セムラー・サイエンティフィック、40万ドルの投資でビットコイン財務リザーブに移行

キーポイント:

  • Semler Scientific は主要な財務資産としてビットコインを採用しました。
  • この動きは、ビットコインが経済的に受け入れられつつあることを強調している。
  • 同社はビットコインの希少性と反インフレ特性を高く評価している。
セムラー・サイエンティフィック シフトした その財務戦略をビットコイン財務準備金に充てる。同社は581ビットコインを40万ドルで購入し、その理由としてビットコインのユニークな特性を挙げた。
セムラー・サイエンティフィック、40万ドルの投資でビットコイン財務リザーブに移行
セムラー・サイエンティフィック、40万ドルの投資でビットコイン財務リザーブに移行

ヘルスケア業界向けのマーケティング テクノロジーを開発する革新的な企業である Semler Scientific は、主要な財務準備資産としてビットコインに移行するという財務戦略の大きな転換を発表しました。

セムラー・サイエンティフィック、主要国庫準備資産としてビットコインを採用

この戦略は取締役会によって発表され、トップの仮想通貨の主流への受け入れに向けた長い行進における新たな大きなマイルストーンとなった。

同社は、581ビットコインを総額40万ドルで購入すると発表し、市場分野をリードする仮想通貨の財務力を強化した。 MicroStrategy など、金融分野でビットコインの普及が進んでいることをすでに示している企業には、Semler Scientific などの企業もあります。

今年のビットコインの歩みは大きく前進しており、1月には米国証券取引委員会(SEC)がスポットビットコインETFにゴーサインを出した。

それ以来、一連の金融機関が仮想通貨を認識し、採用し始めました。セムラー・サイエンティフィック社の新しいビットコイン財務戦略と同社による40万ドルのビットコイン買収は、主要な財務準備資産としてのビットコインの地位を示す大きなハイライトである。

続きを読む: ソラナETF承認の可能性は低いとJPモルガンが警告:レポート

ビットコイン国債準備金戦略:セムラー・サイエンティフィック社の大きな飛躍

最近のプレスリリースで、セムラー・サイエンティフィック会長のエリック・セルマー氏は、この決定の重要性を明らかにした。 「信頼できる価値の保存手段であり、魅力的な投資であるというビットコインの地位が、当社のビットコイン財務戦略と最近の買収を支えている」とセルマー氏は述べた。

同氏はさらに、ビットコインは市場価値1兆ドルの「主要な資産クラス」であると述べた。セルマー氏は、ビットコインのユニークな特性によりビットコインは有限で希少な資産となり、インフレに対する合理的なヘッジとなる可能性があると説明した。

同氏は、ビットコインが金などの他の資産クラスよりも優位に立つ際立った特徴として、ビットコインの「デジタル、アーキテクチャ上の耐性」を指摘した。

セムラー・サイエンティフィック社は、同社が代替国債資産の研究に十分な時間を投資したと発表した。現金の潜在的な用途を研究した後でも、同社は国庫準備資産としてのビットコインの機能と実現可能性の利点を発見しました。

セムラー・サイエンティフィック、40万ドルの投資でビットコイン財務リザーブに移行

キーポイント:

  • Semler Scientific は主要な財務資産としてビットコインを採用しました。
  • この動きは、ビットコインが経済的に受け入れられつつあることを強調している。
  • 同社はビットコインの希少性と反インフレ特性を高く評価している。
セムラー・サイエンティフィック シフトした その財務戦略をビットコイン財務準備金に充てる。同社は581ビットコインを40万ドルで購入し、その理由としてビットコインのユニークな特性を挙げた。
セムラー・サイエンティフィック、40万ドルの投資でビットコイン財務リザーブに移行
セムラー・サイエンティフィック、40万ドルの投資でビットコイン財務リザーブに移行

ヘルスケア業界向けのマーケティング テクノロジーを開発する革新的な企業である Semler Scientific は、主要な財務準備資産としてビットコインに移行するという財務戦略の大きな転換を発表しました。

セムラー・サイエンティフィック、主要国庫準備資産としてビットコインを採用

この戦略は取締役会によって発表され、トップの仮想通貨の主流への受け入れに向けた長い行進における新たな大きなマイルストーンとなった。

同社は、581ビットコインを総額40万ドルで購入すると発表し、市場分野をリードする仮想通貨の財務力を強化した。 MicroStrategy など、金融分野でビットコインの普及が進んでいることをすでに示している企業には、Semler Scientific などの企業もあります。

今年のビットコインの歩みは大きく前進しており、1月には米国証券取引委員会(SEC)がスポットビットコインETFにゴーサインを出した。

それ以来、一連の金融機関が仮想通貨を認識し、採用し始めました。セムラー・サイエンティフィック社の新しいビットコイン財務戦略と同社による40万ドルのビットコイン買収は、主要な財務準備資産としてのビットコインの地位を示す大きなハイライトである。

続きを読む: ソラナETF承認の可能性は低いとJPモルガンが警告:レポート

ビットコイン国債準備金戦略:セムラー・サイエンティフィック社の大きな飛躍

最近のプレスリリースで、セムラー・サイエンティフィック会長のエリック・セルマー氏は、この決定の重要性を明らかにした。 「信頼できる価値の保存手段であり、魅力的な投資であるというビットコインの地位が、当社のビットコイン財務戦略と最近の買収を支えている」とセルマー氏は述べた。

同氏はさらに、ビットコインは市場価値1兆ドルの「主要な資産クラス」であると述べた。セルマー氏は、ビットコインのユニークな特性によりビットコインは有限で希少な資産となり、インフレに対する合理的なヘッジとなる可能性があると説明した。

同氏は、ビットコインが金などの他の資産クラスよりも優位に立つ際立った特徴として、ビットコインの「デジタル、アーキテクチャ上の耐性」を指摘した。

セムラー・サイエンティフィック社は、同社が代替国債資産の研究に十分な時間を投資したと発表した。現金の潜在的な用途を研究した後でも、同社は国庫準備資産としてのビットコインの機能と実現可能性の利点を発見しました。

68 回訪問、今日 1 回訪問