イーサリアム ETF タイムライン: 5 月の重要な日と締め切り

SECの5月の期限が近づくにつれ、イーサリアムETFのタイムラインは多くの投資家にとって関心のあるトピックとなっている。 Coincu と一緒に、重要な日付について学びましょう。 スポットイーサリアムETFの承認.
イーサリアム ETF タイムライン: 5 月の重要な日と締め切り
イーサリアムETFタイムライン:10年XNUMX月の重要な日と締め切り

スポットイーサリアムETFの概要

スポットイーサリアムETFとは何ですか?

従来の ETF と同様に機能するスポット イーサリアム ETF は、購入と保有を約束する機関によって管理されます。 エテリアム(ETH) 彼らの予備で。

これらのETFはその後、従来のETFに上場されます。 証券取引所、ETFの所有権を表す株式を発行します。トレーダーは、これらの株式を取引することで、イーサリアムが保有する ETH の価値を反映するイーサリアムのリアルタイムの価格変動を知ることができます。

イーサリアム ETF タイムライン: 5 月の重要な日と締め切り
イーサリアムETFタイムライン:11年XNUMX月の重要な日と締め切り

スポットイーサリアムETFの株式を所有することはETFの基礎となるETH準備金へのエクスポージャーを提供しますが、それは個人の直接所有権と同等ではないことを理解することが重要です。 ETHトークン。株主は、仮想通貨そのものではなく、保有するETHの価値に対して権利を主張します。

さらに、ETF を管理する金融機関は、その基礎となるさまざまな戦略を採用する可能性があります。 ETH、ETFの収益を潜在的に高めるために、それを貸し出したり、ステーキング活動に参加したりするなど。

続きを読む: スポットイーサリアムETFとは何ですか?新しいイーサETFはどれほど重要ですか?

スポットイーサリアムETFタイムライン

SEC はさまざまなスポット イーサリアム ETF の期限スケジュールを設定し、仮想通貨投資環境において重要な瞬間を迎えています。の間で SECの承認を待っているETF、2023年2023月にValkyrie Investmentsによって提出されたValkyrie Bitcoin & Ether Strategy ETF(BTF)は、最初に決定に直面するという区別を保持しています。 Valkyrieにとって残念なことに、彼らのETFはXNUMX年XNUMX月にSECによって拒否されました。

これに僅差で続くのが、9年2023月11日を期限とするビットワイズ・ビットコイン&イーサ・イコールウェイトETF(BITC)です。続いて、ボラティリティ・シェアーズが申請したイーサ・ストラテジーETF(ETHU)が2023年XNUMX月XNUMX日を期限として検討される予定です。 。

このリストは合計 16 件の ETF 申請で構成されており、それぞれに特定の期限が割り当てられています。これらの提出書類のうち 16 件は 2023 年 17 月 2023 日が期限であり、18 件は 2023 年 30 月 2023 日が期限となっています。単一の提出期限はそれぞれ XNUMX 年 XNUMX 月 XNUMX 日と XNUMX 年 XNUMX 月 XNUMX 日に設定されています。

イーサリアム ETF タイムライン: 5 月の重要な日と締め切り
スポットイーサリアムETFタイムライン。 出所:ブルームバーグ

からの最近の展開 SEC これには、次のような業界関係者からのイーサリアム ETF 申請に対する 21 月 2 日からの XNUMX 日間のコメント期間の開始が含まれます。 グレースケール、フィデリティ、およびビットワイズ。

差し迫った23月XNUMX日の期限は、投資家と仮想通貨愛好家の両方が待ち望んでいたヴァンエックのETF申請の最終決定日となるため、特に重要な意味を持つ。

続きを読む: スポットイーサリアム ETF とイーサリアム先物 ETF: どちらがより良い投資ですか?

