ステーブルコインの種類、その安定性、価値を理解する

ステーブルコインは、従来の通貨と非常に不安定なデジタル資産の世界を結び付ける際に果たす独特の機能により、暗号通貨分野で非常に重要な役割を果たしています。これらの価格が安定したデジタル通貨は、資産としての柔軟性を維持しながら、仮想通貨の本質的に不安定な状態に対する比類のないソリューションを提供します。ステーブルコインの種類について学びましょう コインク 記事上で。
ステーブルコインの種類、その安定性、価値を理解する
ステーブルコインの種類、その安定性、価値を理解する 7

安定コインとは何ですか?

ステーブルコインは暗号通貨の分野における偉大なイノベーションであり、堅牢性、信頼性、バランスを意味する「stable」に由来しています。これらは、その価値を別の資産、主に米ドルやユーロの価値、場合によっては金などの商品に固定するように注意深く設計されています。この関係は、悪名高い変動の中でも価格を安定に保つために機能します。 暗号通貨市場。

ステーブルコインは、非常に短い時間でも価値が大きく変動する可能性がある他のデジタル通貨とは異なり、より安定した信頼性の高い価値の保存手段です。この安定性はペギングによって実現されます。 ステーブルコインの価格 市場内の価格変動に対抗するために、確立された資産に投資します。

ステーブルコインの種類、その安定性、価値を理解する
ステーブルコインの種類、その安定性、価値を理解する 8

ほとんどの暗号通貨取引所で運用されているステーブルコインは、 取引 簡単かつ便利に資産を移転できます。また、ブロックチェーン技術を活用してピアツーピアトランザクションを可能にし、効率性と仲介者からの独立性を高めます。

ステーブルコインの作成の背後にあるアイデアは、従来の暗号通貨の変動性を回避しながら、価値を確実に取引するための手段を作成することでした。そうすることで、仮想通貨空間内で行われる金銭取引や運用に対する信頼と自信がさらに高まりました。

ステーブルコインは、法定通貨とリンクされる以外に、貴金属や他の暗号通貨などの他の資産によって裏付けられる場合もあります。これにより、市場のさまざまな状況においてさらに多用途かつ適応できるようになり、使いやすさと魅力が高まります。

続きを読む: トップ 3 アルゴリズム ステーブルコインの詳細な説明

Stablecoinsの種類

フィアットに裏打ちされたステーブルコイン

たとえば、法定通貨に裏付けられたステーブルコインは、米ドルやユーロなどの従来の通貨の代表的なものです。ステーブルコインは法定通貨の担保によって価値の安定性を約束できるため、取引、送金、 とDeFi。法定通貨に裏付けられたステーブルコインは、ステーブルコインの種類の中に存在するさまざまなカテゴリーの最前線にあります。

基本的に、法定通貨に裏付けられたステーブルコインは、ステーブルコインの価値と担保された法定通貨との間の 1 対 1 の価値対応を維持するために、主に米ドルなどの主権通貨の準備金を保持します。貴金属や商品などの他の資産が担保として使用されている一方で、米ドルの顕著性はその安定性を強調しています。 これらのデジタル通貨 を提供しようとしています。

顕著な例

法定通貨に裏付けされたステーブルコインを扱う発行者の例としては、次のようなものがあります。 Tether USDTと サークル USDCと。たとえば、発行者は一定数のトークンを流通させるために、同額のドル準備金を提供する必要があります。さらに、これらの埋蔵量は独立して保管され、コンプライアンスに関して定期的に監査されるため、エコシステムの透明性と信頼性が確保されます。

ステーブルコインの種類、その安定性、価値を理解する
テザーは法定通貨に裏付けられたステーブルコインです

ユースケース

法定通貨に裏付けられたステーブルコインの使用は、その流動性と安定性により、貸付、借入、取引といった DeFi 活動に深く応用されています。ただし、リスクも多く、輝くものだけが金というわけではありません。 中央集権、不安定な資産準備金、独立した監査の欠如は深刻な課題です。それにもかかわらず、価格操作と流動性に対するその回復力により、仮想通貨の世界において重要な役割を果たしています。

暗号で裏打ちされたstablecoins

ステーブルコインの種類には、暗号通貨に裏付けされたステーブルコインが欠かせません。これらのデジタル資産は、担保として保持されている暗号通貨を使用することで安定に保たれているため、ビジネスに機会と課題をもたらします。 暗号空間。

