米国では、60年に一度の第5回大統領選挙が2024年XNUMX月XNUMX日火曜日に行われます。この待望のイベントには、全米の有権者が集まり、任期XNUMX年の大統領と副大統領を選出します。

主要候補者と歴史的意義

民主党所属の現大統領ジョー・バイデンが再選に立候補する意向を表明した。同氏は同じく大統領選を争う共和党員、前任者のドナルド・トランプ氏と対戦する予定だ。

興味深いことに、これは1956年以来初めての大統領の再戦であり、この選挙に独特の歴史的重要性を加えている。

5 年 2024 月 XNUMX 日に行われる唯一の政治イベントは大統領選挙ではありません。米国上院、下院、知事、州議会に関連する選挙も予定されています。

同時選挙と潜在的な影響

結果 これらの同時選挙のうち、第 119 回米国議会の構成と XNUMX の州および準州知事のリーダーシップが決定されます。選挙後、成功したのは、 大統領の 候補者は20年2025月XNUMX日に就任する予定である。

2024 年の選挙は、候補者、その政策、有権者の意思によって形成される、アメリカの歴史の中で極めて重要な瞬間となることが約束されていると言っても過言ではありません。

潜在的な候補者

米国選挙の概要: 激戦州、連立政権、そして 2024 年の見通し

民主党

ジョー·バイデン:現大統領で民主党候補のバイデン氏は再選に立候補している。支持率は低いにもかかわらず、彼はアメリカの自由と民主主義の擁護を強調している。

マリアン·ウィリアムソン: 自己啓発の第一人者であり作家でもある彼女は、「正義と愛」を掲げて、民主党の指名獲得を目指して長期的な目標を掲げて再スタートを切った。

ジェイソン・パーマー:マイクロソフトとビル&メリンダ・ゲイツ財団の経験を持つ起業家が米領サモアでバイデン大統領と引き分け、代議員の半数を確保し、大統領を11票差で破った。パーマー氏の選挙陣営は教育、医療、気候変動、移民を優先している。

共和党

ドナルド·トランプ:2017年から2021年まで元大統領、共和党での再任を目指す。同氏の法的異議申し立てと強力なレトリックにより支持基盤は強固となり、移民問題を選挙運動の最重要課題に据えている。

独立したサードパーティ

ロバートF.ケネディジュニア:反ワクチン活動家で環境擁護活動家であるケネディ氏は無所属で立候補しており、トランプ氏とバイデン氏の両方から票を集める可能性がある。

コーネルウエスト:政治活動家、哲学者、学者である同氏は、進歩的で民主党寄りの有権者にアピールする可能性が高い第三者による入札を開始した。

ジルスタイン:医師のスタイン氏は再び緑の党から出馬し、労働者、若者、環境への約束を履行していない民主党・共和党を批判している。

主要な選挙問題

バイデン氏とトランプ氏の選挙再戦の可能性は重大な意味を持つ。それは生殖に関する権利、気候変動対策、米国のウクライナ支援、そして米国の民主主義の将来に影響を与える。

その理由を見てみましょう。

経済は歴史的に米国選挙の重要な要素でした。現在、バイデン政権下で新型コロナウイルス感染症後の力強い回復があり、失業率が低く株価が高いにもかかわらず、世論調査では多くのアメリカ人がトランプ大統領の経済アプローチを好むことが示されている。

生活費とインフレに対する懸念は依然として続いている。バイデン氏は社会保障やメディケアに対する共和党の脅威を強調することで一定の支持を得るかもしれないが、トランプ氏は支持層が年長であるため、これらの問題は軽視されるに違いない。

先月、バイデン氏の国土安全保障長官アレハンドロ・マヨルカス氏が下院共和党によって弾劾された。トランプ大統領の先導を受けて、上院共和党は超党派の移民協定を阻止した。バイデン氏とトランプ氏は最近、南部国境を訪問した。

バイデン氏は共和党の障害を指摘し、トランプ氏に解決策への協力を求めた。一方、トランプ大統領はバイデン氏が国境の混乱を招いたと非難した。このパターンは今後も続くと予想される。