SEC、スポットイーサリアムETFを延期

最近、SEC は提案された事項について決定を下すまでのスケジュールを延長しました。 スポットイーサリアムETF Grayscale と Franklin Templeton によって提出されました。この遅延は、これらのETFの予想される承認または不承認に影響を与え、規制当局内で進行中の審議を示唆する可能性があります。

具体的には、SEC はフランクリン・イーサリアム ETF に関する決定を 11 年 2024 月 23 日まで延期しました。この延長により、SEC は承認、不承認、またはさらなる手続きの開始を決定する前に、提案を検討するための追加の時間を得ることができます。同様に、火曜日の提出書類に示されているように、SECはグレースケール・イーサリアム・トラストの提案の評価を延期し、次の期限を2024年XNUMX月XNUMX日に設定した。

イーサリアム ETF タイムライン: 5 月の重要な日と締め切り
イーサリアムETFタイムライン:12年XNUMX月の重要な日と締め切り

SEC の決定は、Grayscale と Franklin Templeton だけでなく、市場の他の主要企業にも影響を与えます。注目すべきことに、当局はまた、VanEckと ブラックロック。この一連の遅れは、こうした金融商品の承認に対するSECの複雑さと慎重なアプローチを浮き彫りにしている。

いくつかの有名な金融機関 フィデリティとブラックロック、ここ数カ月間、スポットイーサリアムETFの承認を求めてきました。しかし、彼らもSECによる意思決定プロセスの延期に直面している。これは、仮想通貨分野における規制の監視とETF提案に対する徹底的な評価のより広範な傾向を示しています。

続きを読む: Ethereum Dencun: 重要なアップデートによりネットワークの安定性が向上

スポットイーサリアムETFの承認期限

弁護士のスコット・ジョンソン氏は最近、SECによる承認に向けたスポットイーサリアムETFのタイムラインの可能性について洞察を提供し、仮想通貨コミュニティ内で大きな関心を引き起こした。ジョンソン氏は、SECが早ければ2024年2025月にもイーサリアムETFにゴーサインを出す可能性があると示唆している。しかし、このスケジュールがあまりにも野心的であることが判明した場合、承認はXNUMX年半ばまでに予想される可能性がある。

この憶測はSECのスポットビットコインETFの扱いに根ざしており、同委員会はETF登録届出書に対する最初のコメントからS-1フォームの修正まで驚くほど短期間で移行するという顕著な効率性を示した。同様のことを考えると、特に2023年XNUMX月にスポットイーサリアムETFの期限が迫っている中で、SECがイーサリアムETFに対して同様に迅速なプロセスを採用するかどうか、観測筋は疑問を抱いている。

VanEckとARKからのイーサETFに対する申請をSECが裁定する最終期限は、それぞれ23月24日とXNUMX月XNUMX日に設定されており、決定日が差し迫っていることで状況はさらに緊急性を増している。これらの決定の結果は、イーサリアムETFに対するSECのスタンスとその承認の潜在的なスケジュールについてのさらなる洞察を提供する可能性があります。

続きを読む: イーサリアムETFの応用:新たなブレークスルーの可能性はあるのか?

スポットイーサリアムETFの承認に対する悲観論

仮想通貨ETFの承認を目指す旅

スポットイーサリアムETFの承認の可能性は、仮想通貨市場における重要なマイルストーンとなる準備が整っており、デジタル資産がより広く受け入れられ、従来の投資ポートフォリオに統合されることを示しています。

しかし、米国でのスポットイーサリアムETFの立ち上げをめぐる現在の感情は主に悲観的です。この件に詳しい内部関係者らは、SECとスポットイーサリアムETF申請者との間の会合は一方的で、提案された商品についての実質的な議論や、ETF申請審査中に通常提起される懸念への対応が欠けていたことを明らかにした。

SEC の反仮想通貨スタンス

米国における仮想通貨ETFの承認に向けた道のりは、期待と挫折に満ちていた。スポットビットコインETFの承認に向けたSECの歩みは重要なマイルストーンとなったが、アナリストによる最近の観察は、ビットコインETFの承認の可能性が低下していることを示唆している。 スポットイーサリアムETFの承認 5月までに。 SEC委員長 ゲイリー・ゲンスラー暗号通貨に対する同社のスタンス、特にビットコインを有価証券ではなく商品として分類していることは、イーサリアムの規制上の分類をめぐる不確実性をさらに高めています。

いくつかの米国企業とイーサリアム財団との取引に関する最近の調査で明らかなように、ゲンスラー氏の指導の下、SEC内に広がっている反暗号通貨感情はますます明らかになっている。これらの調査は、プルーフ・オブ・ステークのブロックチェーンと関連トークンが投資契約とみなされる可能性があることを示唆するSECの声明に続いて行われた。さらに、投資家向けのサービスとしてのステーキングを中心に、CoinbaseやKrakenなどの著名な取引所に対して訴訟が起こされている。