暗号通貨に裏付けされたステーブルコインの場合、アルゴリズムは過剰担保のプロセスで動作するため、ある程度の量のステーブルコインを鋳造するには、予備の暗号通貨の余剰が必要になります。これは、暗号通貨固有のボラティリティから保護するための予防措置です。例えば、 MakerDAOのDAIは、最も優れた暗号通貨に裏付けされたステーブルコインの 1 つであり、米ドルとのペッグの安定性を確保するために過剰担保が必要です。

ステーブルコインの種類、その安定性、価値を理解する
DAIは暗号通貨に裏付けされたステーブルコインです

顕著な例

暗号通貨に裏付けされたステーブルコインは、法定通貨に依存する他の通貨と比較して、さらに複雑な層を追加します。 不安定な暗号通貨。それでも、その複雑さを考慮すると、金融取引における分散化と自律性を求めるユーザーの間では引き続き好まれる選択肢となっています。 MakerDAO の Dai (DAI) と Reserve Rights (RSV) は、創造的なメカニズムを使用して市場変動時に安定性を維持する有名な例です。

ユースケース

分散化とトラストレス構造は、暗号通貨に裏付けされたステーブルコインの特徴です。ただし、分散化によってリスクが完全に免れるわけではありません。予備暗号通貨の価値の変動は、そのようなステーブルコインの安定性に対する絶え間ない脅威として機能します。原資産の自動清算は、このようなシステムが市場の混乱時に使用するセーフティネットです。

コモディティに裏打ちされたステーブルコイン

したがって、物理的な商品に支えられた商品裏付けのステーブルコインは、貴重な資産にアクセスできるようにデジタル世界と物理世界を結び付けます。さらに、資産所有のための別のパイプとしてトークン化された資産が成長しており、暗号通貨分野への投資能力がさらに高まっています。コモディティ裏付けステーブルコインは、ステーブルコインの種類の中で最も安定したタイプのステーブルコインです。

一方、 金に裏付けされたステーブルコイン 採用と実用性が大きく広がっている一方で、他の商品に裏付けられたステーブルコインはそのような機能を再現する際に課題を引き起こしています。たとえば、ベネズエラのペトロ ステーブルコインは石油 1 バレルと引き換えられる価値を持たないため、その実用性と採用が制限されています。しかし、不動産などのさまざまな商品に裏付けられたステーブルコインへの関心は、このヘッドの下でアクティブなプロジェクトの数が少ないにもかかわらず高まっており、この分野でのさらなる拡大と革新の潜在力を示しています。

ステーブルコインの種類、その安定性、価値を理解する
ゴールドは裏付けのあるステーブルコイン資産として使用可能

コモディティに裏付けされたステーブルコインの台頭と並行して、資産のトークン化が、暗号領域内での資産所有のための別の手段として浮上しています。トークン化された資産は、金などの外部の取引可能な資産から価値を引き出し、多様化とアクセスの代替手段を提供します。 投資家のための伝統的な市場。

続きを読む: ゴールドトークン化されたNFTとゴールド裏付けのステーブルコインの違いは何ですか?

顕著な例

商品に裏付けされたステーブルコインは、金、不動産、金属などの資産によって担保されているため、新しい種類の暗号通貨の安定性を表します。間違いなく、金はコモディティの中で最も人気があり、Paxos Gold (PAXG) や テザーゴールド(XAUT) 取り組みの先駆者です。したがって、ステーブルコインは金の価格を反映するだけでなく、実際の商品の所有と保管の複雑さを回避しながら、より従来の暗号通貨のような実用性を提供します。

続きを読む: PAX ゴールド (PAXG) とは何ですか?またその仕組みは何ですか?

ユースケース

コモディティに裏付けされたステーブルコインには、資産を表すだけでなく、多くの人がアクセスできなかった投資や取引を可能にする有用性があります。このような資産は​​、たとえば保有者が十分な残高を持ち、本人確認プロセスを経ている場合、PAXG または XAUT を通じて引き換えることができます。そうすることで、投資家は残高を交換することができます。 デジタル資産 物理的なものについては。これにより、エコシステム内の信頼性と流動性の尺度が生まれます。

アルゴリズムのstablecoins

アルゴリズムの核心 安定したコイン アルゴリズムとスマートコントラクトの高度な相互作用があり、価格を安定させるために需要と供給のダイナミクスを連動させます。このようなステーブルコインは、従来の担保方法を無視しますが、アルゴリズム介入を使用して、一般的な市場状況に基づいて供給を調整します。アルゴリズムステーブルコインも、ステーブルコインの種類の中で最も人気のあるコインの 1 つです。