ロン・デサンティス氏は「メイク・アメリカ・フロリダ」キャンペーンでLGBTQ+の権利をターゲットにしたが失敗したが、「目覚めた」イデオロギーに対する共和党の圧力は続いている。これにより、人種に基づく大学のアファーマティブ・アクションの廃止とともに、反トランス法、書籍の発禁、LGBTQ+ 教育のテーマの制限が行われました。

さらに、移民闘争と犯罪は依然として共和党の焦点であり、トランプ大統領は極端なレトリックを用いている。しかし、黒人やヒスパニック系の支持が確実ではないため、民主党は課題に直面する可能性がある。

民主党は、最高裁判所の判決やいくつかの州での厳しい禁止など、中絶の権利に対する共和党の攻撃に焦点を当てるつもりだ。この戦略は、女性の生殖に関する権利に対する国民の強い支持によって動機づけられており、すでにいくつかの選挙での勝利につながっています。

共和党は否定しているにもかかわらず、彼らの行動は多くの家族にとって不可欠な治療を制限する意向を示唆している。ロー氏を覆したトランプ氏の判事任命が争点となっている。バイデンと民主党がこの問題に粘り強く異議を唱えることが期待される。

バイデン氏は、パレスチナ人に同情的なイスラエルロビーと党左派とのバランスを取るという課題に直面している。ミシガン州での彼に対する大規模な抗議投票が示すように、イスラエルのガザ行動に対する抗議活動は彼の拠点を遠ざける危険がある。一方、共和党は断固として親イスラエル派だ。

国際的にはバイデン氏がロシアに対するウクライナ支持をリードしているが、共和党の移民要求により米国のさらなる援助は停滞している。混乱したアフガニスタン離脱、潜在的な中国と台湾の対立、そしてトランプ大統領のNATOの脅威により、外交政策は引き続き議論の余地がある問題となっている。

バイデン氏は自らを民主主義の擁護者であると称し、国内の脅威、特に2020年の選挙結果を拒否し、国会議事堂襲撃を扇動し、独裁的な傾向を示してきたトランプ氏からの脅威を強調している。トランプ氏は選挙不正を主張し続けているにもかかわらず、バイデン氏はこの問題に焦点を当てて選挙で成功を収めているが、一般国民への影響を疑問視する人もいる。

気候変動は異常気象によって明らかです。世論調査によると、共和党員の半数を含むアメリカ人の70%が行動を望んでいる。しかし、共和党の選挙運動はこれを反映していない。トランプ大統領は人間による気候への影響を否定し、クリーンエネルギーへの取り組みに反対している。批判はあるものの、バイデン氏のオフィスでの行動はそのような見方に断固として反対している。

選挙プロセスとスケジュール

以下のタイムラインは、2024 年 2025 月以降の選挙プロセスにおける主要な出来事を概説しています。各段階には、予備選挙、党大会、大統領討論会、選挙日、選挙人の正式な開票が含まれます。このプロセスは、XNUMX 年 XNUMX 月の就任式の日に終了します。

2024年4月

  • 2月XNUMX日:コネチカット州、ニューヨーク州、ロードアイランド州、ウィスコンシン州で民主党と共和党の予備選。
  • 10月XNUMX日:コーネル・ウェストはメリナ・アブドラを副大統領候補として発表。
  • 4月13日:アラスカ州とワイオミング州で民主党党員集会。
  • 15月XNUMX日:ニューヨーク対ドナルド・トランプの裁判が始まる。
  • 18月20日~XNUMX日: ワイオミング州の共和党予備選。
  • 21月XNUMX日:プエルトリコ共和党大統領予備選。
  • 23月XNUMX日:ペンシルベニア州の民主党と共和党の予備選。
  • 24月27~XNUMX日:ユタ州ソルトレークシティでの憲法党全国大会。
  • 25月XNUMX日:トランプ対米国の裁判が始まる。
  • 28月XNUMX日:プエルトリコ民主党予備選。

2024年5月

  • 7月XNUMX日:インディアナ州の民主党と共和党の予備選。
  • 10月XNUMX日: 米国対ドナルド・トランプ、ウォルティン・ナウタ、カルロス・デ・オリベイラの裁判が始まる。
  • 14月XNUMX日:メリーランド州、ネブラスカ州、ウェストバージニア州で民主党と共和党の予備選。
  • 21月XNUMX日:ケンタッキー州とオレゴン州で民主党と共和党の予備選。
  • 23月XNUMX日:アイダホ州民主党党員集会。
  • 24月26~XNUMX日:ワシントンD.C.でのリバタリアン全国大会