イーサリアム ETF タイムライン: 5 月の重要な日と締め切り
イーサリアムETFタイムライン:13年XNUMX月の重要な日と締め切り

規制の不確実性と監視

米国企業との関係の精査 イーサリアム財団 これは、仮想通貨とそれに関連する活動を取り巻く規制の不確実性を強調しています。ゲンスラー氏のリーダーシップはデジタル資産に対してより慎重なアプローチを示唆しており、SECはブロックチェーン技術やトークンの提供など暗号エコシステムのさまざまな側面を精査している。

の分類 プルーフ・オブ・ステーク ブロックチェーン 投資契約としてのトークンは規制環境にさらなる複雑さをもたらし、ブロックチェーンプロジェクトとその関連会社の運営に影響を与える可能性があります。ステーキング・アズ・ア・サービスを巡る取引所に対する訴訟は、SECが投資家保護に注力していることと、仮想通貨業界における証券規制の順守を確実にしようとする意図を浮き彫りにしている。

業界の楽観主義と規制のハードル

課題にもかかわらず、フィデリティ、インベスコ、ブラックロックなどの業界大手は、仮想通貨コミュニティ内の引き続き楽観的な見方を反映して、スポットイーサリアムETFの申請を提出した。しかし、規制上のハードルは依然として存在しており、SECは投資家保護を優先しており、承認されたETFに対して厳しい監視とコンプライアンス要件を課す可能性が高い。

規制環境は依然として不確実であり、承認プロセスの遅延や SEC のアプローチの変更の可能性があります。イーサリアムETFの承認の可能性は、仮想通貨市場にとって大きな前進を意味する一方、デジタル資産の進化する状況における規制の枠組みを乗り切ることの複雑さと課題も浮き彫りにしている。

SECがスポットイーサリアムETFの承認を5月に遅らせたらどうなるか

SECがヴァンエックによるイーサリアムETFへのスポット申請を却下すれば、年内に他の著名な投資会社からの同様の申請が却下される可能性が高い前例となる可能性がある。アーク・インベストメント、グレイスケール、フランクリン・テンプルトン、インベスコ・ギャラクシー、ブラックロックなどの企業はいずれもイーサリアムETFの立ち上げに興味を示している。

スポットイーサリアムETFの承認を遅らせるというSECの最近の決定は、イーサETFの可能性に影を落とし、より広範な機関への受け入れを期待して高まっていた勢いを止めた。これらのETFは、投資家が仮想通貨にアクセスするための規制された経路とみなされてきましたが、規制の不確実性の中でその将来は現在不確実であり、投資家心理とETFのパフォーマンスの両方に影響を与えています。

イーサリアム ETF タイムライン: 5 月の重要な日と締め切り
イーサリアムETFタイムライン:14年XNUMX月の重要な日と締め切り

SECによるスポットETFの承認の遅れは、イーサETFにとって一時的な後退とみられている。この決定により、そのような投資手段の将来について懸念が生じていますが、イーサリアムへの当面の影響は限定的である可能性があります。これは投資家がSECの否決を予想しており、結果に対して心の準備をする時間を与えていたことも一因だ。

過去 10 年間のビットコイン ETF の拒否の歴史との比較が行われています。 SEC による何度も拒否されたにもかかわらず、ビットコインは最終的に規制措置の影響をある程度受けるようになりました。ただし、イーサリアムの場合は大きく異なります。この資産は規制当局との関わりがそれほど長くないからです。

イーサリアム ETF タイムライン: 5 月の重要な日と締め切り
ビットコインETFとイーサリアムETFには異なる背景がある

さらに、ETFの承認の遅れは、これらの商品を提供しようとしている資産管理会社内の問題に起因する可能性もある。これらの企業が規制当局の期待に沿った社内体制の構築など、SECの承認基準を満たす準備が整っているかどうかへの懸念が延期の一因となっている可能性がある。

規制基準を満たすために企業の内部構造を開発することは複雑で時間のかかるプロセスであり、23月XNUMX日の期限を超えてさらなる遅れが生じる可能性があります。この規制上の不確実性は引き続きイーサETFの将来に影を落としており、投資家や市場から離れています。参加者はSECからのさらなる明確化を待っている。

スポットイーサリアムETFの承認が遅れた理由

発売以来数十億ドルの流入を集めたビットコインETFの大成功を受けて、投資家が同様の成長機会を期待する中、イーサリアムに注目が集まっている。しかし、イーサリアムETF承認までの道のりは遅れが目立っており、SECなどの規制機関が慎重なアプローチをとっていることが浮き彫りになっている。