続きを読む: アルゴリズムステーブルコインとは何ですか? DeFiにおける彼らの未来はどうなるのか

ユースケース

アルゴリズムステーブルコインの独自の経路は、法定通貨に裏付けられた、または仮想通貨に裏付けされた過剰担保型のコインとはそれぞれ異なります。アルゴリズムとインセンティブを使用して、これらは動的に価格の安定を実現します。たとえば、価格がペッグを超えて上昇すると、これらのステーブルコインは新しいトークンを発行して供給を薄め、価格のインフレを抑制します。一方で、価格が下落傾向にある場合は、新しいトークンの発行が停止され、価格の回復を促すために供給が制限されます。

市場のダイナミクスと脆弱性

アルゴリズムのステーブルコインは、監査可能なコードのみによって支配される透明性と分散化を提供しますが、その運用の回復力は、ユーザーがアルゴリズムのメカニズムを信頼するかどうかに依存しています。中央銀行とは対照的に、アルゴリズムステーブルコイン発行者には制度的信頼性や規制上の監視が不足しており、市場の混乱が発生した際の影響が拡大します。金融政策を決定する中央当局が存在しないため、アルゴリズムの安定メカニズムの脆弱性が強調され、分散型ガバナンスモデルのリスクが強調されます。

ステーブルコインの種類、その安定性、価値を理解する
TerraUSDはステーブルコインの歴史における大惨事である

本質的に革新的ではありますが、アルゴリズムのステーブルコインは市場の脆弱性から隔離されているわけではありません。最近、TerraUSD (UST) のペッグ解除事件により、これらのステーブルコインが市場の需要の変化に対して敏感であることが証明されました。 TerraUSD の崩壊は、巨額の売りが発生したことを意味し、投資家の富に多大な損失をもたらし、最終的にはアルゴリズムの安定性のメカニズムに対する信頼の危機を引き起こしました。この事例は、アルゴリズムのステーブルコインの重要な依存関係を強調しています。 市場センチメントについて、需要の低下が安定性に対する存続の脅威となる場合。

続きを読む: トップ 3 アルゴリズム ステーブルコインの詳細な説明

顕著な例

市場のボラティリティと信頼不足という課題を考慮しても、アルゴリズムステーブルコインは、その革新的な可能性と分散型精神により引き続き関心を集めています。 USDD、Frax、 そしてエテナUSDe アルゴリズムの安定性メカニズムを改善し、市場のショックに対する回復力を高めるための継続的な取り組みの 1 つです。

ステーブルコインの特徴

価格の安定性で有名なデジタル通貨であるステーブルコインは、進化し続ける暗号通貨の中で際立ったいくつかの重要な特徴を備えています。

ステーブルコインの中核には、安定した価格を維持する比類のない能力があります。この偉業は通常、法定通貨(米ドルなど)へのペッグ、金や暗号通貨などの資産による担保、または需要と供給のダイナミクスを調整するための複雑なアルゴリズムの採用など、さまざまな方法を通じて達成されます。

ステーブルコインの特徴は、安定性を担保に依存していることです。従来の通貨であっても、米ドルであっても、金やビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨などの代替資産であっても、ステーブルコインは目に見える価値に裏付けられています。

ステーブルコインは、特に暗号通貨取引や分散型金融(DeFi)の急成長分野で広く採用されています。

ステーブルコインの安定性により、ユーザーを大幅な価格変動にさらすことなく、ステーブルコインと他の資産との間のシームレスな変換が容易になります。

ステーブルコインの特定の反復は、中央金融機関や従来の銀行システムを必要とせずに自律的に動作するように設計されています。

ステーブルコインの重要性

ステーブルコインの重要性は、暗号通貨取引の領域を超えています。これらは、特に分散型金融(DeFi)プラットフォーム内での取引における基本通貨として広範な有用性を見出しています。ここで、ユーザーは貸し借りのメカニズムを通じて高金利を活用する機会を活用します。

世界金融経済のより広範な文脈において、迅速性、費用対効果、仲介業者への最小限の依存を特徴とする決済システムの需要がますます明らかになってきています。ステーブルコインは、従来の支払い方法に代わるシームレスな代替手段として、このニーズを効果的に満たします。

