香港スポットビットコインETFの資金流入は500億ドルに限定される

キーポイント:

  • 香港はビットコインETFの立ち上げを期待しているが、SFCはまだ正式に承認していない。
  • 噂によると、香港スポットビットコインETFの立ち上げ時には、約500億ドル程度のささやかな資金流入が示唆されている。
  • 香港は最近米国でスポットビットコインETFが承認されたことを受け、中国本土の厳しい規制の中で規制された仮想通貨ハブとしての地位を確立することを目指している
によると、香港の金融情勢は、ビットコイン上場投資信託(ETF)の承認が目前に迫り、大きな変化の瀬戸際にあるという。 エリック・バルチュナス、ブルームバーグのシニアETFアナリスト。
香港スポットビットコインETFの資金流入は500億ドルに限定される

続きを読む: 2024年に購入するのに最適なビットコインETF

香港のスポットビットコインETFが規制上の憶測の中で発売される

承認されたとはいえ、 香港スポットビットコインETF はまだ発売されていないが、来週デビューする可能性を示唆する噂がある。

予想されている香港スポットビットコインETFの立ち上げは、ささやかな関心を集めることが予想されており、約500億ドルの資金流入が見込まれている。特に、チャイナ・アセット・マネジメントやボセラ・キャピタルなどの主要企業からスポットビットコインやイーサETFの上場承認に関するWeChatでの発表が時期尚早に表面化した。しかし、証券先物委員会(SFC)からの正式な承認はいまだ保留中であり、不確実性が漂っている。

一方、 香港のETF市場は50億ドルと比較的小規模で、現在中国本土の投資家は直接アクセスできていない。 Bosera、Huatai、CSOP などの承認された ETF 発行会社は比較的規模が小さく、次のような主要な機関投資家がいます。 ブラックロック まだ参加する前です。

基盤となるエコシステムの流動性と効率性に対する懸念が根強く、大幅な価格格差やプレミアム割引につながる可能性があります。

規制情勢の変化の中で高まる香港の仮想通貨への野心

2021年の取り締まり以降、中国本土の厳しい仮想通貨取引規制にもかかわらず、香港は自らを規制された仮想通貨ハブとして位置づけ、ドバイやシンガポールのような世界の同国に匹敵することを目指している。しかし、中国本土の投資家がこれらのETFを利用できるかどうかは依然として不透明だ。

最近の承認を受けて、差し迫った発売が予定されています。 スポットビットコインETF 米国の証券規制当局によるもので、多額の資本流入が見られた。 ETF は従来の投資家に直接所有権を持たずに仮想通貨の価格変動へのエクスポージャーを提供し、市場の投資家層を拡大する可能性があります。

香港スポットビットコインETFの資金流入は500億ドルに限定される

キーポイント:

  • 香港はビットコインETFの立ち上げを期待しているが、SFCはまだ正式に承認していない。
  • 噂によると、香港スポットビットコインETFの立ち上げ時には、約500億ドル程度のささやかな資金流入が示唆されている。
  • 香港は最近米国でスポットビットコインETFが承認されたことを受け、中国本土の厳しい規制の中で規制された仮想通貨ハブとしての地位を確立することを目指している
によると、香港の金融情勢は、ビットコイン上場投資信託(ETF)の承認が目前に迫り、大きな変化の瀬戸際にあるという。 エリック・バルチュナス、ブルームバーグのシニアETFアナリスト。
香港スポットビットコインETFの資金流入は500億ドルに限定される

続きを読む: 2024年に購入するのに最適なビットコインETF

香港のスポットビットコインETFが規制上の憶測の中で発売される

承認されたとはいえ、 香港スポットビットコインETF はまだ発売されていないが、来週デビューする可能性を示唆する噂がある。

予想されている香港スポットビットコインETFの立ち上げは、ささやかな関心を集めることが予想されており、約500億ドルの資金流入が見込まれている。特に、チャイナ・アセット・マネジメントやボセラ・キャピタルなどの主要企業からスポットビットコインやイーサETFの上場承認に関するWeChatでの発表が時期尚早に表面化した。しかし、証券先物委員会(SFC)からの正式な承認はいまだ保留中であり、不確実性が漂っている。

一方、 香港のETF市場は50億ドルと比較的小規模で、現在中国本土の投資家は直接アクセスできていない。 Bosera、Huatai、CSOP などの承認された ETF 発行会社は比較的規模が小さく、次のような主要な機関投資家がいます。 ブラックロック まだ参加する前です。

基盤となるエコシステムの流動性と効率性に対する懸念が根強く、大幅な価格格差やプレミアム割引につながる可能性があります。

規制情勢の変化の中で高まる香港の仮想通貨への野心

2021年の取り締まり以降、中国本土の厳しい仮想通貨取引規制にもかかわらず、香港は自らを規制された仮想通貨ハブとして位置づけ、ドバイやシンガポールのような世界の同国に匹敵することを目指している。しかし、中国本土の投資家がこれらのETFを利用できるかどうかは依然として不透明だ。

最近の承認を受けて、差し迫った発売が予定されています。 スポットビットコインETF 米国の証券規制当局によるもので、多額の資本流入が見られた。 ETF は従来の投資家に直接所有権を持たずに仮想通貨の価格変動へのエクスポージャーを提供し、市場の投資家層を拡大する可能性があります。

233 回訪問、今日 5 回訪問