ビットコインが半減期直前の73,000月に史上最高値のXNUMX万XNUMXドルまで急騰したのは、次のような大手企業が提供するETFを通じた投資流入が一因だった。 グレースケール、iシェアーズ、フィデリティ。この成功により、投資家の間でイーサリアムに対する楽観的な見方が高まり、スポットイーサリアムETFを求める声が高まっている。

スポットビットコインETFと比較して慎重な見方

SECがイーサリアムETFにゴーサインを出すことをためらっているのは、投資家保護、特に市場操作や詐欺などの問題に関する懸念から来ている。ゲイリー・ゲンスラー会長は、ビットコインETFの承認前に表明された感情を反映し、これらの課題を強調した。規制当局の慎重な姿勢は、3月にブラックロックのiシェアーズ・イーサリアム・トラストを拒否し、さらなる決定を下す前にパブリックコメントを募集することを選択したことからも明らかだった。

アナリストらは、ビットコインETFの承認に至るまでの状況を彷彿とさせる、SECとETF発行会社との間の関与が限定的である同様のパターンを観察している。特に消費者保護に関して同庁が厳しい監視を行っていることは、ビットコインETFの承認前に発行体との会合が慌ただしく開催されたことからも明らかだった。

イーサリアムの分類をめぐる論争

イーサリアムの共同創設者ジョセフ・ルービン氏とSECとの間の争いも激化し、ルービン氏は規制当局がイノベーションを阻害し、国の財政状況を危険にさらしていると非難した。

ルービン氏は最近の声明で、透明性のあるコミュニケーションや明確な規制ガイドラインがないまま、SECが密かにイーサを有価証券として再分類したことに懸念を表明した。同氏は、SECがオープンな議論や正式な規則制定プロセスに参加するのではなく、戦略的な執行活動に依存していると主張し、SECのアプローチを批判した。

イーサリアム ETF タイムライン: 5 月の重要な日と締め切り
イーサリアムETFタイムライン:15年XNUMX月の重要な日と締め切り

にリンクされたETFの承認に関する議論が展開されるにつれ、論争はさらに深まった。 エーテル。 SECは10月にETFとイーサ先物ベースのETFにゴーサインを出したが、発行体は会合でこれらの承認がスポットイーサ商品の前例となるべきだと主張した。しかし、規制上の懸念に対処しようとしたにもかかわらず、SECスタッフは沈黙を保っており、具体的な問題について明確に述べたり、質問をしたりしなかった。この沈黙により、SECが最終的にETFの申請を拒否するのではないかとの憶測も一部で出ている。

SECとコンセンサスの戦い

同時に、 コンセンサス人気のイーサリアムウォレット「メタマスク」を運営する企業である同社は、スポットイーサリアムETFのSEC承認を求める積極的なロビー活動を行ってこの争いに参入した。彼らは、ビットコインのプルーフ・オブ・ワーク・システムに代わるより安全な代替手段として、イーサリアムがプルーフ・オブ・ステーク・コンセンサス・メカニズムに移行していることを強調しました。コンセンシスはSECに宛てた説得力のある書簡の中で、イーサリアムの堅牢なセキュリティフレームワークを強調し、詐欺や操作に関するSECの懸念は根拠がないと一蹴した。

しかし、コンセンシスとSECの間の緊張は激化し、物議を醸す訴訟にまで発展した。この法廷闘争の結果は重大な意味を持っている。 SECが5月にイーサリアムETFの承認を与えた場合、それはイーサリアムを分類する際の以前の間違いを暗黙的に認めたと解釈される可能性がある。

イーサリアム ETF タイムライン: 5 月の重要な日と締め切り
イーサリアムETFタイムライン:16年XNUMX月の重要な日と締め切り

まとめ

イーサが世界で 2 番目に大きい暗号通貨としての地位を固め、最も影響力のあるブロックチェーン ネットワークの 1 つの基礎としての役割を果たしていることから、イーサリアム ETF のタイムラインは極めて重要な瞬間を迎えています。価格変動に対する懸念にもかかわらず、ビットコインETFの成功によってTradFi分野における仮想通貨の正当性が高まっていることは、イーサリアムETFの差し迫った必要性を浮き彫りにしている。

イーサリアム ETF タイムライン: 5 月の重要な日と締め切り

SECの5月の期限が近づくにつれ、イーサリアムETFのタイムラインは多くの投資家にとって関心のあるトピックとなっている。 Coincu と一緒に、重要な日付について学びましょう。 スポットイーサリアムETFの承認.
イーサリアム ETF タイムライン: 5 月の重要な日と締め切り
イーサリアムETFタイムライン:26年XNUMX月の重要な日と締め切り

スポットイーサリアムETFの概要

スポットイーサリアムETFとは何ですか?