ビットコインやイーサリアムのような分散型暗号通貨は主流の採用のハードルに苦労していますが、法定通貨に裏付けられたステーブルコインは交換媒体として受け入れられるためのより現実的な道を示しています。確立された法定通貨との本質的なつながりにより、ユーザーに信頼と親しみが生まれます。

ステーブルコインは法定通貨の永続的な安定性を考慮すると、法定通貨に完全に取って代わることはできませんが、法定通貨のデジタル補完として機能することは注目に値します。

広く認知された価値単位として機能するステーブルコインは、仮想通貨市場と従来の金融環境を橋渡しするパイプ役です。

結論: ステーブルコインの種類

一方、ステーブルコインは、内部で取引を行いたい人に価値の保存と交換媒体を提供します。 デジタル経済、それほど大きな価格変動にさらされていません。

仮想通貨は金融管理の伝統的な概念に挑戦していますが、そのボラティリティは依然としてその大量導入に対する最大の障害となっています。次に、デジタル経済のユーザーにとって安定性と信頼性を実現する非常に有望なソリューション、つまりデジタル金融の将来となるステーブルコインの登場です。この文書がステーブルコインの種類とそのメカニズムを理解するのにさらに光を与えてくれれば幸いです。

よくあるご質問

ステーブルコインは何枚ありますか?

数多くのステーブルコインが存在し、定期的にさらに多くのコインが作成されています。 CoinMarketCap によると、現時点で 170 以上のステーブルコインが流通しています。

正確な数は、新しい製品の発売や市場の変化により変動する可能性がありますが、イーサリアム、バイナンス スマート チェーンなどのさまざまなブロックチェーン プラットフォームで数十が利用可能です。いくつかのよく知られたステーブルコインには、テザー (USDT)、 USDコイン(USDC)、ダイ(DAI)、 TrueUSD(TUSD)、Paxos Standard (PAX) などがあります。

どのステーブルコインが最高ですか?

「最適な」ステーブルコインの決定は、安定性、透明性、流動性、規制遵守、特定の使用例などのさまざまな要因に依存します。テザーは最大の市場シェアを保持しており、仮想通貨取引所やプラットフォーム全体で広く受け入れられています。ただし、次のようないくつかのステーブルコイン USDコイン(USDC) Paxos Standard (PAX) は、埋蔵金の監査を定期的に公開することで透明性を優先しています。これらは現時点で最高のステーブルコインと考えられます。

CBDCはステーブルコインの一種ですか?

中央銀行デジタル通貨 (CBDC) とステーブルコインにはいくつかの類似点がありますが、まったく同じではありません。

CBDC は中央銀行が発行するデジタル通貨を指しますが、ステーブルコインは通常、民間の団体や組織によって発行されます。 CBDC とステーブルコインはどちらも法定通貨のデジタル表現を提供することを目的としていますが、発行者、基盤となるテクノロジー、ガバナンスの点で異なります。

上位 3 つのステーブルコインは何ですか?

時価総額と使用量の上位 3 つのステーブルコインは次のとおりです。

  • テザー(USDT): テザーは最も広く使用されているステーブルコインであり、時価総額が最大です。
  • USDコイン(USDC): USD Coinは規制された金融機関によって発行されたステーブルコインであり、イーサリアムおよびアルゴランドのブロックチェーン上で動作します。
  • ダイ(DAI): Dai は、MakerDAO プロトコルによってイーサリアム ブロックチェーン上で発行された分散型ステーブルコインです。

USDTとはどのような種類のステーブルコインですか?

テザー (USDT) は、「法定通貨担保型」または「集中型」ステーブルコインとして知られるステーブルコインの一種です。これは、各 USDT トークンが、発行会社である Tether Limited によって保管されている米ドルなどの現実世界の法定通貨の準備金によって裏付けられていると考えられることを意味します。

最も安全なステーブルコインはどれですか?

絶対的に最も安全なステーブルコインを決定することは、個人の好みやリスク許容度に依存するため、難しい場合があります。ただし、強力な規制遵守、透明性、堅牢な準備メカニズムに裏付けられた、評判の高い企業やプロジェクトによって発行されたステーブルコインは、一般的により安全であると考えられています。

これらの基準に基づいて、USD コイン (USDC) とジェミニ ダラー (GUSD) は、最も安全なステーブルコインの 1 つとみなされます。どちらも信頼できる機関(USDCの場合はCoinbaseとCircle、GUSDの場合はGemini Trust Company)によって規制および発行されており、透明性を確保し法定通貨準備金による裏付けを確認するために定期的な監査を受けています。

ステーブルコインの種類、その安定性、価値を理解する

ステーブルコインは、従来の通貨と非常に不安定なデジタル資産の世界を結び付ける際に果たす独特の機能により、暗号通貨分野で非常に重要な役割を果たしています。これらの価格が安定したデジタル通貨は、資産としての柔軟性を維持しながら、仮想通貨の本質的に不安定な状態に対する比類のないソリューションを提供します。ステーブルコインの種類について学びましょう コインク 記事上で。
ステーブルコインの種類、その安定性、価値を理解する
ステーブルコインの種類、その安定性、価値を理解する 15

安定コインとは何ですか?