2024年6月

  • 4月XNUMX日:コロンビア特別区、モンタナ州、ニュージャージー州、ニューメキシコ州、サウスダコタ州で民主党と共和党の予備選。
  • 8月XNUMX日:グアムと米領ヴァージン諸島で民主党党員集会。

2024 年7月

  • 11 月 14 ~ XNUMX 日: グリーン全国大会がオンラインで開催されます。
  • 15月18~XNUMX日: ミルウォーキーでの共和党全国大会。

2024年8月

  • 19月22日からXNUMX日: シカゴでの民主党全国大会。

2024年9月

  • 9月16日:テキサス州サンマルコスのテキサス州立大学で第1回大統領討論会。
  • 9月25日:ペンシルベニア州イーストンのラファイエット大学で唯一の副大統領討論会。

2024年10月

  • 1月XNUMX日:バージニア州ピーターズバーグのバージニア州立大学で第XNUMX回大統領討論会。
  • 9月XNUMX日:ユタ州ソルトレイクシティのユタ大学で第XNUMX回大統領討論会。

2024年11月

  • 5月XNUMX日: 選挙日。

2024年12月

  • 11月XNUMX日:選挙集計法に基づく「セーフハーバー」期限。
  • 17月XNUMX日: 選挙人はそれぞれの州都とコロンビア特別区に集まり、正式に大統領と副大統領に投票する。

2025年1月

  • 6月XNUMX日: 選挙人投票が合同議会前に正式に集計される。上院議長が選挙結果を正式に発表する。
  • 20月XNUMX日:就任式の日。

予測と世論調査: 米国選挙の概要

2024 年の米国選挙の予測では、ジョー バイデンとドナルド トランプの間の接戦が予想されています。現在の世論調査では、多くの場面でトランプ氏がリードしていることが示されている。

さまざまな世論調査でトランプ氏がリード

たとえば、マクラフリン・アンド・アソシエイツの世論調査では、トランプ氏がバイデン氏をそれぞれ6ポイント、4ポイント上回っていることが示された。同様に、 ロイター/イプソス 成人4,094人を対象とした世論調査では、トランプ氏が32%対31%でリードしていることが判明した。ロイター/イプソスの他の世論調査でもトランプ氏が僅差でリードしていた。

しかし、バイデン氏が有利な場面もあった。 19月XNUMX日 YouGov/エコノミスト 有権者1,510人を対象とした世論調査では、バイデン氏がトランプ氏を44%対43%リードしていることが示され、17月941日にフロリダ・アトランティック大学/メインストリートで行われた有権者候補47人を対象とした世論調査では、バイデン氏が45%対43%リードしていることが示された。ロイター/イプソスの第3回世論調査では、バイデン氏がトランプ氏を43%対38%でリードした。

バイデンが優位に立つ例

他の世論調査では、候補者は互角に見えます。有権者17人を対象とした5,777月43日のモーニング・コンサルト世論調査では、バイデン氏とトランプ氏が44%で並んだ。フロリダ・アトランティック/メインストリートの世論調査では、成人全員を対象に拡大し、男性の割合はXNUMX%で同率となった。

FiveThirtyEightの世論調査集計による直近17回の直接対決では、トランプ氏がXNUMX回でバイデン氏をリードし、XNUMX回で引き分けている。トランプ氏の最大の差はXNUMX月XNUMX日のものだった グリンネル·カレッジ 有権者704人を対象にした世論調査では、同氏がバイデン氏をXNUMXポイントリードしていることが判明した。

政治評論家の予測

世論調査ではトランプ氏がリードしているにもかかわらず、政治評論家らはバイデン氏が2期目を確保する可能性があると予想している。彼らはこれを、バイデン氏の実績、民主党の強さ、トランプ氏の法的・財政的課題などの要素に基づいている。