従来の ETF と同様に機能するスポット イーサリアム ETF は、購入と保有を約束する機関によって管理されます。 エテリアム(ETH) 彼らの予備で。

これらのETFはその後、従来のETFに上場されます。 証券取引所、ETFの所有権を表す株式を発行します。トレーダーは、これらの株式を取引することで、イーサリアムが保有する ETH の価値を反映するイーサリアムのリアルタイムの価格変動を知ることができます。

イーサリアム ETF タイムライン: 5 月の重要な日と締め切り
イーサリアムETFタイムライン:27年XNUMX月の重要な日と締め切り

スポットイーサリアムETFの株式を所有することはETFの基礎となるETH準備金へのエクスポージャーを提供しますが、それは個人の直接所有権と同等ではないことを理解することが重要です。 ETHトークン。株主は、仮想通貨そのものではなく、保有するETHの価値に対して権利を主張します。

さらに、ETF を管理する金融機関は、その基礎となるさまざまな戦略を採用する可能性があります。 ETH、ETFの収益を潜在的に高めるために、それを貸し出したり、ステーキング活動に参加したりするなど。

続きを読む: スポットイーサリアムETFとは何ですか?新しいイーサETFはどれほど重要ですか?

スポットイーサリアムETFタイムライン

SEC はさまざまなスポット イーサリアム ETF の期限スケジュールを設定し、仮想通貨投資環境において重要な瞬間を迎えています。の間で SECの承認を待っているETF、2023年2023月にValkyrie Investmentsによって提出されたValkyrie Bitcoin & Ether Strategy ETF(BTF)は、最初に決定に直面するという区別を保持しています。 Valkyrieにとって残念なことに、彼らのETFはXNUMX年XNUMX月にSECによって拒否されました。

これに僅差で続くのが、9年2023月11日を期限とするビットワイズ・ビットコイン&イーサ・イコールウェイトETF(BITC)です。続いて、ボラティリティ・シェアーズが申請したイーサ・ストラテジーETF(ETHU)が2023年XNUMX月XNUMX日を期限として検討される予定です。 。

このリストは合計 16 件の ETF 申請で構成されており、それぞれに特定の期限が割り当てられています。これらの提出書類のうち 16 件は 2023 年 17 月 2023 日が期限であり、18 件は 2023 年 30 月 2023 日が期限となっています。単一の提出期限はそれぞれ XNUMX 年 XNUMX 月 XNUMX 日と XNUMX 年 XNUMX 月 XNUMX 日に設定されています。

イーサリアム ETF タイムライン: 5 月の重要な日と締め切り
スポットイーサリアムETFタイムライン。 出所:ブルームバーグ

からの最近の展開 SEC これには、次のような業界関係者からのイーサリアム ETF 申請に対する 21 月 2 日からの XNUMX 日間のコメント期間の開始が含まれます。 グレースケール、フィデリティ、およびビットワイズ。

差し迫った23月XNUMX日の期限は、投資家と仮想通貨愛好家の両方が待ち望んでいたヴァンエックのETF申請の最終決定日となるため、特に重要な意味を持つ。

続きを読む: スポットイーサリアム ETF とイーサリアム先物 ETF: どちらがより良い投資ですか?