ステーブルコインは暗号通貨の分野における偉大なイノベーションであり、堅牢性、信頼性、バランスを意味する「stable」に由来しています。これらは、その価値を別の資産、主に米ドルやユーロの価値、場合によっては金などの商品に固定するように注意深く設計されています。この関係は、悪名高い変動の中でも価格を安定に保つために機能します。 暗号通貨市場。

ステーブルコインは、非常に短い時間でも価値が大きく変動する可能性がある他のデジタル通貨とは異なり、より安定した信頼性の高い価値の保存手段です。この安定性はペギングによって実現されます。 ステーブルコインの価格 市場内の価格変動に対抗するために、確立された資産に投資します。

ステーブルコインの種類、その安定性、価値を理解する
ステーブルコインの種類、その安定性、価値を理解する 16

ほとんどの暗号通貨取引所で運用されているステーブルコインは、 取引 簡単かつ便利に資産を移転できます。また、ブロックチェーン技術を活用してピアツーピアトランザクションを可能にし、効率性と仲介者からの独立性を高めます。

ステーブルコインの作成の背後にあるアイデアは、従来の暗号通貨の変動性を回避しながら、価値を確実に取引するための手段を作成することでした。そうすることで、仮想通貨空間内で行われる金銭取引や運用に対する信頼と自信がさらに高まりました。

ステーブルコインは、法定通貨とリンクされる以外に、貴金属や他の暗号通貨などの他の資産によって裏付けられる場合もあります。これにより、市場のさまざまな状況においてさらに多用途かつ適応できるようになり、使いやすさと魅力が高まります。

続きを読む: トップ 3 アルゴリズム ステーブルコインの詳細な説明

Stablecoinsの種類

フィアットに裏打ちされたステーブルコイン

たとえば、法定通貨に裏付けられたステーブルコインは、米ドルやユーロなどの従来の通貨の代表的なものです。ステーブルコインは法定通貨の担保によって価値の安定性を約束できるため、取引、送金、 とDeFi。法定通貨に裏付けられたステーブルコインは、ステーブルコインの種類の中に存在するさまざまなカテゴリーの最前線にあります。

基本的に、法定通貨に裏付けられたステーブルコインは、ステーブルコインの価値と担保された法定通貨との間の 1 対 1 の価値対応を維持するために、主に米ドルなどの主権通貨の準備金を保持します。貴金属や商品などの他の資産が担保として使用されている一方で、米ドルの顕著性はその安定性を強調しています。 これらのデジタル通貨 を提供しようとしています。

顕著な例

法定通貨に裏付けされたステーブルコインを扱う発行者の例としては、次のようなものがあります。 Tether USDTと サークル USDCと。たとえば、発行者は一定数のトークンを流通させるために、同額のドル準備金を提供する必要があります。さらに、これらの埋蔵量は独立して保管され、コンプライアンスに関して定期的に監査されるため、エコシステムの透明性と信頼性が確保されます。

ステーブルコインの種類、その安定性、価値を理解する
テザーは法定通貨に裏付けられたステーブルコインです

ユースケース

法定通貨に裏付けられたステーブルコインの使用は、その流動性と安定性により、貸付、借入、取引といった DeFi 活動に深く応用されています。ただし、リスクも多く、輝くものだけが金というわけではありません。 中央集権、不安定な資産準備金、独立した監査の欠如は深刻な課題です。それにもかかわらず、価格操作と流動性に対するその回復力により、仮想通貨の世界において重要な役割を果たしています。

暗号で裏打ちされたstablecoins

ステーブルコインの種類には、暗号通貨に裏付けされたステーブルコインが欠かせません。これらのデジタル資産は、担保として保持されている暗号通貨を使用することで安定に保たれているため、ビジネスに機会と課題をもたらします。 暗号空間。