しかし、一部の専門家は、共和党予備選でのトランプ氏の勝利を考慮して、トランプ氏がホワイトハウスに復帰する可能性を認めている。

国際政策が米国選挙に与える影響

国際政策は米国選挙の結果に大きな影響を与える可能性があります。

バイデンのウクライナ政策が米国選挙に与える影響

例えば、ウクライナ紛争に対するバイデン氏の立場や中国に対するアプローチは、有権者の認識や投票決定に影響を与える可能性がある。

多くのアメリカ人はロシアに対抗するウクライナを支持しているが、トランプ大統領の孤立主義的なアプローチは終わりのない紛争を警戒する人々の共感を呼んでいる。したがって、バイデン氏がウクライナ情勢にどう対処するかは有権者を揺るがす可能性がある。

バイデンの対中アプローチと有権者の認識

同様に、バイデン氏の対中アプローチは経済戦略的ではあるものの、中国を重大な脅威とみなす人々からの批判にさらされやすい。これは、特に有権者が彼のアプローチが寛大すぎると認識した場合、有権者の決定に影響を与える可能性があります。

ガザ危機とバイデンの国際政策の課題

さらに、ガザ危機はバイデン氏の国際政策上の課題をさらに増大させている。バイデン氏はイスラエル政府の軍事政策の抑制に努めているかもしれないが、若者やアラブ系アメリカ人など一部の米国人層の間で、さらにはバイデン氏の行動は不十分だという認識が持たれている。

特にこれらのグループがバイデン氏のイスラエル軍事作戦への支持を否定的に捉えている場合、これらすべてが投票決定に影響を与える可能性がある。

結論 – 米国選挙の概要

結論として、米国大統領選挙は、歴史的傾向、人口動態の変化、進化する政治的および文化的問題が複雑に絡み合っています。

来たる2024年の選挙は、ジョー・バイデン大統領と前任者のドナルド・トランプ氏の再戦の可能性もあり、重要なイベントになることが予想されている。

さまざまな国内および国際政策に対する彼らのスタンスは、主要な人口統計グループの影響力と相まって、選挙の行方を形作ることになる。結果に関係なく、この選挙はアメリカの歴史の中で極めて重要な瞬間となることが約束されている。

米国選挙の概要: 激戦州、連立政権、そして 2024 年の見通し

米国選挙を知る 概要、激戦州の重要性、政党の連合、2024 年の選挙、その候補者、主要な争点、スケジュールに関する洞察。

この記事では、人口動態、歴史的変遷、激戦州、そして2024年に予想されるバイデン大統領とバイデン大統領の再戦のハイライトを強調しながら、米国大統領選挙の簡潔な概要を提供します。 ドナルド·トランプ.

さらに、米国大統領選挙のプロセス、潜在的な候補者、選挙の主要な争点の重要な側面についても取り上げます。

米国選挙の概要

国の民主化プロセスの要である米国大統領選挙には、人口動態の変化、政治的変化、文化規範の変化を特徴とする豊かな歴史があります。現代では、人口動態が常に主要政党のいずれかを支持しているため、ほとんどの州は競争力がない傾向にあります。

米国大統領選挙の歴史的概要

歴史的に、民主党と共和党は異なる連合を形成してきました。通常「青い州」を確保する民主党選挙連合は、大学に通っていたり都市部に住んでいる白人だけでなく、ユダヤ人や黒人の有権者の間でも最も良い成績を収めている。

連合は時間の経過とともに変化してきました。労働者階級の有権者はかつてはニューディール政策の時代から民主党連立政権の主力だったが、文化問題で民主党が左傾化するにつれ、多くは共和党に移住した。

逆に、多くの「赤い州」を支配する伝統的な共和党連合は、主に地方の白人有権者、福音派、高齢者、大学教育を受けていない有権者で構成されている。共和党は歴史的に1950年代以来、郊外の中流階級の有権者に対して好成績を収めてきた。

しかしながら、 このグループ ティーパーティーやメイク・アメリカ・グレート・アゲイン・キャンペーンなどの運動の台頭により、近年はそれらから遠ざかっている。

選挙における激戦州の重要性

米国大統領選挙における激戦州の重要性は、どれだけ強調してもしすぎることはありません。民主党と共和党の間で「揺れる」これらの競争州は、大統領の座を確実にするために極めて重要である。