SEC、スポットイーサリアムETFを延期

最近、SEC は提案された事項について決定を下すまでのスケジュールを延長しました。 スポットイーサリアムETF Grayscale と Franklin Templeton によって提出されました。この遅延は、これらのETFの予想される承認または不承認に影響を与え、規制当局内で進行中の審議を示唆する可能性があります。

具体的には、SEC はフランクリン・イーサリアム ETF に関する決定を 11 年 2024 月 23 日まで延期しました。この延長により、SEC は承認、不承認、またはさらなる手続きの開始を決定する前に、提案を検討するための追加の時間を得ることができます。同様に、火曜日の提出書類に示されているように、SECはグレースケール・イーサリアム・トラストの提案の評価を延期し、次の期限を2024年XNUMX月XNUMX日に設定した。

イーサリアム ETF タイムライン: 5 月の重要な日と締め切り
イーサリアムETFタイムライン:28年XNUMX月の重要な日と締め切り

SEC の決定は、Grayscale と Franklin Templeton だけでなく、市場の他の主要企業にも影響を与えます。注目すべきことに、当局はまた、VanEckと ブラックロック。この一連の遅れは、こうした金融商品の承認に対するSECの複雑さと慎重なアプローチを浮き彫りにしている。

いくつかの有名な金融機関 フィデリティとブラックロック、ここ数カ月間、スポットイーサリアムETFの承認を求めてきました。しかし、彼らもSECによる意思決定プロセスの延期に直面している。これは、仮想通貨分野における規制の監視とETF提案に対する徹底的な評価のより広範な傾向を示しています。

続きを読む: Ethereum Dencun: 重要なアップデートによりネットワークの安定性が向上

スポットイーサリアムETFの承認期限

弁護士のスコット・ジョンソン氏は最近、SECによる承認に向けたスポットイーサリアムETFのタイムラインの可能性について洞察を提供し、仮想通貨コミュニティ内で大きな関心を引き起こした。ジョンソン氏は、SECが早ければ2024年2025月にもイーサリアムETFにゴーサインを出す可能性があると示唆している。しかし、このスケジュールがあまりにも野心的であることが判明した場合、承認はXNUMX年半ばまでに予想される可能性がある。

この憶測はSECのスポットビットコインETFの扱いに根ざしており、同委員会はETF登録届出書に対する最初のコメントからS-1フォームの修正まで驚くほど短期間で移行するという顕著な効率性を示した。同様のことを考えると、特に2023年XNUMX月にスポットイーサリアムETFの期限が迫っている中で、SECがイーサリアムETFに対して同様に迅速なプロセスを採用するかどうか、観測筋は疑問を抱いている。

VanEckとARKからのイーサETFに対する申請をSECが裁定する最終期限は、それぞれ23月24日とXNUMX月XNUMX日に設定されており、決定日が差し迫っていることで状況はさらに緊急性を増している。これらの決定の結果は、イーサリアムETFに対するSECのスタンスとその承認の潜在的なスケジュールについてのさらなる洞察を提供する可能性があります。

続きを読む: イーサリアムETFの応用:新たなブレークスルーの可能性はあるのか?

スポットイーサリアムETFの承認に対する悲観論

仮想通貨ETFの承認を目指す旅

スポットイーサリアムETFの承認の可能性は、仮想通貨市場における重要なマイルストーンとなる準備が整っており、デジタル資産がより広く受け入れられ、従来の投資ポートフォリオに統合されることを示しています。

しかし、米国でのスポットイーサリアムETFの立ち上げをめぐる現在の感情は主に悲観的です。この件に詳しい内部関係者らは、SECとスポットイーサリアムETF申請者との間の会合は一方的で、提案された商品についての実質的な議論や、ETF申請審査中に通常提起される懸念への対応が欠けていたことを明らかにした。

SEC の反仮想通貨スタンス

米国における仮想通貨ETFの承認に向けた道のりは、期待と挫折に満ちていた。スポットビットコインETFの承認に向けたSECの歩みは重要なマイルストーンとなったが、アナリストによる最近の観察は、ビットコインETFの承認の可能性が低下していることを示唆している。 スポットイーサリアムETFの承認 5月までに。 SEC委員長 ゲイリー・ゲンスラー暗号通貨に対する同社のスタンス、特にビットコインを有価証券ではなく商品として分類していることは、イーサリアムの規制上の分類をめぐる不確実性をさらに高めています。

いくつかの米国企業とイーサリアム財団との取引に関する最近の調査で明らかなように、ゲンスラー氏の指導の下、SEC内に広がっている反暗号通貨感情はますます明らかになっている。これらの調査は、プルーフ・オブ・ステークのブロックチェーンと関連トークンが投資契約とみなされる可能性があることを示唆するSECの声明に続いて行われた。さらに、投資家向けのサービスとしてのステーキングを中心に、CoinbaseやKrakenなどの著名な取引所に対して訴訟が起こされている。