暗号通貨に裏付けされたステーブルコインの場合、アルゴリズムは過剰担保のプロセスで動作するため、ある程度の量のステーブルコインを鋳造するには、予備の暗号通貨の余剰が必要になります。これは、暗号通貨固有のボラティリティから保護するための予防措置です。例えば、 MakerDAOのDAIは、最も優れた暗号通貨に裏付けされたステーブルコインの 1 つであり、米ドルとのペッグの安定性を確保するために過剰担保が必要です。

ステーブルコインの種類、その安定性、価値を理解する
DAIは暗号通貨に裏付けされたステーブルコインです

顕著な例

暗号通貨に裏付けされたステーブルコインは、法定通貨に依存する他の通貨と比較して、さらに複雑な層を追加します。 不安定な暗号通貨。それでも、その複雑さを考慮すると、金融取引における分散化と自律性を求めるユーザーの間では引き続き好まれる選択肢となっています。 MakerDAO の Dai (DAI) と Reserve Rights (RSV) は、創造的なメカニズムを使用して市場変動時に安定性を維持する有名な例です。

ユースケース

分散化とトラストレス構造は、暗号通貨に裏付けされたステーブルコインの特徴です。ただし、分散化によってリスクが完全に免れるわけではありません。予備暗号通貨の価値の変動は、そのようなステーブルコインの安定性に対する絶え間ない脅威として機能します。原資産の自動清算は、このようなシステムが市場の混乱時に使用するセーフティネットです。

コモディティに裏打ちされたステーブルコイン

したがって、物理的な商品に支えられた商品裏付けのステーブルコインは、貴重な資産にアクセスできるようにデジタル世界と物理世界を結び付けます。さらに、資産所有のための別のパイプとしてトークン化された資産が成長しており、暗号通貨分野への投資能力がさらに高まっています。コモディティ裏付けステーブルコインは、ステーブルコインの種類の中で最も安定したタイプのステーブルコインです。

一方、 金に裏付けされたステーブルコイン 採用と実用性が大きく広がっている一方で、他の商品に裏付けられたステーブルコインはそのような機能を再現する際に課題を引き起こしています。たとえば、ベネズエラのペトロ ステーブルコインは石油 1 バレルと引き換えられる価値を持たないため、その実用性と採用が制限されています。しかし、不動産などのさまざまな商品に裏付けられたステーブルコインへの関心は、このヘッドの下でアクティブなプロジェクトの数が少ないにもかかわらず高まっており、この分野でのさらなる拡大と革新の潜在力を示しています。

ステーブルコインの種類、その安定性、価値を理解する
ゴールドは裏付けのあるステーブルコイン資産として使用可能

コモディティに裏付けされたステーブルコインの台頭と並行して、資産のトークン化が、暗号領域内での資産所有のための別の手段として浮上しています。トークン化された資産は、金などの外部の取引可能な資産から価値を引き出し、多様化とアクセスの代替手段を提供します。 投資家のための伝統的な市場。

続きを読む: ゴールドトークン化されたNFTとゴールド裏付けのステーブルコインの違いは何ですか?

顕著な例

商品に裏付けされたステーブルコインは、金、不動産、金属などの資産によって担保されているため、新しい種類の暗号通貨の安定性を表します。間違いなく、金はコモディティの中で最も人気があり、Paxos Gold (PAXG) や テザーゴールド(XAUT) 取り組みの先駆者です。したがって、ステーブルコインは金の価格を反映するだけでなく、実際の商品の所有と保管の複雑さを回避しながら、より従来の暗号通貨のような実用性を提供します。

続きを読む: PAX ゴールド (PAXG) とは何ですか?またその仕組みは何ですか?

ユースケース

コモディティに裏付けされたステーブルコインには、資産を表すだけでなく、多くの人がアクセスできなかった投資や取引を可能にする有用性があります。このような資産は​​、たとえば保有者が十分な残高を持ち、本人確認プロセスを経ている場合、PAXG または XAUT を通じて引き換えることができます。そうすることで、投資家は残高を交換することができます。 デジタル資産 物理的なものについては。これにより、エコシステム内の信頼性と流動性の尺度が生まれます。

アルゴリズムのstablecoins

アルゴリズムの核心 安定したコイン アルゴリズムとスマートコントラクトの高度な相互作用があり、価格を安定させるために需要と供給のダイナミクスを連動させます。このようなステーブルコインは、従来の担保方法を無視しますが、アルゴリズム介入を使用して、一般的な市場状況に基づいて供給を調整します。アルゴリズムステーブルコインも、ステーブルコインの種類の中で最も人気のあるコインの 1 つです。