1.民主党

民主党には 19 世紀初頭にまで遡る長い歴史があり、国の政治情勢の形成に貢献してきました。

米国選挙の概要: 激戦州、連立政権、そして 2024 年の見通し

同党は社会正義、医療改革、気候変動など幅広い問題を擁護している。著名な人物にはジョー・バイデン大統領とカマラ・ハリス副大統領が含まれる。

2. 共和党

GOP (Grand Old Party) として知られる共和党は、保守的で右寄りの政党を支持しています。 プラットフォーム、減税、自由市場資本主義、強力な国防、銃の権利、規制緩和、労働組合の制限を主張している。

米国選挙の概要: 激戦州、連立政権、そして 2024 年の見通し

著名な人物には、次のような歴代大統領が含まれます。 エイブラハム·リンカーン、ロナルド・レーガン、そして最近ではドナルド・トランプ。

現在の激戦州には、ウィスコンシン、ミシガン、ペンシルバニアなどのラストベルトにある州と、ネバダ、アリゾナ、ジョージアなどのサンベルトにある州が含まれます。ノースカロライナ州は、最近の選挙で僅差の結果となったことから、激戦州としても認識されている。

来たる 2024 年米国大統領選挙

来たる2024年のアメリカ 特に注目すべきは大統領選挙だ。これは1956年以来アメリカ史上初の大統領再戦となる。民主党所属の現職大統領ジョー・バイデンが再選を目指している。

彼の前任者である共和党員のドナルド・トランプ氏も、敗北した後、非連続の2期目の確保を目指して出馬している。 バイデン トランプ氏が勝てば、非連続任期を務める唯一の大統領としてグローバー・クリーブランド氏に加わることになる。

米国大統領選挙プロセスの重要な側面

大統領選挙と同時に行われる重要な選挙イベント

大統領選挙と並んで、選挙期間には、米国上院、下院、知事、州議会の役職の選挙を含む、他の一連の重要な選挙イベントが開催されます。

選挙運動では、中絶、移民、医療、教育、経済、外交政策、国境警備、LGBTの権利、気候変動、民主主義など、さまざまな重要な問題が大半を占めると予想されている。

大統領候補に対する憲法上の要件と制限

大統領の資格は米国憲法によって規定されています。同条​​は、大統領を務めるには、生まれながらの米国国民であり、少なくとも35歳以上であり、少なくとも14年間米国に居住していなければならないと規定している。

さらに、憲法修正第 22 条は、いかなる人物も大統領に 2 回以上選出されることを禁じています。

2024 年米国選挙の紹介

画像98 8
米国選挙の概要: 激戦州、連立政権、および 2024 年の見通し 10

米国では、60年に一度の第5回大統領選挙が2024年XNUMX月XNUMX日火曜日に行われます。この待望のイベントには、全米の有権者が集まり、任期XNUMX年の大統領と副大統領を選出します。

主要候補者と歴史的意義

民主党所属の現大統領ジョー・バイデンが再選に立候補する意向を表明した。同氏は同じく大統領選を争う共和党員、前任者のドナルド・トランプ氏と対戦する予定だ。

興味深いことに、これは1956年以来初めての大統領の再戦であり、この選挙に独特の歴史的重要性を加えている。

5 年 2024 月 XNUMX 日に行われる唯一の政治イベントは大統領選挙ではありません。米国上院、下院、知事、州議会に関連する選挙も予定されています。

同時選挙と潜在的な影響

結果 これらの同時選挙のうち、第 119 回米国議会の構成と XNUMX の州および準州知事のリーダーシップが決定されます。選挙後、成功したのは、 大統領の 候補者は20年2025月XNUMX日に就任する予定である。

2024 年の選挙は、候補者、その政策、有権者の意思によって形成される、アメリカの歴史の中で極めて重要な瞬間となることが約束されていると言っても過言ではありません。

潜在的な候補者

米国選挙の概要: 激戦州、連立政権、そして 2024 年の見通し

民主党

ジョー·バイデン:現大統領で民主党候補のバイデン氏は再選に立候補している。支持率は低いにもかかわらず、彼はアメリカの自由と民主主義の擁護を強調している。

マリアン·ウィリアムソン: 自己啓発の第一人者であり作家でもある彼女は、「正義と愛」を掲げて、民主党の指名獲得を目指して長期的な目標を掲げて再スタートを切った。

ジェイソン・パーマー:マイクロソフトとビル&メリンダ・ゲイツ財団の経験を持つ起業家が米領サモアでバイデン大統領と引き分け、代議員の半数を確保し、大統領を11票差で破った。パーマー氏の選挙陣営は教育、医療、気候変動、移民を優先している。