イーサリアム ETF タイムライン: 5 月の重要な日と締め切り
イーサリアムETFタイムライン:29年XNUMX月の重要な日と締め切り

規制の不確実性と監視

米国企業との関係の精査 イーサリアム財団 これは、仮想通貨とそれに関連する活動を取り巻く規制の不確実性を強調しています。ゲンスラー氏のリーダーシップはデジタル資産に対してより慎重なアプローチを示唆しており、SECはブロックチェーン技術やトークンの提供など暗号エコシステムのさまざまな側面を精査している。

の分類 プルーフ・オブ・ステーク ブロックチェーン 投資契約としてのトークンは規制環境にさらなる複雑さをもたらし、ブロックチェーンプロジェクトとその関連会社の運営に影響を与える可能性があります。ステーキング・アズ・ア・サービスを巡る取引所に対する訴訟は、SECが投資家保護に注力していることと、仮想通貨業界における証券規制の順守を確実にしようとする意図を浮き彫りにしている。

業界の楽観主義と規制のハードル

課題にもかかわらず、フィデリティ、インベスコ、ブラックロックなどの業界大手は、仮想通貨コミュニティ内の引き続き楽観的な見方を反映して、スポットイーサリアムETFの申請を提出した。しかし、規制上のハードルは依然として存在しており、SECは投資家保護を優先しており、承認されたETFに対して厳しい監視とコンプライアンス要件を課す可能性が高い。

規制環境は依然として不確実であり、承認プロセスの遅延や SEC のアプローチの変更の可能性があります。イーサリアムETFの承認の可能性は、仮想通貨市場にとって大きな前進を意味する一方、デジタル資産の進化する状況における規制の枠組みを乗り切ることの複雑さと課題も浮き彫りにしている。

SECがスポットイーサリアムETFの承認を5月に遅らせたらどうなるか

SECがヴァンエックによるイーサリアムETFへのスポット申請を却下すれば、年内に他の著名な投資会社からの同様の申請が却下される可能性が高い前例となる可能性がある。アーク・インベストメント、グレイスケール、フランクリン・テンプルトン、インベスコ・ギャラクシー、ブラックロックなどの企業はいずれもイーサリアムETFの立ち上げに興味を示している。

スポットイーサリアムETFの承認を遅らせるというSECの最近の決定は、イーサETFの可能性に影を落とし、より広範な機関への受け入れを期待して高まっていた勢いを止めた。これらのETFは、投資家が仮想通貨にアクセスするための規制された経路とみなされてきましたが、規制の不確実性の中でその将来は現在不確実であり、投資家心理とETFのパフォーマンスの両方に影響を与えています。

イーサリアム ETF タイムライン: 5 月の重要な日と締め切り
イーサリアムETFタイムライン:30年XNUMX月の重要な日と締め切り

SECによるスポットETFの承認の遅れは、イーサETFにとって一時的な後退とみられている。この決定により、そのような投資手段の将来について懸念が生じていますが、イーサリアムへの当面の影響は限定的である可能性があります。これは投資家がSECの否決を予想しており、結果に対して心の準備をする時間を与えていたことも一因だ。

過去 10 年間のビットコイン ETF の拒否の歴史との比較が行われています。 SEC による何度も拒否されたにもかかわらず、ビットコインは最終的に規制措置の影響をある程度受けるようになりました。ただし、イーサリアムの場合は大きく異なります。この資産は規制当局との関わりがそれほど長くないからです。

イーサリアム ETF タイムライン: 5 月の重要な日と締め切り
ビットコインETFとイーサリアムETFには異なる背景がある

さらに、ETFの承認の遅れは、これらの商品を提供しようとしている資産管理会社内の問題に起因する可能性もある。これらの企業が規制当局の期待に沿った社内体制の構築など、SECの承認基準を満たす準備が整っているかどうかへの懸念が延期の一因となっている可能性がある。

規制基準を満たすために企業の内部構造を開発することは複雑で時間のかかるプロセスであり、23月XNUMX日の期限を超えてさらなる遅れが生じる可能性があります。この規制上の不確実性は引き続きイーサETFの将来に影を落としており、投資家や市場から離れています。参加者はSECからのさらなる明確化を待っている。

スポットイーサリアムETFの承認が遅れた理由

発売以来数十億ドルの流入を集めたビットコインETFの大成功を受けて、投資家が同様の成長機会を期待する中、イーサリアムに注目が集まっている。しかし、イーサリアムETF承認までの道のりは遅れが目立っており、SECなどの規制機関が慎重なアプローチをとっていることが浮き彫りになっている。