続きを読む: アルゴリズムステーブルコインとは何ですか? DeFiにおける彼らの未来はどうなるのか

ユースケース

アルゴリズムステーブルコインの独自の経路は、法定通貨に裏付けられた、または仮想通貨に裏付けされた過剰担保型のコインとはそれぞれ異なります。アルゴリズムとインセンティブを使用して、これらは動的に価格の安定を実現します。たとえば、価格がペッグを超えて上昇すると、これらのステーブルコインは新しいトークンを発行して供給を薄め、価格のインフレを抑制します。一方で、価格が下落傾向にある場合は、新しいトークンの発行が停止され、価格の回復を促すために供給が制限されます。

市場のダイナミクスと脆弱性

アルゴリズムのステーブルコインは、監査可能なコードのみによって支配される透明性と分散化を提供しますが、その運用の回復力は、ユーザーがアルゴリズムのメカニズムを信頼するかどうかに依存しています。中央銀行とは対照的に、アルゴリズムステーブルコイン発行者には制度的信頼性や規制上の監視が不足しており、市場の混乱が発生した際の影響が拡大します。金融政策を決定する中央当局が存在しないため、アルゴリズムの安定メカニズムの脆弱性が強調され、分散型ガバナンスモデルのリスクが強調されます。

ステーブルコインの種類、その安定性、価値を理解する
TerraUSDはステーブルコインの歴史における大惨事である

本質的に革新的ではありますが、アルゴリズムのステーブルコインは市場の脆弱性から隔離されているわけではありません。最近、TerraUSD (UST) のペッグ解除事件により、これらのステーブルコインが市場の需要の変化に対して敏感であることが証明されました。 TerraUSD の崩壊は、巨額の売りが発生したことを意味し、投資家の富に多大な損失をもたらし、最終的にはアルゴリズムの安定性のメカニズムに対する信頼の危機を引き起こしました。この事例は、アルゴリズムのステーブルコインの重要な依存関係を強調しています。 市場センチメントについて、需要の低下が安定性に対する存続の脅威となる場合。

続きを読む: トップ 3 アルゴリズム ステーブルコインの詳細な説明

顕著な例

市場のボラティリティと信頼不足という課題を考慮しても、アルゴリズムステーブルコインは、その革新的な可能性と分散型精神により引き続き関心を集めています。 USDD、Frax、 そしてエテナUSDe アルゴリズムの安定性メカニズムを改善し、市場のショックに対する回復力を高めるための継続的な取り組みの 1 つです。

ステーブルコインの特徴

価格の安定性で有名なデジタル通貨であるステーブルコインは、進化し続ける暗号通貨の中で際立ったいくつかの重要な特徴を備えています。

ステーブルコインの中核には、安定した価格を維持する比類のない能力があります。この偉業は通常、法定通貨(米ドルなど)へのペッグ、金や暗号通貨などの資産による担保、または需要と供給のダイナミクスを調整するための複雑なアルゴリズムの採用など、さまざまな方法を通じて達成されます。

ステーブルコインの特徴は、安定性を担保に依存していることです。従来の通貨であっても、米ドルであっても、金やビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨などの代替資産であっても、ステーブルコインは目に見える価値に裏付けられています。

ステーブルコインは、特に暗号通貨取引や分散型金融(DeFi)の急成長分野で広く採用されています。

ステーブルコインの安定性により、ユーザーを大幅な価格変動にさらすことなく、ステーブルコインと他の資産との間のシームレスな変換が容易になります。

ステーブルコインの特定の反復は、中央金融機関や従来の銀行システムを必要とせずに自律的に動作するように設計されています。

ステーブルコインの重要性

ステーブルコインの重要性は、暗号通貨取引の領域を超えています。これらは、特に分散型金融(DeFi)プラットフォーム内での取引における基本通貨として広範な有用性を見出しています。ここで、ユーザーは貸し借りのメカニズムを通じて高金利を活用する機会を活用します。

世界金融経済のより広範な文脈において、迅速性、費用対効果、仲介業者への最小限の依存を特徴とする決済システムの需要がますます明らかになってきています。ステーブルコインは、従来の支払い方法に代わるシームレスな代替手段として、このニーズを効果的に満たします。

ビットコインやイーサリアムのような分散型暗号通貨は主流の採用のハードルに苦労していますが、法定通貨に裏付けられたステーブルコインは交換媒体として受け入れられるためのより現実的な道を示しています。確立された法定通貨との本質的なつながりにより、ユーザーに信頼と親しみが生まれます。

