リップルCEO、2025年までにスポットXRP ETFの発売を予測

キーポイント:

  • リップルCEOは2025年までにXRP ETFを予想している。
  • イーサリアムETFの承認はXRP ETFにつながる可能性があります。
  • リップルXRP ETFはXRPトークンの価格を押し上げる可能性がある。
リップル・ラボ CEO ブラッド・ガーリングハウス 予測 2025 年までにスポット XRP ETF を実現。最近のイーサリアム ETF の承認と投資家の多様化への要望が主な推進要因です。
リップルCEO、2025年までにスポットXRP ETFの発売を予測

Fox Businessとのインタビューで、Ripple LabsのCEOであるBrad Garlinghouse氏は、スポットXRP ETFの潜在的な将来についての考えを共有しました。ガーリングハウス氏の意見では、XRP ETFの導入は避けられないと確信していた。同氏は、投資家は早ければ2025年にもXRP ETFに投資する機会を得ることができると推定した。

ブラッド・ガーリングハウス氏のスポットXRP ETFの将来予測

リップル・ラボのCEOは、スポット・イーサリアムETFの最近の承認により、XRP ETFを含む他の仮想通貨に焦点を当てたETFへの道が固まる可能性があると推測した。

ガーリングハウス氏は、証券取引委員会が仮想通貨を規制しようとしている無計画な性質に言及した。同氏は、1つのETF提案が承認されれば、SECがすぐにさらに多くのETF提案を承認する可能性が高まると指摘した。

ガーリングハウス氏は、投資家にとって他の仮想通貨の魅力の中核となるのは多様化であると述べた。同氏は、投資家は1つだけではなく複数の資産にさらされることを望んでおり、これがETF市場でXRP、SOL、ADAなどの仮想通貨を増やす非常に大きな理由であると述べた。

ガーリングハウス氏、仮想通貨に対する証券取引委員会のアプローチについて語る

ガーリングハウス氏は、ある時点ではXRPが2番目に価値のあるデジタル資産だったと指摘し、ここ数年の暗号通貨の台頭によりリップルのデジタル資産に対する健全な競争が確立されたと指摘した。

XRP ETFの最終的な承認について楽観的なのはガーリングハウス氏だけではない。今年初め、元リップル幹部のショーン・マクブライド氏は、XRP ETFが2024年か2025年に承認される可能性があると主張した。

続きを読む: FTX、IRSの税金請求を和解: 顧客に24億ドルが払い戻される

リップルXRP ETFの発売がトークン価格に及ぼす潜在的な影響

現在のXRPトークン価格の停滞により、多くのアナリストがこのデジタル資産の将来に疑問を抱いています。ただし、リップルXRP ETFの発売によりすべてが変わる可能性があります。 1つには、その価格が急騰すると予想されており、暗号資産は589ドルのマイルストーン、あるいはXNUMXドルに達する可能性さえある。

ETF申請後に到達する可能性のある正確な価格を判断することは困難ですが、ほとんどのアナリストは、この場合の上昇の可能性は本当に巨大になると信じています。

リップルCEO、2025年までにスポットXRP ETFの発売を予測

キーポイント:

  • リップルCEOは2025年までにXRP ETFを予想している。
  • イーサリアムETFの承認はXRP ETFにつながる可能性があります。
  • リップルXRP ETFはXRPトークンの価格を押し上げる可能性がある。
リップル・ラボ CEO ブラッド・ガーリングハウス 予測 2025 年までにスポット XRP ETF を実現。最近のイーサリアム ETF の承認と投資家の多様化への要望が主な推進要因です。
リップルCEO、2025年までにスポットXRP ETFの発売を予測

Fox Businessとのインタビューで、Ripple LabsのCEOであるBrad Garlinghouse氏は、スポットXRP ETFの潜在的な将来についての考えを共有しました。ガーリングハウス氏の意見では、XRP ETFの導入は避けられないと確信していた。同氏は、投資家は早ければ2025年にもXRP ETFに投資する機会を得ることができると推定した。

ブラッド・ガーリングハウス氏のスポットXRP ETFの将来予測

リップル・ラボのCEOは、スポット・イーサリアムETFの最近の承認により、XRP ETFを含む他の仮想通貨に焦点を当てたETFへの道が固まる可能性があると推測した。

ガーリングハウス氏は、証券取引委員会が仮想通貨を規制しようとしている無計画な性質に言及した。同氏は、1つのETF提案が承認されれば、SECがすぐにさらに多くのETF提案を承認する可能性が高まると指摘した。

ガーリングハウス氏は、投資家にとって他の仮想通貨の魅力の中核となるのは多様化であると述べた。同氏は、投資家は1つだけではなく複数の資産にさらされることを望んでおり、これがETF市場でXRP、SOL、ADAなどの仮想通貨を増やす非常に大きな理由であると述べた。

ガーリングハウス氏、仮想通貨に対する証券取引委員会のアプローチについて語る

ガーリングハウス氏は、ある時点ではXRPが2番目に価値のあるデジタル資産だったと指摘し、ここ数年の暗号通貨の台頭によりリップルのデジタル資産に対する健全な競争が確立されたと指摘した。

XRP ETFの最終的な承認について楽観的なのはガーリングハウス氏だけではない。今年初め、元リップル幹部のショーン・マクブライド氏は、XRP ETFが2024年か2025年に承認される可能性があると主張した。

続きを読む: FTX、IRSの税金請求を和解: 顧客に24億ドルが払い戻される

リップルXRP ETFの発売がトークン価格に及ぼす潜在的な影響

現在のXRPトークン価格の停滞により、多くのアナリストがこのデジタル資産の将来に疑問を抱いています。ただし、リップルXRP ETFの発売によりすべてが変わる可能性があります。 1つには、その価格が急騰すると予想されており、暗号資産は589ドルのマイルストーン、あるいはXNUMXドルに達する可能性さえある。

ETF申請後に到達する可能性のある正確な価格を判断することは困難ですが、ほとんどのアナリストは、この場合の上昇の可能性は本当に巨大になると信じています。

261 回訪問、今日 1 回訪問