共和党

ドナルド·トランプ:2017年から2021年まで元大統領、共和党での再任を目指す。同氏の法的異議申し立てと強力なレトリックにより支持基盤は強固となり、移民問題を選挙運動の最重要課題に据えている。

独立したサードパーティ

ロバートF.ケネディジュニア:反ワクチン活動家で環境擁護活動家であるケネディ氏は無所属で立候補しており、トランプ氏とバイデン氏の両方から票を集める可能性がある。

コーネルウエスト:政治活動家、哲学者、学者である同氏は、進歩的で民主党寄りの有権者にアピールする可能性が高い第三者による入札を開始した。

ジルスタイン:医師のスタイン氏は再び緑の党から出馬し、労働者、若者、環境への約束を履行していない民主党・共和党を批判している。

主要な選挙問題

バイデン氏とトランプ氏の選挙再戦の可能性は重大な意味を持つ。それは生殖に関する権利、気候変動対策、米国のウクライナ支援、そして米国の民主主義の将来に影響を与える。

その理由を見てみましょう。

経済は歴史的に米国選挙の重要な要素でした。現在、バイデン政権下で新型コロナウイルス感染症後の力強い回復があり、失業率が低く株価が高いにもかかわらず、世論調査では多くのアメリカ人がトランプ大統領の経済アプローチを好むことが示されている。

生活費とインフレに対する懸念は依然として続いている。バイデン氏は社会保障やメディケアに対する共和党の脅威を強調することで一定の支持を得るかもしれないが、トランプ氏は支持層が年長であるため、これらの問題は軽視されるに違いない。

先月、バイデン氏の国土安全保障長官アレハンドロ・マヨルカス氏が下院共和党によって弾劾された。トランプ大統領の先導を受けて、上院共和党は超党派の移民協定を阻止した。バイデン氏とトランプ氏は最近、南部国境を訪問した。

バイデン氏は共和党の障害を指摘し、トランプ氏に解決策への協力を求めた。一方、トランプ大統領はバイデン氏が国境の混乱を招いたと非難した。このパターンは今後も続くと予想される。

ロン・デサンティス氏は「メイク・アメリカ・フロリダ」キャンペーンでLGBTQ+の権利をターゲットにしたが失敗したが、「目覚めた」イデオロギーに対する共和党の圧力は続いている。これにより、人種に基づく大学のアファーマティブ・アクションの廃止とともに、反トランス法、書籍の発禁、LGBTQ+ 教育のテーマの制限が行われました。

さらに、移民闘争と犯罪は依然として共和党の焦点であり、トランプ大統領は極端なレトリックを用いている。しかし、黒人やヒスパニック系の支持が確実ではないため、民主党は課題に直面する可能性がある。

民主党は、最高裁判所の判決やいくつかの州での厳しい禁止など、中絶の権利に対する共和党の攻撃に焦点を当てるつもりだ。この戦略は、女性の生殖に関する権利に対する国民の強い支持によって動機づけられており、すでにいくつかの選挙での勝利につながっています。

共和党は否定しているにもかかわらず、彼らの行動は多くの家族にとって不可欠な治療を制限する意向を示唆している。ロー氏を覆したトランプ氏の判事任命が争点となっている。バイデンと民主党がこの問題に粘り強く異議を唱えることが期待される。

バイデン氏は、パレスチナ人に同情的なイスラエルロビーと党左派とのバランスを取るという課題に直面している。ミシガン州での彼に対する大規模な抗議投票が示すように、イスラエルのガザ行動に対する抗議活動は彼の拠点を遠ざける危険がある。一方、共和党は断固として親イスラエル派だ。

国際的にはバイデン氏がロシアに対するウクライナ支持をリードしているが、共和党の移民要求により米国のさらなる援助は停滞している。混乱したアフガニスタン離脱、潜在的な中国と台湾の対立、そしてトランプ大統領のNATOの脅威により、外交政策は引き続き議論の余地がある問題となっている。

バイデン氏は自らを民主主義の擁護者であると称し、国内の脅威、特に2020年の選挙結果を拒否し、国会議事堂襲撃を扇動し、独裁的な傾向を示してきたトランプ氏からの脅威を強調している。トランプ氏は選挙不正を主張し続けているにもかかわらず、バイデン氏はこの問題に焦点を当てて選挙で成功を収めているが、一般国民への影響を疑問視する人もいる。