ステーブルコインは法定通貨の永続的な安定性を考慮すると、法定通貨に完全に取って代わることはできませんが、法定通貨のデジタル補完として機能することは注目に値します。

広く認知された価値単位として機能するステーブルコインは、仮想通貨市場と従来の金融環境を橋渡しするパイプ役です。

結論: ステーブルコインの種類

一方、ステーブルコインは、内部で取引を行いたい人に価値の保存と交換媒体を提供します。 デジタル経済、それほど大きな価格変動にさらされていません。

仮想通貨は金融管理の伝統的な概念に挑戦していますが、そのボラティリティは依然としてその大量導入に対する最大の障害となっています。次に、デジタル経済のユーザーにとって安定性と信頼性を実現する非常に有望なソリューション、つまりデジタル金融の将来となるステーブルコインの登場です。この文書がステーブルコインの種類とそのメカニズムを理解するのにさらに光を与えてくれれば幸いです。

よくあるご質問

ステーブルコインは何枚ありますか?

数多くのステーブルコインが存在し、定期的にさらに多くのコインが作成されています。 CoinMarketCap によると、現時点で 170 以上のステーブルコインが流通しています。

正確な数は、新しい製品の発売や市場の変化により変動する可能性がありますが、イーサリアム、バイナンス スマート チェーンなどのさまざまなブロックチェーン プラットフォームで数十が利用可能です。いくつかのよく知られたステーブルコインには、テザー (USDT)、 USDコイン(USDC)、ダイ(DAI)、 TrueUSD(TUSD)、Paxos Standard (PAX) などがあります。

どのステーブルコインが最高ですか?

「最適な」ステーブルコインの決定は、安定性、透明性、流動性、規制遵守、特定の使用例などのさまざまな要因に依存します。テザーは最大の市場シェアを保持しており、仮想通貨取引所やプラットフォーム全体で広く受け入れられています。ただし、次のようないくつかのステーブルコイン USDコイン(USDC) Paxos Standard (PAX) は、埋蔵金の監査を定期的に公開することで透明性を優先しています。これらは現時点で最高のステーブルコインと考えられます。

CBDCはステーブルコインの一種ですか?

中央銀行デジタル通貨 (CBDC) とステーブルコインにはいくつかの類似点がありますが、まったく同じではありません。

CBDC は中央銀行が発行するデジタル通貨を指しますが、ステーブルコインは通常、民間の団体や組織によって発行されます。 CBDC とステーブルコインはどちらも法定通貨のデジタル表現を提供することを目的としていますが、発行者、基盤となるテクノロジー、ガバナンスの点で異なります。

上位 3 つのステーブルコインは何ですか?

時価総額と使用量の上位 3 つのステーブルコインは次のとおりです。

  • テザー(USDT): テザーは最も広く使用されているステーブルコインであり、時価総額が最大です。
  • USDコイン(USDC): USD Coinは規制された金融機関によって発行されたステーブルコインであり、イーサリアムおよびアルゴランドのブロックチェーン上で動作します。
  • ダイ(DAI): Dai は、MakerDAO プロトコルによってイーサリアム ブロックチェーン上で発行された分散型ステーブルコインです。

USDTとはどのような種類のステーブルコインですか?

テザー (USDT) は、「法定通貨担保型」または「集中型」ステーブルコインとして知られるステーブルコインの一種です。これは、各 USDT トークンが、発行会社である Tether Limited によって保管されている米ドルなどの現実世界の法定通貨の準備金によって裏付けられていると考えられることを意味します。

最も安全なステーブルコインはどれですか?

絶対的に最も安全なステーブルコインを決定することは、個人の好みやリスク許容度に依存するため、難しい場合があります。ただし、強力な規制遵守、透明性、堅牢な準備メカニズムに裏付けられた、評判の高い企業やプロジェクトによって発行されたステーブルコインは、一般的により安全であると考えられています。

これらの基準に基づいて、USD コイン (USDC) とジェミニ ダラー (GUSD) は、最も安全なステーブルコインの 1 つとみなされます。どちらも信頼できる機関(USDCの場合はCoinbaseとCircle、GUSDの場合はGemini Trust Company)によって規制および発行されており、透明性を確保し法定通貨準備金による裏付けを確認するために定期的な監査を受けています。

155 回訪問、今日 1 回訪問