ビットコインが半減期直前の73,000月に史上最高値のXNUMX万XNUMXドルまで急騰したのは、次のような大手企業が提供するETFを通じた投資流入が一因だった。 グレースケール、iシェアーズ、フィデリティ。この成功により、投資家の間でイーサリアムに対する楽観的な見方が高まり、スポットイーサリアムETFを求める声が高まっている。

スポットビットコインETFと比較して慎重な見方

SECがイーサリアムETFにゴーサインを出すことをためらっているのは、投資家保護、特に市場操作や詐欺などの問題に関する懸念から来ている。ゲイリー・ゲンスラー会長は、ビットコインETFの承認前に表明された感情を反映し、これらの課題を強調した。規制当局の慎重な姿勢は、3月にブラックロックのiシェアーズ・イーサリアム・トラストを拒否し、さらなる決定を下す前にパブリックコメントを募集することを選択したことからも明らかだった。

アナリストらは、ビットコインETFの承認に至るまでの状況を彷彿とさせる、SECとETF発行会社との間の関与が限定的である同様のパターンを観察している。特に消費者保護に関して同庁が厳しい監視を行っていることは、ビットコインETFの承認前に発行体との会合が慌ただしく開催されたことからも明らかだった。

イーサリアムの分類をめぐる論争

イーサリアムの共同創設者ジョセフ・ルービン氏とSECとの間の争いも激化し、ルービン氏は規制当局がイノベーションを阻害し、国の財政状況を危険にさらしていると非難した。

ルービン氏は最近の声明で、透明性のあるコミュニケーションや明確な規制ガイドラインがないまま、SECが密かにイーサを有価証券として再分類したことに懸念を表明した。同氏は、SECがオープンな議論や正式な規則制定プロセスに参加するのではなく、戦略的な執行活動に依存していると主張し、SECのアプローチを批判した。

イーサリアム ETF タイムライン: 5 月の重要な日と締め切り
イーサリアムETFタイムライン:31年XNUMX月の重要な日と締め切り

にリンクされたETFの承認に関する議論が展開されるにつれ、論争はさらに深まった。 エーテル。 SECは10月にETFとイーサ先物ベースのETFにゴーサインを出したが、発行体は会合でこれらの承認がスポットイーサ商品の前例となるべきだと主張した。しかし、規制上の懸念に対処しようとしたにもかかわらず、SECスタッフは沈黙を保っており、具体的な問題について明確に述べたり、質問をしたりしなかった。この沈黙により、SECが最終的にETFの申請を拒否するのではないかとの憶測も一部で出ている。

SECとコンセンサスの戦い

同時に、 コンセンサス人気のイーサリアムウォレット「メタマスク」を運営する企業である同社は、スポットイーサリアムETFのSEC承認を求める積極的なロビー活動を行ってこの争いに参入した。彼らは、ビットコインのプルーフ・オブ・ワーク・システムに代わるより安全な代替手段として、イーサリアムがプルーフ・オブ・ステーク・コンセンサス・メカニズムに移行していることを強調しました。コンセンシスはSECに宛てた説得力のある書簡の中で、イーサリアムの堅牢なセキュリティフレームワークを強調し、詐欺や操作に関するSECの懸念は根拠がないと一蹴した。

しかし、コンセンシスとSECの間の緊張は激化し、物議を醸す訴訟にまで発展した。この法廷闘争の結果は重大な意味を持っている。 SECが5月にイーサリアムETFの承認を与えた場合、それはイーサリアムを分類する際の以前の間違いを暗黙的に認めたと解釈される可能性がある。

イーサリアム ETF タイムライン: 5 月の重要な日と締め切り
イーサリアムETFタイムライン:32年XNUMX月の重要な日と締め切り

まとめ

イーサが世界で 2 番目に大きい暗号通貨としての地位を固め、最も影響力のあるブロックチェーン ネットワークの 1 つの基礎としての役割を果たしていることから、イーサリアム ETF のタイムラインは極めて重要な瞬間を迎えています。価格変動に対する懸念にもかかわらず、ビットコインETFの成功によってTradFi分野における仮想通貨の正当性が高まっていることは、イーサリアムETFの差し迫った必要性を浮き彫りにしている。

203 回訪問、今日 1 回訪問