気候変動は異常気象によって明らかです。世論調査によると、共和党員の半数を含むアメリカ人の70%が行動を望んでいる。しかし、共和党の選挙運動はこれを反映していない。トランプ大統領は人間による気候への影響を否定し、クリーンエネルギーへの取り組みに反対している。批判はあるものの、バイデン氏のオフィスでの行動はそのような見方に断固として反対している。

選挙プロセスとスケジュール

以下のタイムラインは、2024 年 2025 月以降の選挙プロセスにおける主要な出来事を概説しています。各段階には、予備選挙、党大会、大統領討論会、選挙日、選挙人の正式な開票が含まれます。このプロセスは、XNUMX 年 XNUMX 月の就任式の日に終了します。

2024年4月

  • 2月XNUMX日:コネチカット州、ニューヨーク州、ロードアイランド州、ウィスコンシン州で民主党と共和党の予備選。
  • 10月XNUMX日:コーネル・ウェストはメリナ・アブドラを副大統領候補として発表。
  • 4月13日:アラスカ州とワイオミング州で民主党党員集会。
  • 15月XNUMX日:ニューヨーク対ドナルド・トランプの裁判が始まる。
  • 18月20日~XNUMX日: ワイオミング州の共和党予備選。
  • 21月XNUMX日:プエルトリコ共和党大統領予備選。
  • 23月XNUMX日:ペンシルベニア州の民主党と共和党の予備選。
  • 24月27~XNUMX日:ユタ州ソルトレークシティでの憲法党全国大会。
  • 25月XNUMX日:トランプ対米国の裁判が始まる。
  • 28月XNUMX日:プエルトリコ民主党予備選。

2024年5月

  • 7月XNUMX日:インディアナ州の民主党と共和党の予備選。
  • 10月XNUMX日: 米国対ドナルド・トランプ、ウォルティン・ナウタ、カルロス・デ・オリベイラの裁判が始まる。
  • 14月XNUMX日:メリーランド州、ネブラスカ州、ウェストバージニア州で民主党と共和党の予備選。
  • 21月XNUMX日:ケンタッキー州とオレゴン州で民主党と共和党の予備選。
  • 23月XNUMX日:アイダホ州民主党党員集会。
  • 24月26~XNUMX日:ワシントンD.C.でのリバタリアン全国大会

2024年6月

  • 4月XNUMX日:コロンビア特別区、モンタナ州、ニュージャージー州、ニューメキシコ州、サウスダコタ州で民主党と共和党の予備選。
  • 8月XNUMX日:グアムと米領ヴァージン諸島で民主党党員集会。

2024 年7月

  • 11 月 14 ~ XNUMX 日: グリーン全国大会がオンラインで開催されます。
  • 15月18~XNUMX日: ミルウォーキーでの共和党全国大会。

2024年8月

  • 19月22日からXNUMX日: シカゴでの民主党全国大会。

2024年9月

  • 9月16日:テキサス州サンマルコスのテキサス州立大学で第1回大統領討論会。
  • 9月25日:ペンシルベニア州イーストンのラファイエット大学で唯一の副大統領討論会。

2024年10月

  • 1月XNUMX日:バージニア州ピーターズバーグのバージニア州立大学で第XNUMX回大統領討論会。
  • 9月XNUMX日:ユタ州ソルトレイクシティのユタ大学で第XNUMX回大統領討論会。

2024年11月

  • 5月XNUMX日: 選挙日。

2024年12月

  • 11月XNUMX日:選挙集計法に基づく「セーフハーバー」期限。
  • 17月XNUMX日: 選挙人はそれぞれの州都とコロンビア特別区に集まり、正式に大統領と副大統領に投票する。

2025年1月

  • 6月XNUMX日: 選挙人投票が合同議会前に正式に集計される。上院議長が選挙結果を正式に発表する。
  • 20月XNUMX日:就任式の日。

予測と世論調査: 米国選挙の概要

2024 年の米国選挙の予測では、ジョー バイデンとドナルド トランプの間の接戦が予想されています。現在の世論調査では、多くの場面でトランプ氏がリードしていることが示されている。

