ヴィタリック氏が警告: ​​超インテリジェント AI の高いリスクには今すぐ注意が必要です!

キーポイント:

  • 超インテリジェント AI は非常にリスクが高いため、開発は慎重になる必要があります。
  • 企業および軍事による独占を防ぐために、消費者向けのハードウェア AI を推進します。
  • すべての AI プロジェクトの過剰規制を回避するために、AI を「小規模」と「大型」に分類することをサポートします。
ヴィタリック・ブテリ氏は最近、超インテリジェントAIの急速な発展とそれが社会に何を意味するかについて深く懸念しているとXで表明した。同氏は超知能AIに伴う高いリスクを強調し、AIを推進する際には慎重なアプローチをとるよう求めた。
ヴィタリック氏が警告: ​​超インテリジェント AI の高いリスクには今すぐ注意が必要です!

ヴィタリック・ブテリン氏は、超知能AIの開発を急いで進めることのリスクを強調し、そのような取り組みに対する抵抗を呼びかけた。彼 特に批判された 超インテリジェント AI 専用の 7 兆ドルのサーバー ファームを構築するというアイデアは、そのような集中化された巨大なプロジェクトには、システムの重要な側面を制御する巨大な権力の集中が伴う可能性があると主張しています。 人間の思想も社会も。

続きを読む: イーサリアムETFの応用:新たなブレークスルーの可能性はあるのか?

AI独占を防ぐブテリンの計画

超知能AIの高リスクに今こそ注意が必要!

ブテリン氏は、成長は堅調であると述べた オープンソースモデルのエコシステム 進むべき道だった。 AIの価値が少数の企業や軍事組織の手に過度に集中するのを防ぐための良い対策になるだろうと同氏は述べた。オープンソース モデルは独占的なアプローチに比べてリスクが少なく、後者は少数のプレーヤーが不均衡なコントロールを持っている状況を引き起こす可能性が低くなります。 AI技術 そしてひいては人間の認知力も。

イーサリアムのCEOは、AIを「小さい」カテゴリーと「大きい」カテゴリーに分類する背後にある理論的根拠を理解していました。同氏は小型AIを主要な規制から除外することを支持したが、大型AIに対する監督を強調した。しかし、彼は現在の提案の多くが最終的にすべての AI 開発を含むものに拡大されるのではないかと懸念していました。そうすることで、すべての AI が「大きな」とみなされ、同じレベルの精査を受けることになります。同氏によれば、これはイノベーションを抑制し、小規模でリスクの低い AI プロジェクトにとって障害となるだろうという。

免責事項: このウェブサイトの情報は一般的な市場解説として提供されており、投資アドバイスを構成するものではありません。投資する前に、ご自身で調査を行うことをお勧めします。

ヴィタリック氏が警告: ​​超インテリジェント AI の高いリスクには今すぐ注意が必要です!

キーポイント:

  • 超インテリジェント AI は非常にリスクが高いため、開発は慎重になる必要があります。
  • 企業および軍事による独占を防ぐために、消費者向けのハードウェア AI を推進します。
  • すべての AI プロジェクトの過剰規制を回避するために、AI を「小規模」と「大型」に分類することをサポートします。
ヴィタリック・ブテリ氏は最近、超インテリジェントAIの急速な発展とそれが社会に何を意味するかについて深く懸念しているとXで表明した。同氏は超知能AIに伴う高いリスクを強調し、AIを推進する際には慎重なアプローチをとるよう求めた。
ヴィタリック氏が警告: ​​超インテリジェント AI の高いリスクには今すぐ注意が必要です!

ヴィタリック・ブテリン氏は、超知能AIの開発を急いで進めることのリスクを強調し、そのような取り組みに対する抵抗を呼びかけた。彼 特に批判された 超インテリジェント AI 専用の 7 兆ドルのサーバー ファームを構築するというアイデアは、そのような集中化された巨大なプロジェクトには、システムの重要な側面を制御する巨大な権力の集中が伴う可能性があると主張しています。 人間の思想も社会も。

続きを読む: イーサリアムETFの応用:新たなブレークスルーの可能性はあるのか?

AI独占を防ぐブテリンの計画

超知能AIの高リスクに今こそ注意が必要!

ブテリン氏は、成長は堅調であると述べた オープンソースモデルのエコシステム 進むべき道だった。 AIの価値が少数の企業や軍事組織の手に過度に集中するのを防ぐための良い対策になるだろうと同氏は述べた。オープンソース モデルは独占的なアプローチに比べてリスクが少なく、後者は少数のプレーヤーが不均衡なコントロールを持っている状況を引き起こす可能性が低くなります。 AI技術 そしてひいては人間の認知力も。

イーサリアムのCEOは、AIを「小さい」カテゴリーと「大きい」カテゴリーに分類する背後にある理論的根拠を理解していました。同氏は小型AIを主要な規制から除外することを支持したが、大型AIに対する監督を強調した。しかし、彼は現在の提案の多くが最終的にすべての AI 開発を含むものに拡大されるのではないかと懸念していました。そうすることで、すべての AI が「大きな」とみなされ、同じレベルの精査を受けることになります。同氏によれば、これはイノベーションを抑制し、小規模でリスクの低い AI プロジェクトにとって障害となるだろうという。

免責事項: このウェブサイトの情報は一般的な市場解説として提供されており、投資アドバイスを構成するものではありません。投資する前に、ご自身で調査を行うことをお勧めします。
74 回訪問、今日 2 回訪問