ビットコインは米国債務危機を解決できるのか?トランプ大統領の驚くべき調査

キーポイント:

  • デビッド・ベイリー氏は、債務解決策としてのビットコインについてトランプ氏と議論した。
  • ベイリー氏の行動はビットコインを支持するものであり、トランプ氏を支持するものではない。
「ビットコインで米国債務を解決できるのか?」質問でした 尋ね ビットコイン・マガジンのCEO、デビッド・ベイリー氏によると、トランプ氏によるこの発言が仮想通貨分野での議論を引き起こしたという。
ビットコインは米国債務危機を解決できるのか?トランプ大統領の驚くべき調査

ビットコイン・マガジンの最高経営責任者であり、ドナルド・トランプ陣営の仮想通貨アドバイザーであるデビッド・ベイリー氏は、最近の暴露で関心を集めた。

ビットコインは米国債務問題を解決できるのか?

同氏は、X(旧Twitter)のオンラインスペースで、トランプ大統領がビットコインが現在35兆ドルという途方もない米国の国家債務を解決するのに役立つかどうか尋ねたと述べた。ベイリーさんは、その会話は別の会議のために取っておくと言ったと語った。

これに先立ち、ベイリー氏はビットコイン・マガジンの最高経営責任者としての立場で、自身とそのスタッフがトランプ陣営と協力してビットコインと仮想通貨の政策課題の草案を作成していると発表していた。

Bitcoin Magazine 大統領政策に影響を与える CEO の取り組み

彼らは、トランプ大統領が就任初日に署名するよう包括的な大統領令を提出することさえ提案していた。同氏はまた、次期米国大統領が「ビットコインに夢中」になるよう選挙資金で100億ドルを集める意向も発表した。

多くの人が考えていることとは異なり、ベイリー氏は自分の行動はトランプ氏を支持するものではないと主張する。同氏によれば、これはビットコインを支援する行為だという。同氏は、自分の取り組みがジョー・バイデン政権と一部の民主党議員の反仮想通貨に対する姿勢に対する反応であると感じている。

続きを読む: ソラナETF承認の可能性は低いとJPモルガンが警告:レポート

スタンダードチャータード銀行、規制変更の可能性について楽観的

ビットコインは米国債務危機を解決できるのか?トランプ大統領の驚くべき調査
デビッド·ベイリー

ベイリーの声明には次のような感情が込められている。私たちはトランプそのものに投票しているのではなく、バイデンに反対して投票しているのです。その責任を負う唯一の人物はバイデンだ。」ビットコイン・マガジンのCEOによれば、ビットコインは次期米国大統領が誰になるかについて発言権を持つことができるという。

スタンダードチャータード銀行の為替リサーチおよびデジタル資産リサーチの責任者、ジェフ・ケンドリック氏も楽観的な見方をしています。同氏は、トランプ大統領の2期目では業界に対する規制環境がより緩和されると予想しており、これを「おおむね前向き」だとしている。

ビットコインは米国債務危機を解決できるのか?トランプ大統領の驚くべき調査

キーポイント:

  • デビッド・ベイリー氏は、債務解決策としてのビットコインについてトランプ氏と議論した。
  • ベイリー氏の行動はビットコインを支持するものであり、トランプ氏を支持するものではない。
「ビットコインで米国債務を解決できるのか?」質問でした 尋ね ビットコイン・マガジンのCEO、デビッド・ベイリー氏によると、トランプ氏によるこの発言が仮想通貨分野での議論を引き起こしたという。
ビットコインは米国債務危機を解決できるのか?トランプ大統領の驚くべき調査

ビットコイン・マガジンの最高経営責任者であり、ドナルド・トランプ陣営の仮想通貨アドバイザーであるデビッド・ベイリー氏は、最近の暴露で関心を集めた。

ビットコインは米国債務問題を解決できるのか?

同氏は、X(旧Twitter)のオンラインスペースで、トランプ大統領がビットコインが現在35兆ドルという途方もない米国の国家債務を解決するのに役立つかどうか尋ねたと述べた。ベイリーさんは、その会話は別の会議のために取っておくと言ったと語った。

これに先立ち、ベイリー氏はビットコイン・マガジンの最高経営責任者としての立場で、自身とそのスタッフがトランプ陣営と協力してビットコインと仮想通貨の政策課題の草案を作成していると発表していた。

Bitcoin Magazine 大統領政策に影響を与える CEO の取り組み

彼らは、トランプ大統領が就任初日に署名するよう包括的な大統領令を提出することさえ提案していた。同氏はまた、次期米国大統領が「ビットコインに夢中」になるよう選挙資金で100億ドルを集める意向も発表した。

多くの人が考えていることとは異なり、ベイリー氏は自分の行動はトランプ氏を支持するものではないと主張する。同氏によれば、これはビットコインを支援する行為だという。同氏は、自分の取り組みがジョー・バイデン政権と一部の民主党議員の反仮想通貨に対する姿勢に対する反応であると感じている。

続きを読む: ソラナETF承認の可能性は低いとJPモルガンが警告:レポート

スタンダードチャータード銀行、規制変更の可能性について楽観的

ビットコインは米国債務危機を解決できるのか?トランプ大統領の驚くべき調査
デビッド·ベイリー

ベイリーの声明には次のような感情が込められている。私たちはトランプそのものに投票しているのではなく、バイデンに反対して投票しているのです。その責任を負う唯一の人物はバイデンだ。」ビットコイン・マガジンのCEOによれば、ビットコインは次期米国大統領が誰になるかについて発言権を持つことができるという。

スタンダードチャータード銀行の為替リサーチおよびデジタル資産リサーチの責任者、ジェフ・ケンドリック氏も楽観的な見方をしています。同氏は、トランプ大統領の2期目では業界に対する規制環境がより緩和されると予想しており、これを「おおむね前向き」だとしている。

596 回訪問、今日 1 回訪問