さまざまな世論調査でトランプ氏がリード

たとえば、マクラフリン・アンド・アソシエイツの世論調査では、トランプ氏がバイデン氏をそれぞれ6ポイント、4ポイント上回っていることが示された。同様に、 ロイター/イプソス 成人4,094人を対象とした世論調査では、トランプ氏が32%対31%でリードしていることが判明した。ロイター/イプソスの他の世論調査でもトランプ氏が僅差でリードしていた。

しかし、バイデン氏が有利な場面もあった。 19月XNUMX日 YouGov/エコノミスト 有権者1,510人を対象とした世論調査では、バイデン氏がトランプ氏を44%対43%リードしていることが示され、17月941日にフロリダ・アトランティック大学/メインストリートで行われた有権者候補47人を対象とした世論調査では、バイデン氏が45%対43%リードしていることが示された。ロイター/イプソスの第3回世論調査では、バイデン氏がトランプ氏を43%対38%でリードした。

バイデンが優位に立つ例

他の世論調査では、候補者は互角に見えます。有権者17人を対象とした5,777月43日のモーニング・コンサルト世論調査では、バイデン氏とトランプ氏が44%で並んだ。フロリダ・アトランティック/メインストリートの世論調査では、成人全員を対象に拡大し、男性の割合はXNUMX%で同率となった。

FiveThirtyEightの世論調査集計による直近17回の直接対決では、トランプ氏がXNUMX回でバイデン氏をリードし、XNUMX回で引き分けている。トランプ氏の最大の差はXNUMX月XNUMX日のものだった グリンネル·カレッジ 有権者704人を対象にした世論調査では、同氏がバイデン氏をXNUMXポイントリードしていることが判明した。

政治評論家の予測

世論調査ではトランプ氏がリードしているにもかかわらず、政治評論家らはバイデン氏が2期目を確保する可能性があると予想している。彼らはこれを、バイデン氏の実績、民主党の強さ、トランプ氏の法的・財政的課題などの要素に基づいている。

しかし、一部の専門家は、共和党予備選でのトランプ氏の勝利を考慮して、トランプ氏がホワイトハウスに復帰する可能性を認めている。

国際政策が米国選挙に与える影響

国際政策は米国選挙の結果に大きな影響を与える可能性があります。

バイデンのウクライナ政策が米国選挙に与える影響

例えば、ウクライナ紛争に対するバイデン氏の立場や中国に対するアプローチは、有権者の認識や投票決定に影響を与える可能性がある。

多くのアメリカ人はロシアに対抗するウクライナを支持しているが、トランプ大統領の孤立主義的なアプローチは終わりのない紛争を警戒する人々の共感を呼んでいる。したがって、バイデン氏がウクライナ情勢にどう対処するかは有権者を揺るがす可能性がある。

バイデンの対中アプローチと有権者の認識

同様に、バイデン氏の対中アプローチは経済戦略的ではあるものの、中国を重大な脅威とみなす人々からの批判にさらされやすい。これは、特に有権者が彼のアプローチが寛大すぎると認識した場合、有権者の決定に影響を与える可能性があります。

ガザ危機とバイデンの国際政策の課題

さらに、ガザ危機はバイデン氏の国際政策上の課題をさらに増大させている。バイデン氏はイスラエル政府の軍事政策の抑制に努めているかもしれないが、若者やアラブ系アメリカ人など一部の米国人層の間で、さらにはバイデン氏の行動は不十分だという認識が持たれている。

特にこれらのグループがバイデン氏のイスラエル軍事作戦への支持を否定的に捉えている場合、これらすべてが投票決定に影響を与える可能性がある。

結論 – 米国選挙の概要

結論として、米国大統領選挙は、歴史的傾向、人口動態の変化、進化する政治的および文化的問題が複雑に絡み合っています。

来たる2024年の選挙は、ジョー・バイデン大統領と前任者のドナルド・トランプ氏の再戦の可能性もあり、重要なイベントになることが予想されている。

さまざまな国内および国際政策に対する彼らのスタンスは、主要な人口統計グループの影響力と相まって、選挙の行方を形作ることになる。結果に関係なく、この選挙はアメリカの歴史の中で極めて重要な瞬間となることが約束されている。

2,487 回訪問、今日 6 回訪問